一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2019年(Vol.68)視力障害と主観的認知機能低下に関連する機能的制限 ・・・

MMWR抄訳

rss

2019/05/24Vol. 68 / No. 20

MMWR68(20):453-457
Vision Impairment and Subjective Cognitive Decline–Related Functional Limitations — United States, 2015–2017

視力障害と主観的認知機能低下に関連する機能的制限 ― アメリカ、2015年~2017年

アメリカでは約322万人に視力障害の影響あり、社会的孤立、身体障害、生活の質の低下に関連し、視力障害のある成人には認知機能低下が多く認められる。主観的認知機能低下(SCD)は、自己申告による過去12カ月以内の悪化、混乱の回数増加、物忘れの経験であり、アメリカでは45歳以上の成人の11.2%が経験している。SCDの結果の一つとして、機能的制限、特に通常の日常活動に関連した制限が発生するが、視覚障害者にSCD関連の機能的制限が起こりやすい傾向にあるか否かは知られていない。今回、2015年~2017年のBehavioral Risk Factor Surveillance System(BRFSS)調査を使用して、視力障害とSCD関連機能的制限の関係性について分析した。回答者全体での視力障害の有病率は6.2%、機能的制限を伴うSCDの有病率は5.5%であった。SCD関連機能的制限のない視力障害の有病率は、45~64歳の人で4.4%であったが、75歳以上では7.2%に増加した。人口動態、喫煙の有無、視力障害を調整した後では、SCD関連機能的制限の有病率は45~64歳の人の間で最も高く(6%)、65~74歳で最も低かった(4%)。さらに、非ヒスパニック系白人およびヒスパニック系の有病率が最も低く(5%)、白人以外の非ヒスパニック系で最も高かった(8%)。学歴別では、高卒未満の人におけるSCD関連機能的制限の有病率は、大学卒業者の3倍であった(各9% vs. 3%)。現喫煙者では、元喫煙者または喫煙歴のない人に比較して、SCD関連機能的制限の有病率の高さと関係していた(各9% vs. 5% vs. 4%)。人口動態および喫煙の有無を調整した後では、SCD関連機能的制限の有病率は視力障害のある成人で最も高く(18%)、視力障害がない人では4%であった。以上のことから、アメリカ成人における視力障害を予防、軽減、矯正することにより、SCD関連機能的制限の有病率減少につながるかもしれない。

References

  • CDC. Vision Health Initiative: the burden of vision loss. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2017. <https://www.cdc.gov/visionhealth/risk/burden.htm>
  • Chen SP, Bhattacharya J, Pershing S. Association of vision loss with cognition in older adults. JAMA Ophthalmol 2017;135:963–70. <https://doi.org/10.1001/jamaophthalmol.2017.2838>
  • Zheng DD, Swenor BK, Christ SL, West SK, Lam BL, Lee DJ. Longitudinal associations between visual impairment and cognitive functioning: the Salisbury Eye Evaluation Study. JAMA Ophthalmol 2018;136:989–95. <https://doi.org/10.1001/jamaophthalmol.2018.2493>
  • Taylor CA, Bouldin ED, McGuire LC. Subjective cognitive decline among adults aged ≥45 years—United States, 2015–2016. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2018;67:753–7. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6727a1>
  • Chan T, Friedman DS, Bradley C, Massof R. Estimates of incidence and prevalence of visual impairment, low vision, and blindness in the United States. JAMA Ophthalmol 2018;136:12–9. <https://doi.org/10.1001/jamaophthalmol.2017.4655>
  • Chan VTT, Sun Z, Tang S, et al. Spectral-domain OCT measurements in Alzheimer’s disease: a systematic review and meta-analysis. Ophthalmology 2019;126:497–510. <https://doi.org/10.1016/j.ophtha.2018.08.009>
  • Christ SL, Zheng DD, Swenor BK, et al. Longitudinal relationships among visual acuity, daily functional status, and mortality: the Salisbury Eye Evaluation Study. JAMA Ophthalmol 2014;132:1400–6. <https://doi.org/10.1001/jamaophthalmol.2014.2847>
  • Qiu M, Wang SY, Singh K, Lin SC. Association between visual field defects and quality of life in the United States. Ophthalmology 2014;121:733–40. <https://doi.org/10.1016/j.ophtha.2013.09.043>
  • Whitson HE, Whitaker D, Potter G, et al. A low-vision rehabilitation program for patients with mild cognitive deficits. JAMA Ophthalmol 2013;131:912–9. <https://doi.org/10.1001/jamaophthalmol.2013.1700>
  • Guthrie DM, Davidson JGS, Williams N, et al. Combined impairments in vision, hearing and cognition are associated with greater levels of functional and communication difficulties than cognitive impairment alone: analysis of interRAI data for home care and long-term care recipients in Ontario. PLoS One 2018;13:e0192971. <https://doi.org/10.1371/journal.pone.0192971>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ