一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2020年(Vol.69)医療従事者における狂犬病曝露を特定するためのオンラ・・・

MMWR抄訳

rss

2020/07/24Vol. 69 / No. 29

MMWR69(29):956-959
Evaluation of Online Risk Assessment To Identify Rabies Exposures Among Health Care Workers — Utah, 2019

医療従事者における狂犬病曝露を特定するためのオンラインリスク調査の評価 ― ユタ州、2019年

ヒト狂犬病は、曝露前または曝露後のワクチン接種によって予防可能であるが、症状が発現した場合は常に致死的である。したがって、狂犬病ウイルスに曝露した可能性がある人をタイムリーに特定することは、曝露後予防(PEP)接種をする上で重要である。2018年11月7日に、ユタ州保健局(UDOH)は1944年以来、州で初めて確認された狂犬病によるヒトの死亡例を報告した。この症例は、4カ所の医療施設で19日間にわたって治療を受け、3つの郡と2つの州にまたがる緊急医療輸送サービスを利用していた。この症例の治療に関与した医療従事者数が多かったため、Advisory Committee on Immunization Practicesの勧告に基づき、UDOHにより標準化されたオンラインリスク調査が開発され、このオンラインツールの正確性、受容性、管理負担について評価された。4カ所の医療施設および1カ所の救急医療サービスにて、242名の医療従事者がオンラインのリスク評価を完遂した。アルゴリズムにより、最初は80名の医療従事者にPEPが推奨され、10名に職場の保健職員メンバーによる追加の追跡調査が推奨された。曝露の可能性が否定できない90名の医療従事者のうち、74名に曝露があったと判断され、PEPを接種した。このことから、評価ツールの陽性予測値は82%であることが示された。満足度調査にも回答した55名のうち、42名(76%)が調査プロセスに満足していた。グループディスカッションでは、参加者の多くがヒトからヒトへの狂犬病感染にていてはよく知らないため、狂犬病曝露に関する追加情報の提供により、調査が改善する可能性があると提案した。今回の評価により、オンラインを用いた曝露評価ツールは、大人数のリスク評価を必要とするイベントにおいて、保健システムの管理および財政的負担を大幅に減らす可能性があることが示された。

References

  • Peterson D, Barbeau B, McCaffrey K, et al. Human rabies—Utah, 2018. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2020;69:121–4. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6905a1>
  • Manning SE, Rupprecht CE, Fishbein D, et al.; Advisory Committee on Immunization Practices (CDC). Human rabies prevention—United States, 2008: recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices. MMWR Recomm Rep 2008;57(No. RR-3).
  • Harris PA, Taylor R, Thielke R, Payne J, Gonzalez N, Conde JG. Research electronic data capture (REDCap)—a metadata-driven methodology and workflow process for providing translational research informatics support. J Biomed Inform 2009;42:377–81. <https://doi.org/10.1016/j.jbi.2008.08.010>
  • CDC. CERC: psychology of a crisis. 2019 update. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2019. <https://emergency.cdc.gov/cerc/ppt/CERC_Psychology_of_a_Crisis.pdf>
  • Mahamat A, Meynard JB, Djossou F, et al. Risk of rabies transmission and adverse effects of postexposure prophylaxis in health care workers exposed to a fatal case of human rabies. Am J Infect Control 2012;40:456–8. <https://doi.org/10.1016/j.ajic.2011.05.021>
  • Harrist A, Styczynski A, Wynn D, et al. Human rabies—Wyoming and Utah, 2015. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2016;65:529–33. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6521a1>
  • Murphy J, Sifri CD, Pruitt R, et al. Human rabies—Virginia, 2017. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2019;67:1410–4. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm675152a2>
  • Pratt PD, Henschel K, Turabelidze G, et al. Human rabies—Missouri, 2014. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2016;65:253–6. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6510a1>
  • Styczynski A, Tran C, Dirlikov E, et al. Human rabies—Puerto Rico, 2015. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2017;65:1474–6. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6552a4>
  • Pieracci EG, Pearson CM, Wallace RM, et al. Vital signs: trends in human rabies deaths and exposures—United States, 1938–2018. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2019;68:524–8. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6823e1>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ