一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2020年(Vol.69)郡および地方/都市で分類した自己申告による高血圧有・・・

MMWR抄訳

rss

2020/05/08Vol. 69 / No. 18

MMWR69(18):533-539
Prevalence of Self-Reported Hypertension and Antihypertensive Medication Use by County and Rural-Urban Classification — United States, 2017

郡および地方/都市で分類した自己申告による高血圧有病率と降圧剤の使用 ― アメリカ、2017年

2017年、アメリカでは成人の約1/3が医療専門家から血圧が高い(高血圧)と言われたことがあった。今回、CDCは2017年のBehavioral Risk Factor Surveillance Systemに登録した18歳以上の成人442,641名のデータを分析し、都市と地方に分類し、郡別にみた自己申告による高血圧の有病率、降圧剤の使用について調査した。年齢調整前の全体における高血圧有病率は32.4%であり(年齢調整後:29.9%)、地方にいくほど有病率は高く、大都市圏住民の29.4%(同:28.5%)から地方住民の40.0%(同:34.1%)まで差があった。この傾向はすべての年齢層にて認められ、また、男性および女性、非ヒスパニック系白人、非ヒスパニック系黒人、非ヒスパニック系アジア人、非ヒスパニック系多民族、すべての学歴層および年収層、医療保険加入者および医療保険未加入者においても、都市部に比べ農村部にて高血圧の有病率が有意に高かった。降圧剤の服用率は高血圧者全体の76.0%(同:59.6%)であり[大都市圏:73.0%(同:56.2%)~農村部:80.2%(同:64.8%)]、65歳未満では大都市圏に比べ農村部にて有意に高値であったが、65歳以上では同等であった。郡別での高血圧有病率は18.0%~55.0%であり、南東部およびアパラチア地方では農村部が多いため有病率が高く、また、降圧剤の服用率は54.3%~84.7%であり、南東部、アパラチア地方およびグレートプレーンズにて高かった。CDCは州と連携して、医師、看護師、薬剤師、栄養士、地域の医療従事者を含むチームベース医療戦略により、高血圧の認識および管理を強化しており、この戦略を支持する遠隔治療の利用増加により医療サービスが十分に行き届かない地域での利用の向上が期待される。

References

  • Samanic CM, Barbour KE, Liu Y, Fang J, Lu H, Schieb L, Greenlund KJ. Prevalence of self-reported hypertension and antihypertensive medication use among adults—United States, 2017. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2020;69:393–8. <http://dx.doi.org/10.15585/mmwr.mm6914a1>
  • Klein RJ, Schoenborn CA. Age adjustment using the 2000 projected U.S. population. Healthy people statistical notes, no. 20. Hyattsville, MD: US Department of Health and Human Services, CDC, National Center for Health Statistics; 2001. <https://www.cdc.gov/nchs/data/statnt/statnt20.pdf>
  • Ingram DD, Franco SJ. 2013 NCHS urban-rural classification scheme for counties. Vital Health Stat 2 2014;166:1–73.
  • Zhang X, Holt JB, Yun S, Lu H, Greenlund KJ, Croft JB. Validation of multilevel regression and poststratification methodology for small area estimation of health indicators from the behavioral risk factor surveillance system. Am J Epidemiol 2015;182:127–37. <https://doi.org/10.1093/aje/kwv002>
  • Matthews KA, Croft JB, Liu Y, et al. Health-related behaviors by urban-rural county classification—United States, 2013. MMWR Surveill Summ 2017;66(No. SS-5). <https://doi.org/10.15585/mmwr.ss6605a1>
  • Douthit N, Kiv S, Dwolatzky T, Biswas S. Exposing some important barriers to health care access in the rural USA. Public Health 2015;129:611–20. <https://doi.org/10.1016/j.puhe.2015.04.001>
  • Lundeen EA, Park S, Pan L, O’Toole T, Matthews K, Blanck HM. Obesity prevalence among adults living in metropolitan and nonmetropolitan counties—United States, 2016. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2018;67:653–8. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6723a1>
  • Larson NI, Story MT, Nelson MC. Neighborhood environments: disparities in access to healthy foods in the U.S. Am J Prev Med 2009;36:74–81.e10. <https://doi.org/10.1016/j.amepre.2008.09.025>
  • Shaw KM, Theis KA, Self-Brown S, Roblin DW, Barker L. Chronic disease disparities by county economic status and metropolitan classification, Behavioral Risk Factor Surveillance System, 2013. Prev Chronic Dis 2016;13:160088. <https://doi.org/10.5888/pcd13.160088>
  • Ritchey M, Chang A, Powers C, et al. Vital signs: disparities in antihypertensive medication nonadherence among Medicare Part D beneficiaries—United States, 2014. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2016;65:967–76. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6536e1>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ