一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2019年(Vol.68)国、地域、州、および特定された地域の思春期齢13~・・・

MMWR抄訳

rss

2019/08/23Vol. 68 / No. 33

MMWR68(33):718-723
National, Regional, State, and Selected Local Area Vaccination Coverage Among Adolescents Aged 13–17 Years — United States, 2018

国、地域、州、および特定された地域の思春期齢13~17歳におけるワクチン接種率 ― アメリカ、2018年

2018年のNational Immunization Survey-Teenのデータを使用して、50州およびDCにおける思春期齢(13~17歳)18,700名[女性8,928名(48%)、男性9,772名(52%)]の予防接種率を分析した。2018年におけるヒトパピローマウイルス(HPV)ワクチンシリーズのスケジュール通りの(UTD)接種率は51.1%、1回以上の接種率は68.1%であり、2017年より男性にて増加(44.3%から48.7%、4.4ポイント増)、女性では大きな変化はなかった(53.1%から53.7%、0.6ポイント増)。全体の2018年の髄膜炎菌結合型ワクチン(MenACWY)の1回以上、2回以上接種率はそれぞれ86.6%、50.8%(2017年各85.1%、44.3%)と有意に増加した。血清型B群髄膜炎菌ワクチンの1回以上接種率は17歳で17.2%であった。B型肝炎(3回以上)、麻しんおたふくかぜ風しん(2回以上)、水痘(1回および2回以上)接種率に有意な増加は認めなかった。地域別の接種率は大都市統計地域(MSA)主要都市の居住者に比べてMSA主要都市以外の居住者ではHPV、MenACWYの接種率が低く、その差はHPV UTD接種が15.4ポイント、MenACWY(2回以上):19.7ポイントであった。また、MSA主要都市とMSA非主要都市の居住者における接種率の差はHPV接種(UTD:7.0ポイント、1回以上接種:5.3ポイント)、3回以上のB型肝炎ワクチン(1.7ポイント)にて認められた。Medicaid加入者のHPV接種率は民間医療保険加入者に比べて高く(UTD接種:5.5ポイント、1回以上接種:8.8%ポイント)、保険未加入者の接種率は低く、民間医療保険加入者との差は4.4ポイント(水痘ワクチンを1回以上)~18.7ポイント(MenACWYを2回以上)であった。全体で77.5%の親が推奨されているHPVワクチン接種を子供が受けていると報告し(ミシシッピ州:59.5%~マサチューセッツ州:90.7%)、MSAに居住者に比べてMSA以外の地域に居住者にて少なかった(77.4% vs. 70.3%)。以上、2018年におけるHPVおよび髄膜炎ワクチン接種率は増加傾向にあるが、親や保護者への情報提供の強化が接種率の向上につながることが示唆された。

References

  • Robinson CL, Bernstein H, Romero JR, Szilagyi P. Advisory Committee on Immunization Practices recommended immunization schedule for children and adolescents aged 18 years or younger—United States, 2019. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2019;68:112–4. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6805a4>
  • Walker TY, Elam-Evans LD, Yankey D, et al. National, regional, state, and selected local area vaccination coverage among adolescents aged 13–17 years—United States, 2017. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2018;67:909–17. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6733a1>
  • Kornides ML, McRee AL, Gilkey MB. Parents who decline HPV vaccination: who later accepts and why? Acad Pediatr 2018;18(2S):S37–43. <https://doi.org/10.1016/j.acap.2017.06.008>
  • Gilkey MB, Calo WA, Moss JL, Shah PD, Marciniak MW, Brewer NT. Provider communication and HPV vaccination: the impact of recommendation quality. Vaccine 2016;34:1187–92. <https://doi.org/10.1016/j.vaccine.2016.01.023>
  • Boyd ED, Phillips JM, Schoenberger YM, Simpson T. Barriers and facilitators to HPV vaccination among rural Alabama adolescents and their caregivers. Vaccine 2018;36:4126–33. <https://doi.org/10.1016/j.vaccine.2018.04.085>
  • Radecki Breitkopf C, Finney Rutten LJ, Findley V, et al. Awareness and knowledge of human papillomavirus (HPV), HPV-related cancers, and HPV vaccines in an uninsured adult clinic population. Cancer Med 2016;5:3346–52. <https://doi.org/10.1002/cam4.933>
  • Bernstein HH, Bocchini JA Jr; Committee on Infectious Diseases. The need to optimize adolescent immunization. Pediatrics 2017;139:e20164186. <https://doi.org/10.1542/peds.2016-4186>
  • Senkomago V, Henley J, Thomas CC, Mix JM, Markowitz LE, Saraiya M. Human papillomavirus–attributable cancers—United States, 2012–2016. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2019;68:724–8.
  • McClung NM, Lewis RM, Gargano JW, Querec T, Unger ER, Markowitz LE. Declines in vaccine-type human papillomavirus prevalence in females across racial/ethnic groups: data from a national survey. J Adolesc Health. In press 2019.
  • Gargano JW, Park IU, Griffin MR, et al.; HPV-IMPACT Working Group. Trends in high-grade cervical lesions and cervical cancer screening in 5 states, 2008–2015. Clin Infect Dis 2019;68:1282–91. <https://doi.org/10.1093/cid/ciy707>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ