一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2019年(Vol.68)バイタルサイン:ヒトの狂犬病による死亡および感染の・・・

MMWR抄訳

rss

2019/06/14Vol. 68 / No. 23

MMWR68(23):524-528
Vital Signs: Trends in Human Rabies Deaths and Exposures — United States, 1938–2018

バイタルサイン:ヒトの狂犬病による死亡および感染の動向 ― アメリカ、1938年~2018年

1938年~2018年のアメリカにおける狂犬病の動向について、U.S. Rabies Surveillanceデータが分析され、さらに2006年~2014年のアメリカ医療研究品質局(The Agency for Healthcare Research and Quality’s)のHealthcare Cost and Utilization Project’s(HCUP)データにより、2017~2018年の人口10万人あたりの曝露後予防(PEP)受診数が推定された。1938年~2018年、アメリカでのヒトの狂犬病は588例報告されたが、イヌの狂犬病ワクチン接種によるイヌ狂犬病ウイルス変異株(CRVV)の排除により、同期間におけるヒトの狂犬病症例は約1/10に減少した。1960年~2018年の報告数は125例であり、臓器移植6例を含む89例は国内感染であり、62例(70%)はコウモリの狂犬病ウイルス変異株によるものであった。また、36例(28%)は海外旅行中にイヌから感染した狂犬病により死亡した。2017~2018年、狂犬病曝露の可能性による受診者は年平均55,000例(45,453~66,000例)であり、狂犬病PEPの費用は1例あたり平均3,800ドル(1,200~6,500ドル、病院での治療や創傷治療費は含まず)、年間推定費用は2億900万ドル(6600万~3億5800万ドル)であった。2003年以降、アメリカの公衆衛生システムでは1年あたり約2例の死亡例、175件の集団コウモリ曝露イベントおよび1匹の狂犬病犬の輸入に対応している。CDCの推定では、毎年約106万匹の犬がアメリカに入国し、そのうち107,000匹(10%)はCRVVの流行国からの輸入であり、アメリカへのCRVV再導入リスクを示している。2015年以降、狂犬病ハイリスク国から引き取られた保護犬から3匹のイヌ狂犬病が輸入されている。イヌ狂犬病の輸入事例でヒトやペットへの疾患拡大を防止するためにかかる公衆衛生対応および医療費は、1事例あたり213,833ドル(171,066~236,599ドル)と推定されている。狂犬病に関連する公衆衛生緊急対応活動にかかる総費用は年間760万ドル(260万~1,290万ドル)と推定される。アメリカでは野生動物、とくにコウモリがヒトにもたらす狂犬病のリスクが継続しており、狂犬病が発生している国への旅行による感染リスクもあるため注意が必要である。ペットの予防接種、野生動物との接触を避ける、動物に噛まれたり引っ掻かれたりした場合には受診することなどが狂犬病予防に有効な方法であり、また、死亡を防ぐにはPEPを適時に受ける必要性を認識しておくことが重要である。

References

  • Ma X, Monroe BP, Cleaton JM, et al. Rabies surveillance in the United States during 2017. J Am Vet Med Assoc 2018;253:1555–68. <https://doi.org/10.2460/javma.253.12.1555>
  • CDC. Use of a reduced (4-dose) vaccine schedule for post exposure prophylaxis to prevent human rabies. MMWR Recomm Rep 2010;59(No. RR-2).
  • Hampson K, Coudeville L, Lembo T, et al.; Global Alliance for Rabies Control Partners for Rabies Prevention. Estimating the global burden of endemic canine rabies. PLoS Negl Trop Dis 2015;9:e0003709. <https://doi.org/10.1371/journal.pntd.0003709>
  • Steele JH, Tierkel ES. Rabies problems and control. Public Health Rep 1949;64:785–96. <https://doi.org/10.2307/4586998>
  • Rubin RH, Sullivan L, Summers R, Gregg MB, Sikes RK. A case of human rabies in Kansas: epidemiologic, clinical, and laboratory considerations. J Infect Dis 1970;122:318–22. <https://doi.org/10.1093/infdis/122.4.318>
  • Velasco-Villa A, Escobar LE, Sanchez A, et al. Successful strategies implemented towards the elimination of canine rabies in the Western Hemisphere. Antiviral Res 2017;143:1–12. <https://doi.org/10.1016/j.antiviral.2017.03.023>
  • Nettles VF, Shaddock JH, Sikes RK, Reyes CR. Rabies in translocated raccoons. Am J Public Health 1979;69:601–2. <https://doi.org/10.2105/AJPH.69.6.601>
  • Bradley CA, Altizer S. Urbanization and the ecology of wildlife diseases. Trends Ecol Evol 2007;22:95–102. <https://doi.org/10.1016/j.tree.2006.11.001>
  • Christian KA, Blanton JD, Auslander M, Rupprecht CE. Epidemiology of rabies post-exposure prophylaxis—United States of America, 2006– 2008. Vaccine 2009;27:7156–61. <https://doi.org/10.1016/j.vaccine.2009.09.028>
  • Dato VM, Campagnolo ER, Long J, Rupprecht CE. A systematic review of human bat rabies virus variant cases: evaluating unprotected physical contact with claws and teeth in support of accurate risk assessments. PLoS One 2016;11:e0159443. <https://doi.org/10.1371/journal.pone.0159443>
  • Moran GJ, Talan DA, Mower W, et al.; Emergency ID Net Study Group. Appropriateness of rabies postexposure prophylaxis treatment for animal exposures. JAMA 2000;284:1001–7. <https://doi.org/10.1001/jama.284.8.1001>
  • Mattingly J. Understanding drug pricing. US Pharm 2012;37:40–5.
  • Centers for Medicare & Medicaid Services. 2019 ASP drug pricing files. Baltimore, MD: US Department of Health and Human Services, Centers for Medicare & Medicaid Services; 2019. <https://www.cms.gov/Medicare/Medicare-Fee-for-Service-Part-B-Drugs/McrPartBDrugAvgSalesPrice/2019ASPFiles.html>
  • Dhankhar P, Vaidya SA, Fishbien DB, Meltzer MI. Cost effectiveness of rabies post exposure prophylaxis in the United States. Vaccine 2008;26:4251–5. <https://doi.org/10.1016/j.vaccine.2008.05.048>
  • CDC. Guidance regarding agency interpretation of “rabies-free” as it relates to the importation of dogs into the United States. Notice. Fed Regist 2019;84:724-30.
  • Hsu CH, Brown CM, Murphy JM, et al. Perceptions and practices of mass bat exposure events in the setting of rabies among U.S. public health agencies. Zoonoses Public Health 2017;64:127-36. <https://doi.org/10.1111/zph.12289>
  • CDC. Workshop summary: prioritizing zoonotic diseases for multisectoral, One Health collaboration in the United States. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2019. <https://www.cdc.gov/onehealth/pdfs/us-ohzdp-report-508.pdf>
  • May K. “Anti-vaxxers” and pet health. AMVA@Work. Schaumburg, IL: American Veterinary Medical Association; 2015. <https://atwork.avma.org/2015/02/06/anti-vaxxers-pet-health/>
  • Coleman PG, Dye C. Immunization coverage required to prevent outbreaks of dog rabies. Vaccine 1996;14:185–6. <https://doi.org/10.1016/0264-410X(95)00197-9>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ