一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2019年(Vol.68)慢性閉塞性肺疾患と喫煙状態 ― アメリカ、2017・・・

MMWR抄訳

rss

2019/06/21Vol. 68 / No. 24

MMWR68(24):533-538
Chronic Obstructive Pulmonary Disease and Smoking Status — United States, 2017

慢性閉塞性肺疾患と喫煙状態 ― アメリカ、2017年

アメリカでは、喫煙は慢性閉塞性肺疾患(COPD)の主な原因であるが、COPD成人の推定4分の1には喫煙経験がない。今回、CDCは、2017年のBehavioral Risk Factor Surveillance System(BRFSS)のデータを州別に分析した。2017年のCOPDの全体的な年齢調整後の有病率は6.2%で、範囲は3.4%(ハワイ州)~13.8%(ウェストバージニア州)であった。有病率は、女性、高齢者、アメリカ先住民/アラスカ先住民、学歴が低い人、地方の居住者、喘息の既往歴のある人、低体重または肥満の人、過去30日間に余暇の身体活動をしていない人、他に慢性疾患のある人で高く、同様のパターンが喫煙状態に関係なく認められた。現在喫煙者全体における年齢調整後のCOPD有病率は15.2%、範囲は7.8%(ハワイ州)~25.9%(ウェストバージニア州)であった。元喫煙者における年齢調整後のCOPD有病率は7.6%、範囲は4.7%(ハワイ州)~15.1%(ウェストバージニア州)であった。喫煙経験のない成人における年齢調整後のCOPD有病率は2.8%、範囲は1.6%(ミネソタ州)~6.0%(ウェストバージニア州)であった。現在喫煙者のCOPD有病率は南東部の州および中西部の州で最も高かった。喫煙経験のない成人におけるCOPD有病率の高い州は南東部に集中していた。現在喫煙者における州別のCOPD有病率は、州別の現在喫煙率と強く相関しており、元喫煙者および喫煙経験のない成人における州別のCOPD有病率もまた、州レベルの現在の喫煙率と強く相関を認めた。包括的な禁煙政策をはじめとする集団ベースでの喫煙の予防およびコントロールの戦略は、非喫煙者を含むCOPDの有病率を減少させる可能性がある。症状のある喫煙者でCOPDが考えられる患者には、喫煙歴にかかわらず、医師は禁煙サポートをすべきである。

References

  • CDC. Chronic obstructive pulmonary disease among adults—United States, 2011. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2012;61:938–43.
  • Ford ES, Croft JB, Mannino DM, Wheaton AG, Zhang X, Giles WH. COPD surveillance—United States, 1999–2011. Chest 2013;144:284–305. <https://doi.org/10.1378/chest.13-0809>
  • Croft JB, Wheaton AG, Liu Y, et al. Urban-rural county and state differences in chronic obstructive pulmonary disease—United States, 2015. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2018;67:205–11. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6707a1>
  • Salvi SS, Barnes PJ. Chronic obstructive pulmonary disease in non-smokers. Lancet 2009;374:733–43. <https://doi.org/10.1016/S0140-6736(09)61303-9>
  • US Department of Health and Human Services. The health consequences of smoking—50 years of progress: a report of the Surgeon General. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2014. <https://www.surgeongeneral.gov/library/reports/50-years-of-progress/full-report.pdf>
  • Diver WR, Jacobs EJ, Gapstur SM. Secondhand smoke exposure in childhood and adulthood in relation to adult mortality among never smokers. Am J Prev Med 2018;55:345–52. <https://doi.org/10.1016/j.amepre.2018.05.005>
  • US Department of Health and Human Services. The health consequences of involuntary exposure to tobacco smoke: a report of the Surgeon General. Atlanta, GA: U.S. Department of Health and Human Services, CDC; 2006. <https://www.ncbi.nlm.nih.gov/books/NBK44324/>
  • Fiore MC, Jaen CR, Baker TB, et al. Treating tobacco use and dependence: 2008 update. Clinical practice guideline. Rockville, MD: US Department of Health and Human Services, Public Health Service; 2008. <https://www.ncbi.nlm.nih.gov/books/NBK63952/>
  • Qaseem A, Wilt TJ, Weinberger SE, et al.; American College of Physicians; American College of Chest Physicians; American Thoracic Society; European Respiratory Society. Diagnosis and management of stable chronic obstructive pulmonary disease: a clinical practice guideline update from the American College of Physicians, American College of Chest Physicians, American Thoracic Society, and European Respiratory Society. Ann Intern Med 2011;155:179–91. <https://doi.org/10.7326/0003-4819-155-3-201108020-00008>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ