一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2019年(Vol.68)州別にみた成人喫煙者における禁煙試行の割合 ― ア・・・

MMWR抄訳

rss

2019/07/19Vol. 68 / No. 28

MMWR68(28):621-626
State-Specific Prevalence of Quit Attempts Among Adult Cigarette Smokers — United States, 2011–2017

州別にみた成人喫煙者における禁煙試行の割合 ― アメリカ、2011年~2017年

1965年から2017年にかけて18歳以上のアメリカ成人における喫煙率は、禁煙が増加したこともあり、42.4%から14.0%に減少した。禁煙が増えることにより、喫煙による疾患、死亡、医療費が減る可能性がある。禁煙増加の大部分は禁煙試行の増加によってもたらされており、Healthy People 2020 objective 4.1では、過去1年間に禁煙を試みたアメリカ成人喫煙者の割合を80%以上に増加させることを呼び掛けている。成人喫煙者の過去1年間の禁煙試行率に関する州別での傾向を評価するために、CDCは2011年~2017年のBehavioral Risk Factor Surveillance System(BRFSS)サーベイにおける全50州、ワシントンDC、グアム、プエルトリコのデータを分析した。2017年における過去1年間の禁煙試行率は58.6%(ウィスコンシン州)~72.3%(グアム)、中央値は65.4%(ノースカロライナ州)であった。中西部の6州、南部の4州、西部の3州、北東部の1州にて禁煙試行率が低かった(四分位範囲:58.6%~62.5%)。2011年における過去1年間の禁煙試行率は57.4%(ウェストバージニア州)~71.6%(ニューヨーク州)、中央値は64.9%(ミシシッピ州)であった。2011年と比較した2017年における過去1年間の禁煙試行率は、4州(アラバマ州、ハワイ州、カンザス州、ルイジアナ州)と1領地(グアム)にて有意に高く、2州(ニューヨーク州およびウィスコンシン州) にて有意に低かった。2011年から2017年にかけた過去1年間の禁煙試行率は、4州(カンザス州、ルイジアナ州、バージニア州、ウェストバージニア州)で増加し、2州(ニューヨーク州、テネシー州)では減少した。2017年の過去1年間の禁煙試行率は年齢が上昇するにつれて減少し、18~24歳の禁煙試行率中央値は76.4%、25~44歳で68.6%、45~64歳で60.8%、65歳以上で55.8%であった。包括的な州のたばこ規制プログラム、バリアフリーな禁煙治療の利用を含むエビデンスに基づくたばこ規制介入の実施により、禁煙を試行し、禁煙に成功した喫煙者数を増やすことができる。

References

  • Wang TW, Asman K, Gentzke AS, et al. Tobacco product use among adults—United States, 2017. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2018;67:1225–32. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6744a2>
  • US Department of Health and Human Services. The health consequences of smoking—50 years of progress: a report of the Surgeon General. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2014.
  • CDC. Best practices for comprehensive tobacco control programs—2014. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2014. <https://www.cdc.gov/tobacco/stateandcommunity/best_practices/index.htm>
  • Zhu SH, Lee M, Zhuang YL, Gamst A, Wolfson T. Interventions to increase smoking cessation at the population level: how much progress has been made in the last two decades? Tob Control 2012;21:110–8. <https://doi.org/10.1136/tobaccocontrol-2011-050371>
  • US Department of Health and Human Services. Healthy people 2020: tobacco use objectives. Washington, DC: US Department of Health and Human Services. <https://www.healthypeople.gov/2020/topics-objectives/topic/tobacco-use/objectives>
  • Lavinghouze SR, Malarcher A, Jama A, Neff L, Debrot K, Whalen L. Trends in quit attempts among adult cigarette smokers—United States, 2001–2013. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2015;64:1129–35. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6440a1>
  • Naavaal S, Malarcher A, Xu X, Zhang L, Babb S. Variations in cigarette smoking and quit attempts by health insurance among US adults in 41 states and 2 jurisdictions, 2014. Public Health Rep 2018;133:191–9. <https://doi.org/10.1177/0033354917753120>
  • Chaiton M, Diemert L, Cohen JE, et al. Estimating the number of quit attempts it takes to quit smoking successfully in a longitudinal cohort of smokers. BMJ Open 2016;6:e011045. <https://doi.org/10.1136/bmjopen-2016-011045>
  • Fiore MC, Jaen CR, Baker TB, et al. Treating tobacco use and dependence: 2008 update. Clinical practice guideline. Rockville, MD: US Department of Health and Human Services, Public Health Service; 2008.
  • Babb S, Malarcher A, Schauer G, Asman K, Jamal A. Quitting smoking among adults—United States, 2000–2015. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2017;65:1457–64. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6552a1>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ