一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2020年(Vol.69)産業および職業別の自殺率 ― National V・・・

MMWR抄訳

rss

2020/01/24Vol. 69 / No. 3

MMWR69(3):57-62
Suicide Rates by Industry and Occupation — National Violent Death Reporting System, 32 States, 2016

産業および職業別の自殺率 ― National Violent Death Reporting System、32州、2016年

2017年のアメリカでは、生産年齢人口(16~64歳)の38,000人近くが自殺し、20年足らずで40%増加している(人口100,000人あたりの自殺率は2000年12.9人、2017年18.0人)。CDCは、自殺の予防についての情報を知らしめるために、2016年のNational Violent Death Reporting Systemに登録している32州の死亡時に就業者であったと推定される生産年齢人口の死亡者の産業および職業別の自殺データを分析した。調査対象母集団と比較して自殺率が有意に高い5つの主要産業群は、1)鉱業、採石業、石油/ガス鉱業(男性)、2)建設業(男性)、3)その他のサービス(自動車整備業など、男性)、4)農業、林業、漁業、狩猟業(男性)、5)輸送、倉庫業(男性および女性)であった。また自殺率が高い6つの主要職業群は、1)建設・採掘 (男性および女性)、2)設置、整備、修理(男性)、3)芸術、デザイン、エンターテイメント、スポーツ、マスコミ(男性)、4)輸送、運搬(男性および女性)、5)保安職業(女性)、6)ヘルスケアサポート(女性)であった。自殺率は男性では118種類、女性では32種類の職業に分類して算出した。男性では1)漁業。狩猟(農業、漁業、林業)、2)機械工(生産)、3)溶接、はんだ付け、ろう付け作業者(生産)、4)シェフおよび料理長(調理およびサービス関連)、5)建設管理者(マネージメント)、6)農家、牧場主、その他の農業経営者(管理)、7)小売販売員(販売およびその関連)の7つの職種、女性では1)アーティストおよび関連する労働者(芸術、デザイン、エンターテイメント、スポーツ、マスコミ)、2)介護助手(介護およびサービス)、3)小売販売員(販売およびその関連)、4)ウェイターとウェイトレス(調理およびサービス関連)、5)正看護師(医療従事者および技術者)の5つの職種であった。ターゲットを絞った広範な予防の機会が存在しており、「CDC’s Preventing Suicide: A Technical Package of Policy, Programs, and Practices」は、自殺を防止するための戦略を提供しており、地域と雇用主の援助になると考えられる。

References

  • Stone DM, Holland K, Bartholow B, Crosby A, Davis S, Wilkins N. Preventing suicide: a technical package of policies, programs, and practices. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC, National Center for Injury Prevention and Control; 2017. <https://www.cdc.gov/violenceprevention/pdf/suicideTechnicalPackage.pdf>
  • US Bureau of Labor Statistics. Labor force statistics from the current population survey: concepts and definitions. Washington, DC: US Department of Labor, US Bureau of Labor Statistics; 2018. <https://www.bls.gov/cps/definitions.htm#occupation>
  • National Center for Health Statistics. Vital statistics of the United States: mortality, 1999 technical appendix. Hyattsville, MD: US Department of Health and Human Services, CDC, National Center for Health Statistics; 2004. <https://www.cdc.gov/nchs/data/statab/techap99.pdf>
  • Peterson C, Stone DM, Marsh SM, et al. Suicide rates by major occupational group—17 states, 2012 and 2015. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2018;67:1253–60. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6745a1>
  • Milner A, Spittal MJ, Pirkis J, LaMontagne AD. Suicide by occupation: systematic review and meta-analysis. Br J Psychiatry 2013;203:409–16. <https://doi.org/10.1192/bjp.bp.113.128405>
  • Phillips JA, Hempstead K. Differences in U.S. suicide rates by educational attainment, 2000–2014. Am J Prev Med 2017;53:e123–30. <https://doi.org/10.1016/j.amepre.2017.04.010>
  • Daly MC, Wilson DJ, Johnson NJ. Relative status and well-being: evidence from U.S. suicide deaths. Rev Econ Stat 2013;95:1480–500. <https://doi.org/10.1162/REST_a_00355>
  • Milner A, Witt K, Maheen H, LaMontagne AD. Access to means of suicide, occupation and the risk of suicide: a national study over 12 years of coronial data. BMC Psychiatry 2017;17:125. <https://doi.org/10.1186/s12888-017-1288-0>
  • Milner A, Witt K, LaMontagne AD, Niedhammer I. Psychosocial job stressors and suicidality: a meta-analysis and systematic review. Occup Environ Med 2018;75:245–53. <https://doi.org/10.1136/oemed-2017-104531>
  • Milner A, Page K, Spencer-Thomas S, Lamotagne AD. Workplace suicide prevention: a systematic review of published and unpublished activities. Health Promot Int 2015;30:29–37. <https://doi.org/10.1093/heapro/dau085>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ