一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2019年(Vol.68)最近ケニアで入院したカルバペネマーゼ産生微生物を有・・・

MMWR抄訳

rss

2019/08/02Vol. 68 / No. 30

MMWR68(30):664-666
Candida auris in a U.S. Patient with Carbapenemase-Producing Organisms and Recent Hospitalization in Kenya

最近ケニアで入院したカルバペネマーゼ産生微生物を有するアメリカの患者におけるCandida auris

Candida aurisは、医療施設でのアウトブレイクを引き起こす薬剤耐性酵母で、約30カ国から症例が報告されている。アメリカでのC. aurisの症例は、海外からの輸入の結果であることが多く、次に医療施設における広域な国内感染が多い。C. aurisの早期発見は、感染拡大を防ぐために重要である。C. aurisは、カルバペネム耐性腸内細菌(CRE)のようなカルバペネマーゼ産生微生物(CPO)と頻繁に共生し、この微生物に対する検査と公衆衛生の対応能力は2017年から大幅に向上している。2018年9月、メリーランド州保健局(MDH)に、ケニアからメリーランド州の急性期病院に医学的見地から最近、移送されたCPO感染およびコロニー化の患者について報告された。患者は、医療従事職ではないアメリカ住民であり、ケニアを訪問中に脳出血を起こしていた。ケニアでの1カ月の入院中に動脈クリッピング術、気管切開術、経管栄養などを施行されたが、病院での治療は敗血症、肺炎、尿路感染症によって複雑になり、広域抗生物質と抗真菌薬による治療を要した。患者が既知のC. aurisの症例がいる国で長期入院、CPOのコロニー形成および感染していたこと、MDHでの以前の経験やCDCからの助言に基づき、MDHは病院に対し、患者のC. aurisコロニー形成を検査することを推奨した。入院12日目に患者の両腋窩および鼠径部から皮膚スワブ検体を採取し、真菌培養した。その結果、コロニー形成を示し臨床徴候および症状のないC. aurisが同定された。C. aurisが医療施設で感染する可能性があるため、インデックス患者と同じ病棟にいた患者21例を検査した。結果、全員のスワブ検体はC. auris陰性であった。以上、CPOに対する公衆衛生上の対応は、C. aurisの早期同定に役立つ可能性がある。CPO調査の一環として、保健部門は患者にC. aurisのリスク因子があるかを評価し、リスクのある患者に対しては迅速な検査を確実にすべきである。

References

  • Chow NA, Gade L, Tsay SV, et al.; US Candida auris Investigation Team. Multiple introductions and subsequent transmission of multidrug-resistant Candida auris in the USA: a molecular epidemiological survey. Lancet Infect Dis 2018;18:1377–84. <https://doi.org/10.1016/S1473-3099(18)30597-8>
  • Saris K, Meis JF, Voss A. Candida auris. Curr Opin Infect Dis 2018;31:334–40.
  • CDC. Facility guidance for control of carbapenem-resistant Enterobacteriaceae (CRE): November 2015 update—CRE toolkit. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2015. <https://www.cdc.gov/hai/pdfs/cre/CRE-guidance-508.pdf>
  • Adam R, Okinda N, Revathi G, et al. Candida auris fungemia: risk factors and outcome. Open Forum Infect Dis 2018;5(Suppl 1):S147. <https://doi.org/10.1093/ofid/ofy210.389>
  • Schelenz S, Hagen F, Rhodes JL, et al. First hospital outbreak of the globally emerging Candida auris in a European hospital. Antimicrob Resist Infect Control 2016;5:35. <https://doi.org/10.1186/s13756-016-0132-5>
  • Kerins JL, Tang AS, Forsberg K, et al. Rapid emergence of Candida auris in the Chicago region. Open Forum Infect Dis 2018;5(Suppl 1):S28. <https://doi.org/10.1093/ofid/ofy209.064>
  • CDC. Screening for Candida auris colonization. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2018. <https://www.cdc.gov/fungal/candida-auris/c-auris-screening.html>
  • CDC. New carbapenem-resistant Enterobacteriaceae warrant additional action by healthcare providers. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2013. <https://emergency.cdc.gov/han/han00341.asp>
  • Pacilli M, Kerins J, Clegg W, et al. Repeated point prevalence surveys of Candida auris and carbapenemase producing organisms in a Chicago ventilator-capable skilled nursing facility, Chicago-Illinois, 2018. In: SHEA 2019; April 24–26, 2019; Boston, MA.
  • Woodworth KR, Walters MS, Weiner LM, et al. Vital signs: containment of novel multidrug-resistant organisms and resistance mechanisms—United States, 2006–2017. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2018;67:396–401. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6713e1>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ