一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2019年(Vol.68)男性同性間性的接触者のHIV検査を増加させるための・・・

MMWR抄訳

rss

2019/05/31Vol. 68 / No. 21

MMWR68(21):478-482
Using Social Media To Increase HIV Testing Among Men Who Have Sex with Men — Beijing, China, 2013–2017

男性同性間性的接触者のHIV検査を増加させるためのソーシャルメディアの利用 ― 中国、北京、2013年~2017年

中国におけるHIV感染症の有病率は全体では0.06%と低いが、男性同性間性的接触者(MSM)では8.0%と高いことから、2015年にU.S. President’s Emergency Plan for AIDS Relief(PEPFAR)の支援を受けるCDCのChina HIV programでは北京を拠点とするMSM向けのオンライン出会い系アプリであるBluedを利用して、HIV検査を推進するキャンペーンを行った。Bluedは2012年に開始され、2016年の時点で約2,700万人がユーザー登録し、毎月1,200万人の中国人ユーザーが使用している。このソーシャルメディアによるキャンペーンの影響を評価するため、2013年~2017年におけるHIV検査の状況が分析された。キャンペーンは2015年3月に開始し、その月のHIV検査数は145件で1月~2月の計82件から77%増加した。2015年全体でのHIV検査数は3,363件であった(2013年:836件、2014年:425件)。その後も検査数は増加し、2016年は6,330回、2017年は7,315回であった。2015年~2017年に15,932名のMSMが累積17,008回のHIV検査を受けた。年齢中央値は27歳(四分位範囲=24~31歳)、14,050名(88.2%)が35歳以下であり、2,693名(16.9%)は大学生であった。半数近く(44.8%)にHIV検査歴がなく、68%はBluedを利用したキャンペーンメッセージや広告に埋め込んだリンクからHIV検査を予約していた。検査を受けた15,932名中、陽性例は723名(4.5%)であり、このうち515名(71.2%)にBluedが情報源として貢献していた。HIV陽性率は36歳以上(7.0%)と35歳以下(4.2%)、大学生(2.2%)と大学生以外(5.0%)、初回検査例(5.1%)と複数回検査例(4.1%)にて有意差を認めた。また、Blued利用者での陽性率(4.8%)は、友人に勧められた人の陽性率(5.6%)に次ぎ高率であった。多変量解析ではHIV陽性率は36歳以上および初回検査者にて有意に高く、大学生にて有意に低かった。以上、Bluedを利用したオンラインキャンペーンによりMSMにおけるHIV検査率が増加し、とくに35歳以下にてソーシャルメディア活用の有用性が示された。

References

  • National Health and Family Planning Commission of the People’s Republic of China. 2015 China AIDS response progress report. Beijing, China; 20–15. <http://www.unaids.org/sites/default/files/country/documents/CHN_narrative_report_2015.pdf>
  • Tang S, Tang W, Meyers K, Chan P, Chen Z, Tucker JD. HIV epidemiology and responses among men who have sex with men and transgender individuals in China: a scoping review. BMC Infect Dis 2016;16:588. <https://doi.org/10.1186/s12879-016-1904-5>
  • Wu Z, Xu J, Liu E, et al.; National MSM Survey Group. HIV and syphilis prevalence among men who have sex with men: a cross-sectional survey of 61 cities in China. Clin Infect Dis 2013l;57:298–309. <https://doi.org/10.1093/cid/cit210>
  • Wong FY, Huang ZJ, Wang W, et al. STIs and HIV among men having sex with men in China: a ticking time bomb? AIDS Educ Prev 2009;21:430–46. <https://doi.org/10.1521/aeap.2009.21.5.430>
  • CDC. National HIV Testing Day and new testing recommendations. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2014;63:537.
  • Statista.com. Number of smartphone users in China from 2017 to 2023 (in millions). Hamburg, Germany: Statista GmbH; 2019. <https://www.statista.com/statistics/467160/forecast-of-smartphone-users-in-china/>
  • Zou H, Fan S. Characteristics of men who have sex with men who use smartphone geosocial networking applications and implications for HIV interventions: a systematic review and meta-analysis. Arch Sex Behav 2017;46:885–94. <https://doi.org/10.1007/s10508-016-0709-3>
  • Mao X, Wang Z, Hu Q, et al. HIV incidence is rapidly increasing with age among young men who have sex with men in China: a multicentre cross-sectional survey. HIV Med 2018. Epub June 19, 2018. <https://onlinelibrary.wiley.com/doi/full/10.1111/hiv.12623>
  • Wang X. Students face rising risk of HIV/AIDS infection. China Daily, December 1, 2017. <http://www.chinadaily.com.cn/china/2017-12/01/content_35148391.htm>
  • Bien CH, Best JM, Muessig KE, Wei C, Han L, Tucker JD. Gay apps for seeking sex partners in China: implications for MSM sexual health. AIDS Behav 2015;19:941–6. <https://doi.org/10.1007/s10461-014-0994-6>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ