一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2019年(Vol.68)ポリオ根絶への進展 ― アフガニスタン、2018年・・・

MMWR抄訳

rss

2019/08/23Vol. 68 / No. 33

MMWR68(33):729-733
Progress Toward Poliomyelitis Eradication — Afghanistan, January 2018–May 2019

ポリオ根絶への進展 ― アフガニスタン、2018年1月~2019年5月

2018年1月~2019年5月、アフガニスタンにおけるポリオ根絶活動とその進展について報告する。WHOおよびUNICEFが推定したアフガニスタンの12カ月齢未満の乳児における経口ポリオウイルスワクチン3回目(OPV3)の接種率は2017年、2018年ともに73%であった。2017年、2018年の6~23カ月齢の非ポリオ急性弛緩性麻痺(NPAFP)症例の68%に定期予防接種時のOPV3接種率歴が有り、1回も接種していない症例の割合は全国では1%であったが(2018年)、カンダハール州(26%)およびヘルマンド州(15%)では高値であった。2018年1月~2019年5月、5歳未満の幼児を対象とした1価または2価OPVの追加予防接種活動(SIA)は、全国予防接種日(NID)が2回、準全国予防接種日が5回、1型野生株ポリオウイルス(WPV1)陽性例対応が3回、集中的なSIAが5回、短期間での追加接種キャンペーン(SIAD)が1回行われた。NIDでは5歳未満の幼児9,999,227名を対象とし、SIAではWPV1循環リスクが非常に高い地域に居住する4~59カ月齢の乳幼児549,557名に静注の不活化ポリオウイルスワクチン(IPV)を投与したが、2018年3月および8月のNIDではそれぞれ推定110,591名(1.2%)、1,324,132名(13.2%)の対象児が活動地へ行けず、それぞれ339,474名(3.6%)、300,471名(3%)は行くことが可能であったが接種を逃した。2019年4月のNIDでは接種を逃した幼児は743,776名(7.4%)に減少しており、2018年1月~2019年4月、アクセス不能地域への中継地点では約18,490,713回、イラン、パキスタンとの国境地域にて約1,540,171回のOPVが接種された。急性弛緩性麻痺サーベイランスでは2018年、15歳未満におけるNPAFP発症率は10万人あたり17人(11~21)、適切な便検体の回収率は94%(87~97%)であった。また、環境サーベイランスで9州20カ所の下水から採取された検体のWPV1検出率は2016年が2/184検体(1%)、2017年が42/316検体(13%)、2018年が83/336検体(25%)、2019年(3月末まで)が25/128検体(23%)であり、検出された地域はヘルマンド州、カンダハール州(南部)、ナンガルハール州(東部)であった。WPV1症例は、2018年には6州14地区から21例、2019年1月~5月には4州9地区より10例報告されている。これら計31例のうち20例(65%)は36カ月齢未満の幼児であり、また、10例(32%)はOPV未接種であり、3例(10%)は1回または2回接種、18例(51%)は3回以上接種であった。ポリオウイルスのゲノム配列解析では、アフガニスタンとパキスタンの国境を越える伝播のエピソードが示され、アフガニスタンにおけるポリオウイルスの根絶には、定期的な予防接種キャンペーンとともに地域のサポートや戸別訪問による予防接種の強化が大切であると思われる。

References

  • Greene SA, Ahmed J, Datta SD, et al. Progress toward polio eradication—worldwide, January 2017–March 2019. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2019;68:458–62. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6820a3>
  • Martinez M, Shukla H, Ahmadzai M, et al. Progress toward poliomyelitis eradication—Afghanistan, January 2017–May 2018. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2018;67:833–7. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6730a6>
  • Martinez M, Shukla H, Nikulin J, et al. Progress toward poliomyelitis eradication—Afghanistan, January 2016–June 2017. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2017;66:854–8. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6632a5>
  • World Health Organization. WHO vaccine-preventable diseases: monitoring system. 2019 global summary. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2019. <https://apps.who.int/immunization_monitoring/globalsummary/countries?countrycriteria%5Bcountry%5D%5B%5D=AFG>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ