一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2019年(Vol.68)インデックス症例との接触者におけるヒト免疫不全ウイ・・・

MMWR抄訳

rss

2019/05/31Vol. 68 / No. 21

MMWR68(21):474-477
Scaling Up Testing for Human Immunodeficiency Virus Infection Among Contacts of Index Patients — 20 Countries, 2016–2018

インデックス症例との接触者におけるヒト免疫不全ウイルス感染症検査の規模拡大 ― 20カ国、2016年~2018年

2017年、Joint United Nations Programme on HIV/AIDS(UNAIDS)は全世界で3,690万人がヒト免疫不全ウイルス(HIV)感染症とともに生きている人であると推定しており、HIV感染症は後天性免疫不全症候群(AIDS)の原因となる。HIV感染者のうち約75%は自分のHIV感染をわかっているが、残りの約940万人は感染症の診断を受けていない。インデックス検査は、HIV検査陽性の人に接触した人を対象としてHIV感染者を効率的にみつける戦略であり、今回、2016年10月1日~2018年3月31日にU.S. President’s Emergency Plan for AIDS Relief (PEPFAR)を通じてCDCが支援した20カ国におけるインデックス検査を用いたHIV検査のデータを報告する。この期間、計1,700,998名(15歳以上:889,599名、15歳未満:799,976名)が検査を受け、99,021名(15歳以上:87,266、15歳未満:11,814)が陽性であった(陽性率:5.8%、15歳以上:9.8%、15歳未満:1.5%)。国別の陽性率は15歳未満では0.7%(ケニア)~24.5%(南スーダン)、15歳以上では2.8%(ルワンダ)~29.1%(南スーダン)であった。この報告の対象期間を会計四半期毎の6期間で分けると、20カ国でHIVインデックス検査を受けた人数は第1期の166,108名から第6期の356,573名、陽性例は8,186名から27,893名に3倍以上増加し、陽性率は全体で4.9%から7.8%、15歳以上では7.6%から12.5%、15歳未満では1.2%から2.0%へ増加した。また、検査を受けた人は男性497,309名、女性628,669名、不明485,815名、平均陽性率は男性6.8%、女性7.5%であり、男女ともに陽性率は10~14歳にてもっとも低く(男性:1.1%、女性:1.3%)、25~49歳にてもっとも高かった(男性13.0%、女性13.5%)。インデックス検査サービスの拡大により、HIV感染症者が自己の感染を知り、抗レトロウイルス療法を開始する機会を増やし、結果的にウイルスを感染させる可能性のある人を減らすことができるかもしれない。

References

  • Joint United Nations Programme on HIV/AIDS (UNAIDS). AIDSinfo. Geneva, Switzerland: UNAIDS; 2019 <http://aidsinfo.unaids.org/>
  • Joint United Nations Programme on HIV/AIDS (UNAIDS). Ending AIDS: progress towards the 90–90–90 targets. Geneva, Switzerland: UNAIDS; 2017. <https://www.unaids.org/en/resources/documents/2017/20170720_Global_AIDS_update_2017>
  • US President’s Emergency Plan for AIDS Relief (PEPFAR). Latest results: population-based HIV impact assessments. Washington, DC: PEPFAR; 2018. <https://www.pepfar.gov/documents/organization/284729.pdf>
  • US President’s Emergency Plan for AIDS Relief (PEPFAR). PEPFAR funding. Washington, DC: PEPFAR; 2018. <https://www.pepfar.gov/documents/organization/252516.pdf>
  • US President’s Emergency Plan for AIDS Relief (PEPFAR). PEPFAR latest global results. Washington, DC: PEPFAR; 2018. <https://www.pepfar.gov/documents/organization/276321.pdf>
  • Rutstein SE, Brown LB, Biddle AK, et al. Cost-effectiveness of provider-based HIV partner notification in urban Malawi. Health Policy Plan 2014;29:115–26. <https://doi.org/10.1093/heapol/czs140>
  • Dalal S, Johnson C, Fonner V, et al. Reaching people with undiagnosed HIV infection through assisted partner notification. AIDS 2017;31:2436–7. <https://doi.org/10.1097/QAD.0000000000001631>
  • Simon KR, Flick RJ, Kim MH, et al. Family testing: an index case finding strategy to close the gaps in pediatric HIV diagnosis. J Acquir Immune Defic Syndr 2018;78(Suppl 2):S88–97. <https://doi.org/10.1097/QAI.0000000000001731>
  • Sharma M, Smith JA, Farquhar C, et al. Assisted partner notification services are cost-effective for decreasing HIV burden in western Kenya. AIDS 2018;32:233–41.
  • US President’s Emergency Plan for AIDS Relief (PEPFAR). PEPFAR monitoring, evaluation, and reporting (MER 2.0) indicator reference guide. Washington, DC: PEPFAR; 2017. <https://www.pepfar.gov/documents/organization/263233.pdf>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ