一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2020年(Vol.69)13~17歳の青少年における全国、地域、州、特定区・・・

MMWR抄訳

rss

2020/08/21Vol. 69 / No. 33

MMWR69(33):1109-1116
National, Regional, State, and Selected Local Area Vaccination Coverage Among Adolescents Aged 13–17 Years — United States, 2019

13~17歳の青少年における全国、地域、州、特定区域別のワクチン接種率 ― アメリカ、2019年

Advisory Committee on Immunization Practicesは、1)百日咳、2)A型、C型、W型、Y型が原因の髄膜炎菌性疾患、3)ヒトパピローマウイルス(HPV)関連癌を予防するために、11~12歳の青少年に対し定期予防接種を推奨しており、16歳時には4価結合型髄膜炎菌ワクチン(MenACWY)のブースター接種を推奨している。16~23歳では、臨床的に適切であると判断された場合、本人の意思を確認の上で血清群B髄膜炎菌ワクチン(MenB)が接種可能である。CDCは、アメリカの13~17歳の青少年におけるワクチン接種率を推定するために、2019年のNational Immunization Survey-Teenのデータを分析した。HPVワクチンの接種率は、2018年の68.1%から2019年には71.5%に増加し、HPVワクチン接種シリーズが最新である(HPV UTD:3回以上接種、または2回接種のうち初回が15歳以前で、5カ月~4日以上)青少年の割合は、2018年の51.1%から2019年には54.2%に増加した。また、男女ともにHPVワクチン接種率が改善した。青少年におけるMenACWY接種率の増加も観察された(2018年:86.6%、2019年:88.9%)。17歳の青少年にてMenACWYのブースター接種を受けた割合に2018年(50.8%)と2019年(53.7%)で統計的差はなく、MenBの接種を受けた割合は2019年では21.8%で、2018年の17.2%から4.6パーセントポイント増加であった。貧困レベル以上で生活している青少年の中では、大都市統計地域(MSA)以外に住む青少年はMSAの主要都市に住む青少年と比べ、MenACWYの接種率およびHPVワクチン接種率が低く、HPV UTDの割合も低かった。2020年前半に、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)パンデミックにより、医療従事者の運営方法、定期的または必要不可欠な医療サービスの提供方法が変化した。Vaccines for Childrenの注文データの調査により、HPVワクチン、破傷風トキソイド、弱毒化ジフテリアトキソイド、無細胞性百日咳ワクチン、MenACWYのワクチン発注は、COVID-19が国家非常事態として宣言された3月中旬に低下していたことが示された。青少年に対する定期予防接種サービスの維持または再開の確保は、ワクチンで予防可能な疾患およびアウトブレイクから人と地域を保護するための継続的な進展に不可欠である。

References

  • Robinson CL, Bernstein H, Poehling K, Romero JR, Szilagyi P. Advisory Committee on Immunization Practices recommended immunization schedule for children and adolescents aged 18 years or younger—United States, 2020. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2020;69:130–2. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6905a3>
  • Meites E, Kempe A, Markowitz LE. Use of a 2-dose schedule for human papillomavirus vaccination—updated recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2016;65:1405–8. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6549a5>
  • Walker TY, Elam-Evans LD, Yankey D, et al. National, regional, state, and selected local area vaccination coverage among adolescents aged 13–17 years—United States, 2018. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2019;68:718–23. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6833a2>
  • Monnat SM, Rhubart DC, Wallington SF. Differences in human papillomavirus vaccination among adolescent girls in metropolitan versus non-metropolitan areas: considering the moderating roles of maternal socioeconomic status and health care access. Matern Child Health J 2016;20:315–25. <https://www.ncbi.nlm.nih.gov/entrez/query.fcgi?cmd=Retrieve&db=PubMed&list_uids=26511129&dopt=Abstract><https://doi.org/10.1007/s10995-015-1831-x>
  • Henry KA, Swiecki-Sikora AL, Stroup AM, Warner EL, Kepka D. Area-based socioeconomic factors and human papillomavirus (HPV) vaccination among teen boys in the United States. BMC Public Health 2018;18:19. <https://doi.org/10.1186/s12889-017-4567-2>
  • Swiecki-Sikora AL, Henry KA, Kepka D. HPV vaccination coverage among US teens across the rural-urban continuum. J Rural Health 2019;35:506–17. <https://doi.org/10.1111/jrh12353>
  • Santoli JM, Lindley MC, DeSilva MB, et al. Effects of the COVID-19 pandemic on routine pediatric vaccine ordering and administration—United States, 2020. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2020;69:591–3. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6919e2>
  • CDC. Routine vaccination during the COVID-19 outbreak. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2020. <https://www.cdc.gov/vaccines/parents/visit/vaccination-during-COVID-19.html>
  • Vogt TM, Zhang F, Banks M, et al. Provision of pediatric immunization services during the COVID-19 pandemic: an assessment of capacity among pediatric immunization providers participating in the Vaccines for Children program—United States, May 2020. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2020;69:859–63. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6927a2>
  • Langdon-Embry M, Papadouka V, Cheng I, Almashhadani M, Ternier A, Zucker JR. Notes from the field: rebound in routine childhood vaccine administration following decline during the COVID-19 pandemic—New York City, March 1–June 20, 2020. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2020;69:999–1001. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6930a3>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ