一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2020年(Vol.69)ジカウイルス感染に関連する可能性のある先天異常につ・・・

MMWR抄訳

rss

2020/01/24Vol. 69 / No. 3

MMWR69(3):67-71
Population-Based Surveillance for Birth Defects Potentially Related to Zika Virus Infection — 22 States and Territories, January 2016–June 2017

ジカウイルス感染に関連する可能性のある先天異常についての住民ベース調査 ― 22の州および準州、2016年1月~2017年6月

妊娠中のジカウイルス感染は、先天性の脳および眼の異常を引き起こす可能性があり、神経発達異常と関連している。ジカウイルスの局地的感染を経験したアメリカの地域では、2016年後半の妊娠中のジカウイルス感染に関連する可能性のある出生異常の有病率が、2016年前半と比較して増加した。今回、CDCはこれまでの報告を更新するために、22の州および準州の住民ベース調査データを分析し、2016年1月~2017年6月まで妊娠のうち、ジカウイルス感染に関連する可能性のある先天異常の有病率を推算した。管轄区域は、1)ジカウイルスの広範囲な局地的伝播2)ジカウイルスの限られた局地的伝播、3)ジカウイルスの局地的伝播なしに分類した。生産児2,004,630例のうち、妊娠中のジカウイルス感染に関連する可能性のある出生異常のある3,359例が特定された(生産児1,000人あたり1.7人)。局地的なジカウイルスの伝播が広範囲におよぶ地域における妊娠中のジカウイルス感染に関連する可能性のある出生異常の1,000人あたりの有病率は、2016年7月から2017年3月までの四半期別にみると、2016年7月~9月に3.0人、10月~12月に4.0人、2017年1月から3月に5.6人であり、参照期間の2016年1月~3月(1,000人あたり1.3人)と比べ、有意に高かった。この結果は、2017年1月~3月では2016年1月~3月に比べて、広範囲の局地的伝播地域でジカウイルスに関連する可能性のある出生異常が4倍に増加したことを示唆している。局地的伝播が限られている地域での出生異常の有病率は、2016年10月~12月(1,000人あたり2.7人)に参照期間(1,000人あたり2.2人)と比較して20%増加したが、有意ではなかった。局地的伝播のない地域では、有意な変化はなかった。広範囲におよぶ局地的ジカウイルス伝播地域では、有意な有病率の増加は、脳の異常や小頭症、および脳の異常のない眼の異常に限定されており、神経管欠損および他の初期脳奇形の有病率は、調査期間中に横ばいであった。地域住民をベースにした出生異常の調査は、特に無症候性疾患の高い有病率を考慮すると、ジカウイルス検査が実施されたかどうかにかかわらず、ジカウイルスに関連する可能性のある出生異常を持つ乳児および胎児の特定に重要である。これらのデータを使用して、経過観察ケアおよび医療サービスの情報を知らせたり、サーベイランスを強化することが可能である。

References

  • Rasmussen SA, Jamieson DJ, Honein MA, Petersen LR. Zika virus and birth defects—reviewing the evidence for causality. N Engl J Med 2016;374:1981–7. <https://doi.org/10.1056/NEJMsr1604338>
  • Rice ME, Galang RR, Roth NM, et al. Vital signs: Zika-associated birth defects and neurodevelopmental abnormalities possibly associated with congenital Zika virus infection—U.S. territories and freely associated states, 2018. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2018;67:858–67. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6731e1>
  • Nielsen-Saines K, Brasil P, Kerin T, et al. Delayed childhood neurodevelopment and neurosensory alterations in the second year of life in a prospective cohort of ZIKV-exposed children. Nat Med 2019;25:1213–7. <https://doi.org/10.1038/s41591-019-0496-1>
  • Delaney A, Mai C, Smoots A, et al. Population-based surveillance of birth defects potentially related to Zika virus infection—15 states and U.S. territories, 2016. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2018;67:91–6. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6703a2>
  • Olson SM, Delaney A, Jones AM, et al. Updated baseline prevalence of birth defects potentially related to Zika virus infection. Birth Defects Res 2019;111:938–40. <https://doi.org/10.1002/bdr2.1546>
  • Hills SL, Fischer M, Petersen LR. Epidemiology of Zika virus infection. J Infect Dis 2017;216(Suppl 10):S868–74. <https://doi.org/10.1093/infdis/jix434>
  • Cuevas EL, Tong VT, Rozo N, et al. Preliminary report of microcephaly potentially associated with Zika virus infection during pregnancy—Colombia, January–November 2016. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2016;65:1409–13. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6549e1>
  • Gilboa SM, Mai CT, Shapiro-Mendoza CK, et al. Population-based pregnancy and birth defects surveillance in the era of Zika virus. Birth Defects Res 2017;109:372–8 10.1002/bdr2.1007. <https://doi.org/10.1002/bdr2.1007>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ