一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2019年(Vol.68)ツベルクリン皮膚反応検査抗原の全国的な不足:患者ケ・・・

MMWR抄訳

rss

2019/06/21Vol. 68 / No. 24

MMWR68(24):552-553
Nationwide Shortage of Tuberculin Skin Test Antigens: CDC Recommendations for Patient Care and Public Health Practice

ツベルクリン皮膚反応検査抗原の全国的な不足:患者ケアと公衆衛生の実施に関するCDCの推奨

CDCは、ツベルクリン皮膚反応検査(TST)用にFDAから認可された2つの精製タンパク質誘導体ツベルクリン抗原のうちの1つでPar Pharmaceutical社の製品であるAplisolが、全国的に3~10カ月不足すると予想している。この期間は製造業者の現在の予測であり、変更される可能性もある。製造業者は、2019年6月にAplisol 5 mL(50回バイアル)の供給停止が始まり、続いて2019年11月にAplisol 1mL(10回バイアル)の供給が停止される予測であるとCDCに通知した。それ以前に需要が増加した場合、Aplisol 1mLの不足は11月より前に発生する可能性がある。この供給停止状況に関する情報は、FDAのウェブサイトCenter for Biologics Evaluation and Research-Regulated Products: Current Shortages (https://www.fda.gov/vaccines-blood-biologics/safety-availability-biologics/cber-regulated-products-current-shortages)で更新される予定である。結核(TB)菌感染の検出には、2種類の免疫学的方法[TST、インターフェロン-γ遊離試験(IGRA)血液検査]が使用される。TSTおよびIGRAは潜在性TB感染症の診断に使用され、TB疾患の診断に役立つが、適切な治療法を決定するためには潜在性TB感染症とTB疾患を鑑別するための追加の評価および検査が必要である。CDCは、予想されるAplisolの不足によるTB検査の低減を緩和するため、以下の3つの一般的な方法を推奨している。すなわち、1) TSTの代わりにIGRA血液検査を使用、2)検査にはAplisolの代わりにTubersolを使用、3) 州および地方の公衆衛生当局と協議して、TSTの割り当てに優先順位を付け、TBのリスクの高い人[TB患者に最近接触した人、TB疾患が流行国で出生または流行国に頻繁に渡航する人、大人数の中で生活をしている/または経験者(ホームレス、矯正施設収容者など)、免疫力の弱い人、5歳未満の小児など]のみに対して検査を行う、である。TBに感染する可能性が低い場合は、定期検査の延期は、公共の保険機関や労働衛生当局に相談して検討すべきである。医療従事者の年1回TB検査は、既知の曝露または進行中の感染がない限り推奨されない。

References

  • CDC Health Alert Network. Nationwide shortage of tuberculin skin test antigens: CDC recommendations for patient care and public health practice. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2019. <https://emergency.cdc.gov/han/han00420.asp?deliveryName=DM1457>
  • Lewinsohn DM, Leonard MK, LoBue PA, et al. Official American Thoracic Society/Infectious Diseases Society of America/Centers for Disease Control and Prevention clinical practice guidelines: diagnosis of tuberculosis in adults and children. Clin Infect Dis 2017;64:e1–33. <https://doi.org/10.1093/cid/ciw694>
  • Mazurek GH, Jereb J, Vernon A, LoBue P, Goldberg S, Castro K; IGRA Expert Committee; CDC. Updated guidelines for using interferon gamma release assays to detect Mycobacterium tuberculosis infection—United States, 2010. MMWR Recomm Rep 2010;59(No. RR-5).
  • Nahid P, Dorman SE, Alipanah N, et al. Official American Thoracic Society/Centers for Disease Control and Prevention/Infectious Diseases Society of America clinical practice guidelines: treatment of drug-susceptible tuberculosis. Clin Infect Dis 2016;63:e147–95. <https://doi.org/10.1093/cid/ciw376>
  • Villarino ME, Burman W, Wang YC, et al. Comparable specificity of 2 commercial tuberculin reagents in persons at low risk for tuberculous infection. JAMA 1999;281:169–71. <https://doi.org/10.1001/jama.281.2.169>
  • American Thoracic Society; CDC. Targeted tuberculin testing and treatment of latent tuberculosis infection. MMWR Recomm Rep 2000;49(No. RR-6).
  • CDC. Guidelines for the investigation of contacts of persons with infectious tuberculosis; recommendations from the National Tuberculosis Controllers Association and CDC, and guidelines for using the QuantiFERON®-TB Gold test for detecting Mycobacterium tuberculosis infection, United States. MMWR Recomm Rep 2005;54(No. RR-15).
  • Bibbins-Domingo K, Grossman DC, Curry SJ, et al.; US Preventive Services Task Force. Screening for latent tuberculosis infection in adults: US Preventive Services Task Force recommendation statement. JAMA 2016;316:962–9. <https://doi.org/10.1001/jama.2016.11046>
  • Sosa LE, Njie GJ, Lobato MN, et al. Tuberculosis screening, testing, and treatment of U.S. health care personnel: recommendations from the National Tuberculosis Controllers Association and CDC, 2019. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2019;68:439–43. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6819a3>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ