一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2019年(Vol.68)アメリカの非喫煙就労者における職場での受動喫煙、2・・・

MMWR抄訳

rss

2019/07/12Vol. 68 / No. 27

MMWR68(27):604-607
Workplace Secondhand Tobacco Smoke Exposure Among U.S. Nonsmoking Workers, 2015

アメリカの非喫煙就労者における職場での受動喫煙、2015年

アメリカでは就労者の喫煙率は低下しているが、職場での受動喫煙は、とくに建設業など特定の業種では依然として高いままである。CDCは2015年のNational Health Interview SurveyのOccupational Health Supplementデータから、職場の禁煙対策、産業カテゴリーおよびサブカテゴリー別に非喫煙就労者の自己申告による職場での受動喫煙について分析した。その結果、2015年、過去12ヵ月以内に職場で受動喫煙にあったと回答した非喫煙就労者は19.9%であり、10.1%は頻繁に受動喫煙にあった(週に2回以上)。包括的受動喫煙防止法が民間の職場、レストラン、バーの3カ所すべてを対象にしている州の就労者における職場での頻繁な受動喫煙率は8.6%であり、制限が1カ所(12.2%)または法規制のない州(11.0%)の就労者(それぞれ12.2%、11.0%)に比べ低かった。産業カテゴリー別の受動喫煙率は修理/整備業のサブカテゴリーである商工業用機械および設備の修理/整備業にてもっとも高く(65.1%)、次いで運輸業のサブカテゴリーであるその他の運輸業(運輸に附帯するサービス業、タクシー/リムジンサービス業、トラック運輸業を除く;55.8%)にて高く、人数は建設業にてもっとも多かった。これらのカテゴリーおよびサブカテゴリーでは屋外や受動喫煙防止法が適用されてない傾向にある場所での就業が含まれている。以上、リスクの高い職場を特定し、的を絞った介入戦略を実施することが、職場での受動喫煙を減らし、就労者の健康を守ることに役立つかもしれない。

References

  • US Department of Health and Human Services. The health consequences of smoking—50 years of progress. A report of the Surgeon General. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2014. <https://www.cdc.gov/tobacco/data_statistics/sgr/50th-anniversary/index.htm>
  • Dai H, Hao J. The prevalence of exposure to workplace secondhand smoke in the United States: 2010 to 2015. Nicotine Tob Res 2017;19:1300–7.
  • Syamlal G, King BA, Mazurek JM. Tobacco product use among workers in the construction industry, United States, 2014–2016. Am J Ind Med 2018;61:939–51. <https://doi.org/10.1002/ajim.22907>
  • Tynan MA, Holmes CB, Promoff G, Hallett C, Hopkins M, Frick B. State and local comprehensive smoke-free laws for worksites, restaurants, and bars—United States, 2015. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2016;65:623–6. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6524a4>
  • Tsai J, Homa DM, Gentzke AS, et al. Exposure to secondhand smoke among nonsmokers—United States, 1988–2014. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2018;67:1342–6. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6748a3>
  • Hutchings SJ, Rushton L; British Occupational Cancer Burden Study Group. Occupational cancer in Britain. Industry sector results. Br J Cancer 2012;107(Suppl 1):S92–103. <https://doi.org/10.1038/bjc.2012.123>
  • Hammond SK, Sorensen G, Youngstrom R, Ockene JK. Occupational exposure to environmental tobacco smoke. JAMA 1995;274:956–60. <https://doi.org/10.1001/jama.1995.03530120048040>
  • Syamlal G, King BA, Mazurek JM. Tobacco use among working adults— United States, 2014–2016. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2017;66:1130–5. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6642a2>
  • Syamlal G, King BA, Mazurek JM. Workplace smoke-free policies and cessation programs among U.S. working adults. Am J Prev Med 2019;56:548–62. <https://doi.org/10.1016/j.amepre.2018.10.030>
  • Castellan RM, Chosewood LC, Trout D, et al. Current intelligence bulletin 67: promoting health and preventing disease and injury through workplace tobacco policies. Morgantown, WV: US Department of Health and Human Services, CDC, National Institute for Occupational Safety and Health; 2015. <https://www.cdc.gov/niosh/docs/2015-113/pdfs/FY15_CIB-67_2015-113_v3.pdf?id=10.26616/NIOSHPUB2015113>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ