一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2020年(Vol.69)最新情報:電子タバコ、ベイピングなどの製品の使用に・・・

MMWR抄訳

rss

2020/01/17Vol. 69 / No. 2

MMWR69(2):44-49
Update: Product, Substance-Use, and Demographic Characteristics of Hospitalized Patients in a Nationwide Outbreak of E-cigarette, or Vaping, Product Use–Associated Lung Injury — United States, August 2019–January 2020

最新情報:電子タバコ、ベイピングなどの製品の使用に関連する肺障害の全国的アウトブレイクにおける入院患者の使用した製品、物質および人口統計学的特徴 ― アメリカ、2019年8月~2020年1月

州保健局からCDCに報告された電子タバコ、ベイピングなどの製品の使用に関連する肺傷害(EVALI)患者の人口統計学的特徴および使用した製品[テトラヒドロカンナビノール(THC)またはニコチンを含む製品]に関する最新情報を報告する。2020年1月7日の時点で物質使用が明らかなEVALI患者1,979例(76%)のデータのうち、1,620例(82%)がTHCを含む電子タバコまたはベイピングなどの製品を使用し、665例(34%)はTHCを含む製品のみを使用していた。THCを含む製品の使用頻度データは865例(53%)にて明らかであり、641例(74%)は毎日、122例(14%)は週に数回使用していた。使用した製品の入手先については809例(50%)で明らかであり、131例(16%)は市販のみ、627例(78%)は非正規に入手、51例(6%)は両方であり、入手先は家族または友人(38%)、ディーラー(31%)、その他(23%)であった。また、THCを含む製品の入手先が医療用大麻薬局であったEVALI患者は3%、娯楽用大麻薬局は8%であった。ニコチンを含む製品を使用した患者は1,128例(57%)であり、264例(13%)はニコチンを含む製品のみを使用していた。ニコチンを含む製品の使用頻度データが明らかな681例(60%)では580例(85%)が毎日使用しており、84%がニコチンを含む製品のみを使用していた。使用した製品の入手先は613例(54%)で明らかであり、421例(69%)は市販のみ、103例(17%) は非正規に入手、89例(15%)は両方であり、入手先はベイプまたはタバコ販売店(48%)、小売店(43%)、家族または友人(15%)であった。年齢の低さとTHCまたはニコチンを含む製品の非正規入手は有意に関連していた。THCを含む製品を使用したEVALI患者のうち13~17歳では122/130例(94%)が非正規な入手先からのみ製品を入手していたのに対し、45~77歳では42/68例であり(62%)、ニコチンを含む製品に関しては13~17歳は46/109例(42%)、45~75歳では5/43例(12%)が非正規な入手先からのみ製品を入手していた。また、州別のTHCを含む製品を非正規に入手したEVALI症例の割合はアラスカ州、ハワイ州、アイダホ州、アイオワ州、ミシシッピ州、モンタナ州、オクラホマ州、ロードアイランド州、サウスダコタ州およびバーモント州にて高く(50%~100%)、ニコチンを含む製品を非正規に入手したEVALI症例の割合はネバダ州にてもっとも高かった(57%)。

References

  • Moritz ED, Zapata LB, Lekiachvili A, et al.; Lung Injury Response Epidemiology/Surveillance Group. Update: characteristics of patients in a national outbreak of e-cigarette, or vaping, product use–associated lung injuries—United States, October 2019. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2019;68:985–9. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6843e1>
  • Ghinai I, Pray IW, Navon L, et al. E-cigarette product use, or vaping, among persons with associated lung injury—Illinois and Wisconsin, April–September 2019. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2019;68:865–9. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6839e2>
  • Lewis N, McCaffrey K, Sage K, et al. E-cigarette use, or vaping, practices and characteristics among persons with associated lung injury—Utah, April–October 2019. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2019;68:953–6. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6842e1>
  • Blount BC, Karwowski MP, Shields PG, et al.; Lung Injury Response Laboratory Working Group. Vitamin E acetate in bronchoalveolar-lavage fluid associated with EVALI. N Engl J Med 2019;NEJMoa1916433. <https://doi.org/10.1056/NEJMoa1916433>
  • Taylor J, Wiens T, Peterson J, et al.; Lung Injury Response Task Force. Characteristics of e-cigarette, or vaping, products used by patients with associated lung injury and products seized by law enforcement—Minnesota, 2018 and 2019. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2019;68:1096–100. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6847e1>
  • Blount BC, Karwowski MP, Morel-Espinosa M, et al. Evaluation of bronchoalveolar lavage fluid from patients in an outbreak of e-cigarette, or vaping, product use–associated lung injury—10 states, August–October 2019. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2019;68:1040–1. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6845e2>
  • Evans ME, Twentyman E, Click ES, et al.; Lung Injury Response Clinical Task Force; Lung Injury Response Clinical Working Group. Update: interim guidance for health care professionals evaluating and caring for patients with suspected e-cigarette, or vaping, product use–associated lung injury and for reducing the risk for rehospitalization and death following hospital discharge—United States, December 2019. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2020;68:1189–94. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm685152e2>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ