一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2020年(Vol.69)小児におけるシーズン初期のインフルエンザB/Vic・・・

MMWR抄訳

rss

2020/01/17Vol. 69 / No. 2

MMWR69(2):40-43
Early Season Pediatric Influenza B/Victoria Virus Infections Associated with a Recently Emerged Virus Subclade — Louisiana, 2019

小児におけるシーズン初期のインフルエンザB/Victoriaウイルス感染症と最近出現したウイルスサブクレードとの関連 ― ルイジアナ州、2019年

アメリカでは最近、複数の遺伝学的に異なるインフルエンザB/Victoria系統ウイルスが同時に流行しており、2018-19年シーズンに散発的に広まったが、2019-20年シーズン初めにさらに頻発している。ルイジアナ州では2019-20年インフルエンザシーズン初期に主にインフルエンザB/Victoria系統ウイルスによる感染を認め、ニューオーリンズのある大規模小児医療施設(施設A)からはB型インフルエンザウイルス感染確診例が1,268例(うち入院23例、2019年7月31日~11月21日)報告され、同時期にB型インフルエンザウイルス感染症に関連する小児の死亡も1例報告された。カルテ調査では、B型インフルエンザウイルス感染症と確診されたのは198例であり(外来患者173例、入院患者25例)、そのうち施設Aの症例は181例であった(外来患者158例、入院患者23例)。ルイジアナ州のインフルエンザ様疾患による受診例は8月中旬(week 33)より増加し始め、発症時期は5月24日~10月29日、発症中央値は9月21日が週末になる週(week 38)、症例の年齢中央値は6歳(1カ月齢未満~29歳)であり、95%が18歳未満であった。インフルエンザ活性が例年に比べ早く、インフルエンザ接種キャンペーンの開始前であり、発症前に2019-20年季節性インフルエンザワクチンの接種を受けていた症例はいなかった。症状は発熱(95%)、咳嗽(68%)、鼻汁(61%)が多く、外来患者173例のうち41例(24%)に喘息などの基礎疾患、17例(10%)にインフルエンザ合併症を認め、122例(71%)に抗インフルエンザウイルス薬が処方された。入院患者25例では14例(56%)に基礎疾患、11例(44%)に合併症を認め、23例(92%)に抗インフルエンザウイルス薬が処方され、6例(24%)がICUに入院した。遺伝子配列は83検体にて分析、81検体(98%)は2018-19年シーズン後半にアメリカで流行していたB/Victoria V1A.3サブクレードに属し、1検体は2019-20年シーズン北半球ワクチンのB/Victoria成分(B/Colorado/06/2017)のサブクレードに属し、1検体は分類不能であった。以上、ルイジアナ州の小児ではB/Victoriaウイルスの活性が早く、その症状は典型的な季節性インフルエンザと同様であるが、重症例も認められ、1例の死亡が報告された。

References

  • Epperson S, Davis CT, Brammer L, et al. Update: influenza activity—United States and worldwide, May 19–September 28, 2019, and composition of the 2020 southern hemisphere influenza vaccine. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2019;68:880–4. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6840a3>
  • CDC. Weekly U.S. influenza surveillance report. Week 52. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2019. <https://www.cdc.gov/flu/weekly/weeklyarchives2019-2020/Week52.htm>
  • Grohskopf LA, Alyanak E, Broder KR, Walter EB, Fry AM, Jernigan DB. Prevention and control of seasonal influenza with vaccines: recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices—United States, 2019–20 influenza season. MMWR Recomm Rep 2019;68(No. RR-3). <https://doi.org/10.15585/mmwr.rr6803a1>
  • Uyeki TM, Bernstein HH, Bradley JS, et al. Clinical practice guidelines by the Infectious Diseases Society of America: 2018 update on diagnosis, treatment, chemoprophylaxis, and institutional outbreak management of seasonal influenza. Clin Infect Dis 2019;68:895–902. <https://doi.org/10.1093/cid/ciy874>
  • Xu X, Blanton L, Elal AIA, et al. Update: influenza activity in the United States during the 2018–19 season and composition of the 2019–20 influenza vaccine. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2019;68:544–51. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6824a3>
  • CDC. Update: influenza activity—United States, 1992–93 season. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 993;42:385–7.
  • Eccles R. Understanding the symptoms of the common cold and influenza. Lancet Infect Dis 2005;5:718–25. <https://doi.org/10.1016/S1473-3099(05)70270-X>
  • Chaves SS, Aragon D, Bennett N, et al. Patients hospitalized with laboratory-confirmed influenza during the 2010–2011 influenza season: exploring disease severity by virus type and subtype. J Infect Dis 2013;208:1305–14. <https://doi.org/10.1093/infdis/jit316>
  • Shang M, Blanton L, Brammer L, Olsen SJ, Fry AM. Influenza-associated pediatric deaths in the United States, 2010–2016. Pediatrics 2018;141:e20172918. <https://doi.org/10.1542/peds.2017-2918>
  • Paddock CD, Liu L, Denison AM, et al. Myocardial injury and bacterial pneumonia contribute to the pathogenesis of fatal influenza B virus infection. J Infect Dis 2012;205:895–905. <https://doi.org/10.1093/infdis/jir861>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ