一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2019年(Vol.68)ヒトパピローマウイルスに起因するがん ― アメリカ・・・

MMWR抄訳

rss

2019/08/23Vol. 68 / No. 33

MMWR68(33):724-728
Human Papillomavirus–Attributable Cancers — United States, 2012–2016

ヒトパピローマウイルスに起因するがん ― アメリカ、2012年~2016年

ヒトパピローマウイルス(HPV)はほぼすべての子宮頸がん、一部の膣がん、外陰がん、陰茎がん、肛門および中咽頭がんの原因となり、アメリカでは現在、9価のHPVワクチン(9vHPV;発がん性HPVの16型、18型、31型、33型、45型、52型、58型、非発がん性だが性器疣贅の原因となる6型、11型)がこれらのがんを予防するため使用されている。CDCは2012年~2016年のU.S. Cancer Statisticsデータから、HPV関連がんの発症率について分析した。その結果、HPV関連がんは年平均43,999例(10万人あたり12.2)に発症しており、うち34,800例(79%)はHPVが原因であった。34,800例中、推定32,100例(92%)は9vHPVが標的とする型に起因しており、中咽頭がん(12,600例)と子宮頸がん(9,700例)が多く、肛門がん6,000例、外陰がん2,500例、陰茎がん700例、膣がん600例であった。また9vHPVが標的とする型に起因している推定32,100例の性別では、女性19,000例(59%)、男性13,100例(41%)、州別では40例(ワイオミング州)~3,270例(カリフォルニア州)であり、ほとんどの州で中咽頭がんがもっとも多く、テキサス州では子宮頸がん、アラスカ州、ワシントンDC、ニューメキシコ州、ニューヨーク州では中咽頭がんと子宮頸がんが同等に多かった。HPV関連がんはワクチン接種により予防可能であり、現在おこなわれているサーベイランスによりワクチン接種および子宮頸がんスクリーニング/モニタリングの長期的な影響に関する情報が得られると思われる。

References

  • Shiels MS, Kreimer AR, Coghill AE, Darragh TM, Devesa SS. Anal cancer incidence in the United States, 1977–2011: distinct patterns by histology and behavior. Cancer Epidemiol Biomarkers Prev 2015;24:1548–56. <https://doi.org/10.1158/1055-9965.EPI-15-0044>
  • Schiffman M, Castle PE, Jeronimo J, Rodriguez AC, Wacholder S. Human papillomavirus and cervical cancer. Lancet 2007;370:890–907. <https://doi.org/10.1016/S0140-6736(07)61416-0>
  • Saraiya M, Unger ER, Thompson TD, et al.; HPV Typing of Cancers Workgroup. US assessment of HPV types in cancers: implications for current and 9-valent HPV vaccines. J Natl Cancer Inst 2015;107:djv086. <https://doi.org/10.1093/jnci/djv086>
  • Viens LJ, Henley SJ, Watson M, et al. Human papillomavirus–associated cancers—United States, 2008–2012. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2016;65:661–6. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6526a1>
  • Walker TY, Elam-Evans LD, Yankey D, et al. National, regional, state, and selected local area vaccination coverage among adolescents aged 13–17 years—United States, 2018. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2019;68:718–23.
  • Van Dyne EA, Henley SJ, Saraiya M, Thomas CC, Markowitz LE, Benard VB. Trends in human papillomavirus–associated cancers—United States, 1999–2015. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2018;67:918–24. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6733a2>
  • Meites E, Szilagyi PG, Chesson HW, Unger ER, Romero JR, Markowitz LE. Human papillomavirus vaccination for adults: updated recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2019;68:698–702. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6832a3>
  • Curry SJ, Krist AH, Owens DK, et al.; US Preventive Services Task Force. Screening for cervical cancer: US Preventive Services Task Force recommendation statement. JAMA 2018;320:674–86. <https://doi.org/10.1001/jama.2018.10897>
  • Oliver SE, Unger ER, Lewis R, et al. Prevalence of human papillomavirus among females after vaccine introduction—National Health and Nutrition Examination Survey, United States, 2003–2014. J Infect Dis 2017;216:594–603. <https://doi.org/10.1093/infdis/jix244>
  • Gargano JW, Park IU, Griffin MR, et al.; HPV-IMPACT Working Group. Trends in high-grade cervical lesions and cervical cancer screening in 5 states, 2008–2015. Clin Infect Dis 2019;68:1282–91. <https://doi.org/10.1093/cid/ciy707>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ