一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2019年(Vol.68)男性と若年成人におけるHIVウイルス量抑制人口の3・・・

MMWR抄訳

rss

2019/08/02Vol. 68 / No. 30

MMWR68(30):658-663
Threefold Increases in Population HIV Viral Load Suppression Among Men and Young Adults — Bukoba Municipal Council, Tanzania, 2014–2017

男性と若年成人におけるHIVウイルス量抑制人口の3倍の増加 ― ブコバ自治体、タンザニア、2014年~2017年

HIV関連の疾病率と死亡率を低下させ、HIV感染リスクを効果的に取り除くことは、ウイルス量抑制(VLS)を達成および維持するための抗レトロウイルス療法(ART)の使用に依存している。サハラ以南のアフリカ諸国では、2020年までにARTをしている人の90%とHIV感染と共に生きる人の73%がVLSを達成するように取り組んでいる。HIV感染者が140万人いるタンザニアでは、2017年に15~49歳のHIV陽性者の49.6%がVLSを達成しており、このうち25~29歳は、男性が21.5%のみ、女性が44.6%であった。タンザニアでVLSを増加させ、VLSに関連する性別および年齢層の格差を軽減する可能性のある介入を特定するため、2014年10月から2017年3月にタンザニアのブコバ自治体(ブコバ)全体で、治療に結び付き、ART介入の維持するため新しいHIV検査を拡大するBukoba Combination Prevention Evaluation(BCPE)を行った。タンザニアの31州のうち、カゲラ州は15~49歳の住民のHIV感染の有病率(6.8%)が4番目に高く、ビクトリア湖の西岸に位置するブコバは、人口15万人のカゲラ州の州都であり、都市と農村が混在している。CDCは、BCPE介入前(2013年11月~2014年1月)および介入後(2017年6月~9月)の調査データを分析した。介入前では、18~49歳の推定66,134人の住民のうち、HIV感染の有病率は8.9%で、推定5,903人のHIV陽性住民のうち、47.4%が以前にHIVと診断されており、40.8%が現在HIVの治療中、32.2%がARTをしていて、88.7%でVLSを達成していた。したがって、18~49歳の住民の3107人がHIV感染に気づいておらず、診断を必要とし、3,493人がHIV治療やARTを必要とする介入ターゲットであると推定された。介入後では、18~49歳の住民におけるHIV感染の推定有病率は8.4%で、HIV陽性者のうち、76.2%が以前にHIVと診断され、70.9%がARTをしており、91.3%がVLSを達成した。介入前と比べ介入後では、すべてのHIV感染者のVLS達成率は全体(28.6%から64.8%)と女性(33.3%から67.8%)で約2倍、男性(20.5%から59.1%)と18~29歳の若年成人(15.6%から56.7%)で3倍に増加した。2019年では、これらのBCPE介入は、HIV感染者全体のVLSを増加させるためにアメリカのPresident’s Emergency Plan for AIDS Relief(PEPFAR)の支援を受けてタンザニア全域で拡大されている。

References

  • Joint United Nations Programme on HIV/AIDS. 90–90–90: an ambitious treatment target to help end the AIDS epidemic. Geneva, Switzerland: Joint United Nations Programme on HIV/AIDS, 2014. <https://www.unaids.org/en/resources/documents/2014/90-90-90>
  • CDC. Evidence of HIV treatment and viral suppression in preventing the sexual transmission of HIV. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2018. <https://www.cdc.gov/hiv/risk/art/index.html>
  • Tanzania Commission for AIDS (TACAIDS), Zanzibar AIDS Commission (ZAC). Tanzania HIV Impact Survey (THIS) 2016–2017: final report. Dar es Salaam, Tanzania: United Republic of Tanzania Ministry of Health, Community Development, Gender, Elderly and Children; 2018. <https://phia.icap.columbia.edu/countries/tanzania/>
  • Cham HJ, MacKellar D, Maruyama H, et al. Methods, outcomes, and costs of a 2.5 year comprehensive facility-and community-based HIV testing intervention in Bukoba Municipal Council, Tanzania, 2014–2017. PLoS One 2019;14:e0215654. <https://doi.org/10.1371/journal.pone.0215654>
  • MacKellar D, Maruyama H, Rwabiyago OE, et al. Implementing the package of CDC and WHO recommended linkage services: methods, outcomes, and costs of the Bukoba Tanzania Combination Prevention Evaluation peer-delivered, linkage case management program, 2014–2017. PLoS One 2018;13:e0208919. <https://doi.org/10.1371/journal.pone.0208919>
  • Makhema J, Wirth KE, Pretorius Holme M, et al. Universal testing, expanded treatment, and incidence of HIV infection in Botswana. N Engl J Med 2019;381:230–42. <https://doi.org/10.1056/NEJMoa1812281>
  • Petersen M, Balzer L, Kwarsiima D, et al. Association of implementation of a universal testing and treatment intervention with HIV diagnosis, receipt of antiretroviral therapy, and viral suppression in East Africa. JAMA 2017;317:2196–206. <https://doi.org/10.1001/jama.2017.5705>
  • Plazy M, Orne-Gliemann J, Dabis F, Dray-Spira R. Retention in care prior to antiretroviral treatment eligibility in sub-Saharan Africa: a systematic review of the literature. BMJ Open 2015;5:e006927. <https://doi.org/10.1136/bmjopen-2014-006927>
  • Grabowski MK, Reynolds SJ, Kagaayi J, et al. The validity of self-reported antiretroviral use in persons living with HIV: a population-based study. AIDS 2018;32:363–9. <https://doi.org/10.1097/QAD.0000000000001706>
  • United States President’s Emergency Plan for AIDS Relief. PEPFAR solutions platform. Washington, DC: United States President’s Emergency Plan for AIDS Relief; 2018. <https://www.pepfarsolutions.org/solutions>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ