一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2020年(Vol.69)HIV-2診断の動向とHIV-1/HIV-2鑑別検・・・

MMWR抄訳

rss

2020/01/24Vol. 69 / No. 3

MMWR69(3):63-66
Trends in HIV-2 Diagnoses and Use of the HIV-1/HIV-2 Differentiation Test — United States, 2010–2017

HIV-2診断の動向とHIV-1/HIV-2鑑別検査の使用 ― アメリカ、2010年~2017年

2014年以降、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)感染症の診断に推奨される臨床検査アルゴリズムには、HIV型特異的抗体の存在に基づいて感染型を確認するための補足的なHIV-1/HIV-2鑑別テストが含まれている。HIV-1とHIV-2の感染を正確に特定することは、両者では疫学と臨床管理が異なるため極めて重要である。今回、HIV-1/HIV-2鑑別テストの結果が報告された診断の割合を調査し、検査結果に基づいてHIVの種類を分類するために、CDCのNational HIV Surveillance Systemの2010年~2017年データを分析した。2010年~2017年にアメリカにおいてHIV感染症と診断された327,700例のうち、327,502例(99.94%)がHIV-1であった。残りの198例(0.06%)は、HIV-2単独感染(102例)、HIV-1とHIV-2の二重感染(11例)、HIV-2が強く疑われるが確定できなかった症例(85例)であった。HIV-1感染者の人口統計学的特徴は、HIV-2感染者(HIV-1とHIV-2の二重感染例、未確定例も含む)とは大きく異なる。HIV-2感染者は女性、高齢者、非ヒスパニック系黒人、異性間接触による感染、HIV-2感染が流行している国での出生者、診断時にアメリカ北東部に居住していた人にて多かった。2014年~2017年、HIV-1/HIV-2鑑別検査の結果数は年間で推定6.4%増加し続けたが、HIV-2感染症の確定/高度疑い症例数には変化がなかった。HIV-1感染症が確定診断された人のうち、356例がHIV-1/HIV-2鑑別検査結果でHIV-2偽陽性となり、偽陽性報告数はすべてのHIV診断に比較して、年間あたり推定18.8%増加した。CDCは、臨床検査室が第2段階としてHIV-1/HIV-2鑑別検査による臨床検査室ベースアルゴリズムを続けることを推奨しているが、HIV-2感染が依然として稀なアメリカでは、臨床検査室ベースの検査アルゴリズムの更新についても考えてみる価値がある。

References

  • CDC; Association of Public Health Laboratories. Laboratory testing for the diagnosis of HIV infection: updated recommendations. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2014. <https://stacks.cdc.gov/view/cdc/23447>
  • Campbell-Yesufu OT, Gandhi RT. Update on human immunodeficiency virus (HIV)-2 infection. Clin Infect Dis 2011;52:780–7. <https://doi.org/10.1093/cid/ciq248>
  • Gottlieb GS, Raugi DN, Smith RA. 90-90-90 for HIV-2? Ending the HIV-2 epidemic by enhancing care and clinical management of patients infected with HIV-2. Lancet HIV 2018;5:e390–9. <https://doi.org/10.1016/S2352-3018(18)30094-8>
  • Visseaux B, Damond F, Matheron S, Descamps D, Charpentier C. HIV-2 molecular epidemiology. Infect Genet Evol 2016;46:233–40. <https://doi.org/10.1016/j.meegid.2016.08.010>
  • CDC. HIV-2 infection surveillance—United States, 1987–2009. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2011;60:985–8.
  • Cohen SM, Gray KM, Ocfemia MC, Johnson AS, Hall HI. The status of the National HIV Surveillance System, United States, 2013. Public Health Rep 2014;129:335–41. <https://doi.org/10.1177/003335491412900408>
  • Kleinbaum DG, Kupper LL, Muller KE. Applied regression analysis and other multivariable methods. Belmont, CA: Thomson Brooks/Cole; 2008.
  • Malloch L, Kadivar K, Putz J, et al. Comparative evaluation of the Bio- Rad Geenius HIV-1/2 Confirmatory Assay and the Bio-Rad Multispot HIV-1/2 Rapid Test as an alternative differentiation assay for CLSI M53 algorithm-I. J Clin Virol 2013;58(Suppl 1):e85–91. <https://doi.org/10.1016/j.jcv.2013.08.008>
  • US Department of Health and Human Services. Guidelines for the use of antiretroviral agents in adults and adolescents with HIV. Considerations for antiretroviral use in special patient populations. HIV-2 infection. Rockville, MD: US Department of Health and Human Services; 2015. <https://aidsinfo.nih.gov/guidelines/html/1/adult-and-adolescent-arv/24/hiv-2-infection>
  • Nesheim SR, FitzHarris LF, Lampe MA, Gray KM. Reconsidering the number of women with HIV infection who give birth annually in the United States. Public Health Rep 2018;133:637–43. <https://doi.org/10.1177/0033354918800466>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ