一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2019年(Vol.68)バイタルサイン:急性弛緩性脊髄炎サーベイランス ―・・・

MMWR抄訳

rss

2019/07/12Vol. 68 / No. 27

MMWR68(27):608-614
Vital Signs: Surveillance for Acute Flaccid Myelitis — United States, 2018

バイタルサイン:急性弛緩性脊髄炎サーベイランス ― アメリカ、2018年

アメリカでは2014年の急性弛緩性脊髄炎(AFM)アウトブレイク以降、全国的なAFMサーベイランスが開始され、2年おきにアウトブレイクが発生している(2016年、2018年)。2018年は1年間でAFMの臨床基準に合致する374例がCDCに報告され、41州から233例(62%)が確診例、26例(7%)が高度疑い例に分類され、115例(31%)は非AFM例であった。患者の年齢中央値は確診例が5.3歳(6カ月~81.8歳)と高度疑い例の2.9歳(4カ月~55.3歳)よりも有意に高く、非AFM例は8.8歳(1カ月~78.1歳)と確診例よりも有意に高齢であった。性別および人種による有意差はなかった。上肢麻痺のみの症例は確診例(42%)にて非AFM例(10%)よりも有意に多く、また、確診例、高度疑い例は非AFM例に比べ四肢脱力の発症4週間前より呼吸器症状(咳、鼻漏、鼻閉など)または発熱(100.4 F以上)を多く認めていた(92% vs. 62%)。確診227例(98%)、高度疑い26例(100%)、非AFM113例(98%)が入院し、そのうちICU入院はそれぞれ127例(60%)、12例(57%)、54例(50%)であり、確診例の27%(62例)は呼吸補助を必要とし、うち87%は人工呼吸器を要した。2018年に四肢脱力を発症したAFM確診例での急性症状による死亡例は報告されていないが、確診例の2例が四肢脱力発症から数カ月後に死亡した。四肢脱力発症から入院までの期間中央値とMRI検査までの期間中央値は、確診例が各1日、2日、高度疑い例が各3日、4日、非AFM例が各1日、3日であり、四肢脱力発症から検体採取までの期間中央値(検体種類により異なる)は、確診例が2~7日間、高度疑い例が7~13日、非AFM例が5~8.5日、四肢脱力発症からCDCへの報告までの期間中央値はそれぞれ18日、18.5日、36日であった。確診例から採取した検体によるエンテロウイルス(EV)/ライノウイルス検査では、脳脊髄液(CSF)検体の3%(2/74検体)、呼吸器検体の44%(54/123検体)、便検体の13%(13/100検体)が陽性であり、EV-D68(CSF:1検体、呼吸器:30検体、便:1検体)が最も多く検出され、他にEV-A71(CSF:1検体、呼吸器:10検体、便:2検体)などが検出された。また、2018年の確診例における先行する症状(発熱、呼吸器症状、胃腸症状)から四肢脱力発症まで、四肢脱力発症から入院、CSF検体採取までの期間中央値は、2016年と同等であったが(各5日 vs. 5日、1日vs. 1日、2日vs. 3日)、四肢脱力発症からMRI、呼吸器検体採取、便検体採取までの期間中央値は2016年と比べて短縮した(各2日 vs. 3日、3日vs. 4.5日、7日vs. 7.5日)。確診例のCDCへの報告までの期間(確診例)は18日(0~208日)日間、15日(0~344日であった。以上、AFMアウトブレイクの主要なリスク因子は特定できておらず、徴候や症状の迅速な発見、早期の検体採取、完全で迅速な報告などにより公衆衛生調査や研究が促進され、AFMに関する最新の疫学が解明され、治療や予防の推奨に関する情報につながるものと思われる。

References

  • Sejvar JJ, Lopez AS, Cortese MM, et al. Acute flaccid myelitis in the United States, August–December 2014: results of nationwide surveillance. Clin Infect Dis 2016;63:737–45. <https://doi.org/10.1093/cid/ciw372>
  • Midgley CM, Watson JT, Nix WA, et al.; EV-D68 Working Group. Severe respiratory illness associated with a nationwide outbreak of enterovirus D68 in the USA (2014): a descriptive epidemiological investigation. Lancet Respir Med 2015;3:879–87. <https://doi.org/10.1016/S2213-2600(15)00335-5>
  • Sejvar JJ, Bode AV, Marfin AA, et al. West Nile virus-associated flaccid paralysis. Emerg Infect Dis 2005;11:1021–7. <https://doi.org/10.3201/eid1107.040991>
  • Ooi MH, Wong SC, Clear D, et al. Adenovirus type 21-associated acute flaccid paralysis during an outbreak of hand-foot-and-mouth disease in Sarawak, Malaysia. Clin Infect Dis 2003;36:550–9. <https://doi.org/10.1086/367648>
  • Bitnun A, Yeh EA. Acute flaccid paralysis and enteroviral infections. Curr Infect Dis Rep 2018;20:34. <https://doi.org/10.1007/s11908-018-0641-x>
  • Aliabadi N, Messacar K, Pastula DM, et al. Enterovirus D68 infection in children with acute flaccid myelitis, Colorado, USA, 2014. Emerg Infect Dis 2016;22:1387–94. <https://doi.org/10.3201/eid2208.151949>
  • Knoester M, Helfferich J, Poelman R, Van Leer-Buter C, Brouwer OF, Niesters HGM; 2016 EV-D68 AFM Working Group. Twenty-nine cases of enterovirus-d68-associated acute flaccid myelitis in Europe 2016: a case series and epidemiologic overview. Pediatr Infect Dis J 2019;38:16–21. <https://doi.org/10.1097/INF.0000000000002188>
  • Ruggieri V, Paz MI, Peretti MG, et al. Enterovirus D68 infection in a cluster of children with acute flaccid myelitis, Buenos Aires, Argentina, 2016. Eur J Paediatr Neurol 2017;21:884–90. <https://doi.org/10.1016/j.ejpn.2017.07.008>
  • McKay SL, Lee AD, Lopez AS, et al. Increase in acute flaccid myelitis—United States, 2018. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2018;67:1273–5. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6745e1>
  • Council of State and Territorial Epidemiologists. Revision to the standardized surveillance and case definition for acute flaccid myelitis. Atlanta, GA: Council of State and Territorial Epidemiologists; 2017. <https://cdn.ymaws.com/www.cste.org/resource/resmgr/2017PS/2017PSFinal/17-ID-01.pdf>
  • Kilpatrick DR, Yang CF, Ching K, et al. Rapid group-, serotype-, and vaccine strain-specific identification of poliovirus isolates by real-time reverse transcription-PCR using degenerate primers and probes containing deoxyinosine residues. J Clin Microbiol 2009;47:1939–41. <https://doi.org/10.1128/JCM.00702-09>
  • Nix WA, Oberste MS, Pallansch MA. Sensitive, seminested PCR amplification of VP1 sequences for direct identification of all enterovirus serotypes from original clinical specimens. J Clin Microbiol 2006;44:2698–704. <https://doi.org/10.1128/JCM.00542-06>
  • Nix WA, Maher K, Johansson ES, et al. Detection of all known parechoviruses by real-time PCR. J Clin Microbiol 2008;46:2519–24. <https://doi.org/10.1128/JCM.00277-08>
  • Van Haren K, Ayscue P, Waubant E, et al. Acute flaccid myelitis of unknown etiology in California, 2012–2015. JAMA 2015;314:2663–71. <https://doi.org/10.1001/jama.2015.17275>
  • Hopkins SE. Acute flaccid myelitis: etiologic challenges, diagnostic and management considerations. Curr Treat Options Neurol 2017;19:48. <https://doi.org/10.1007/s11940-017-0480-3>
  • Nelson GR, Bonkowsky JL, Doll E, et al. Recognition and management of acute flaccid myelitis in children. Pediatr Neurol 2016;55:17–21. <https://doi.org/10.1016/j.pediatrneurol.2015.10.007>
  • Cramer N, Munjal N, Ware D, et al. New cluster of acute flaccid myelitis in Western Pennsylvania. Ann Emerg Med 2019;19:30051-4. <https://doi.org/10.1016/j.annemergmed.2019.01.024>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ