一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2019年(Vol.68)HIV新規診断例の大多数を占める50の地方管轄区域・・・

MMWR抄訳

rss

2019/06/28Vol. 68 / No. 25

MMWR68(25):561-567
HIV Testing in 50 Local Jurisdictions Accounting for the Majority of New HIV Diagnoses and Seven States with Disproportionate Occurrence of HIV in Rural Areas, 2016–2017

HIV新規診断例の大多数を占める50の地方管轄区域と農村部にてHIVの不均衡な発症を認める7州におけるHIV検査、2016年~2017年

2006年以降、CDCはすべての人に対し少なくとも1回の医療機関でのヒト免疫不全ウイルス(HIV)検査、感染リスクが高い人には少なくても年に1回のHIV再検査をするように推奨しているが、全国調査およびHIVサーベイランスのデータによれば、これらの推奨は十分に行われていない。Ending the HIV Epidemicイニシアティブでは2020年~2030年の新規感染例を90%減少させることを目的としており、2016年~2017年の新規HIV感染診断例の大多数がいる50の地方管轄区域(48郡、ワシントンDC、プエルトリコのサンフアン)と他の州に比べ農村部において不均衡なHIVの発症を認める7州(アラバマ州、アーカンソー州、ケンタッキー州、ミシシッピ州、ミズーリ州、オクラホマ州、サウスカロライナ州)にて集中的に行われている。今回、CDCはBehavioral Risk Factor Surveillance System(BRFSS)データより、アメリカ全土、50の地方管轄区域および7州においてHIV検査を受けた成人を調査した。その結果、2016年~2017年にて、アメリカ全土では18歳以上の成人のうち38.9%がHIV検査を受けたことがあり、少なくとも年1回の再検査が推奨されるHIVリスクのある15,701人(3.2%)のうち64.8%が検査を受けたことがあり、29.2%が昨年検査を受けていた。また、50の地方管轄区域と7州ではそれぞれ46.9%、35.5%が検査を受けたことがあり、HIVリスク例の昨年の検査率は各34.3%、26.2%であった。7州では、都市部の37.2%、農村部の32.1%が検査を受けたことがあり、HIVリスク例では都市部の29.0%、農村部の18.4%が昨年検査を受けていた。50地方管轄区域において検査を受けたことのある18歳以上の成人の割合は36.5%(アリゾナ州マリコパ郡)~70.7%(ワシントンDC)、昨年の検査率(HIVリスクと無関係)は8.1%(カリフォルニア州アラメダ郡)~31.3%(ニューヨーク州ブロンクス郡)であった。7州において検査を受けたことのある18歳以上の成人の割合は29.7%(オクラホマ州:都市部30.7%、農村部27.8%)~40.2%(ミシシッピ州:都市部44.3%、農村部35.4%)、昨年の検査率は6.8%(オクラホマ州:都市部7.4%、農村部5.7%)~12.7%(ミシシッピ州:都市部14.3%、農村部10.9%)であった。また、50地方管轄区域および7州においてHIV検査を受けたことがある18歳以上の成人の割合は、13歳以上のHIV診断率が高いほど高かった。以上、HIV検査率は管轄区域により異なるが、HIV診断率の低い区域にて低かった。アメリカにおけるHIVの流行を終結させるには、地域ごとのニーズに戦略を合わせることが求められ、HIV検査を受けたことのない成人に対しては新たな検査アプローチが必要かもしれない。

References

  • Branson BM, Handsfield HH, Lampe MA, et al. Revised recommendations for HIV testing of adults, adolescents, and pregnant women in health-care settings. MMWR Recomm Rep 2006;55(No. RR-14).
  • DiNenno EA, Prejean J, Irwin K, et al. Recommendations for HIV screening of gay, bisexual, and other men who have sex with men—United States, 2017. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2017;66:830–2. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6631a3>
  • Pitasi MA, Delaney KP, Oraka E, et al. Interval since last HIV test for men and women with recent risk for HIV infection—United States, 2006–2016. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2018;67:677–81. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6724a2>
  • Dailey AF, Hoots BE, Hall HI, et al. Vital signs: human immunodeficiency virus testing and diagnosis delays—United States. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2017;66:1300–6. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6647e1>
  • Fauci AS, Redfield RR, Sigounas G, Weahkee MD, Giroir BP. Ending the HIV epidemic: a plan for the United States. JAMA 2019;321:844–5. <https://doi.org/10.1001/jama.2019.1343>
  • Sullivan PS, Lyons MS, Czarnogorski M, Branson BM. Routine screening for HIV infection in medical care settings: a decade of progress and next opportunities. Public Health Rep 2016;131(Suppl 1):1–4. <https://doi.org/10.1177/00333549161310S101>
  • Golden MR, Katz DA, Dombrowski JC. Modernizing field services for human immunodeficiency virus and sexually transmitted infections in the United States. Sex Transm Dis 2017;44:599–607. <https://doi.org/10.1097/OLQ.0000000000000652>
  • Kachur R, Hall W, Coor A, Kinsey J, Collins D, Strona FV. The use of technology for sexually transmitted disease partner services in the United States: a structured review. Sex Transm Dis 2018;45:707–12. <https://doi.org/10.1097/OLQ.0000000000000864>
  • Weidle PJ, Lecher S, Botts LW, et al. HIV testing in community pharmacies and retail clinics: a model to expand access to screening for HIV infection. J Am Pharm Assoc 2014;54:486–92. <https://doi.org/10.1331/JAPhA.2014.14045>
  • Katz DA, Golden MR, Hughes JP, Farquhar C, Stekler JD. HIV self-testing increases HIV testing frequency in high-risk men who have sex with men: a randomized controlled trial. J Acquir Immune Defic Syndr 2018;78:505–12. <https://doi.org/10.1097/QAI.0000000000001709>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ