一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2019年(Vol.68)黒人女性と白人女性におけるヒト免疫不全ウイルス感染・・・

MMWR抄訳

rss

2019/05/10Vol. 68 / No. 18

MMWR68(18):416-418
Disparities in Incidence of Human Immunodeficiency Virus Infection Among Black and White Women — United States, 2010–2016

黒人女性と白人女性におけるヒト免疫不全ウイルス感染症罹患率の差異 ― アメリカ、2010年~2016年

思春期および成人女性におけるヒト免疫不全ウイルス(HIV)感染症の罹患率は、2010年から2016年にかけて減少し、黒人女性での減少(21%) が最大であった。 しかし、2016年、黒人女性はアメリカの女性人口に占める割合は13%であったが、新規HIV感染症女性の60%が黒人女性であり、人種間格差が継続していることを示している。CDCは、2010年から2016年までのアメリカにおける黒人女性と白人女性とのHIV感染症の差異の傾向を評価するため、人口寄与率(PAP)の差異を算出した。HIV Supplemental Surveillance Reportから年齢13歳以上の女性のHIV罹患率および有病率の推定値を使用し、黒人女性と白人女性との人種差(黒人-白人差異)がない場合の罹患率と推定された罹患率とを比較した。HIV感染症の人口10万人あたりの推定罹患率は、黒人の成人および思春期女性では2010年~2016年の間に、32.5人から24.4人に減少し、白人の成人および思春期の女性では、2010年(1.6人)と2016年(1.6人)に差はなく、範囲は1.4人~1.7人であった。また、PAPの格差値は2010年の0.75から2016年では0.70へ低下し、この変化は黒人女性の罹患率が白人女性と同じであった場合、黒人および白人女性におけるHIV感染症の年間罹患率は、2017年では75%、2016年では70%低下した可能性がある。2010年から2016年にかけてのPAP格差値の7%の減少は、黒人女性と白人女性との人種的差によるHIV感染症の罹患率が、この期間で約7%減少したことを示している。したがって、2016年には、黒人女性と白人女性の罹患率が同じであれば、黒人女性の4,200人のHIV感染症罹患者のうち、推定で3,900人(93%)がHIV感染症に罹患しなかった可能性がある。これらの格差を解消し、黒人女性のHIV感染症を減少させるために、HIVに関連した格差に関連する社会的および構造的な決定要因を特定し、対処するための継続的な努力が必要である。

References

  • CDC. Estimated HIV incidence and prevalence in the United States, 2010–2016. HIV surveillance supplemental report, vol. 24, no. 1. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2019. <https://www.cdc.gov/hiv/pdf/library/reports/surveillance/cdc-hiv-surveillance-supplemental-report-vol-24-1.pdf>
  • Chesson HW, Patel CG, Gift TL, Aral SO. Trends in selected measures of racial and ethnic disparities in gonorrhea and syphilis in the United States, 1981–2013. Sex Transm Dis 2016;43:661–7. <https://doi.org/10.1097/OLQ.0000000000000518>
  • Keppel KG, Pearcy JN, Klein RJ. Measuring progress in Healthy People 2010. Health People 2010 statistical notes, no. 25. Hyattsville, MD: US Department of Health and Human Services, CDC, National Center for Health Statistics; 2004. <https://www.cdc.gov/nchs/data/statnt/statnt25.pdf>
  • McCree DH, Sutton M, Bradley E, Harris N. Changes in the disparity of HIV diagnosis rates among black women—United States, 2010–2014. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2017;66:104–6. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6604a3>
  • White House Office of National AIDS Policy. National HIV/AIDS strategy for the United States: updated to 2020. Washington, DC: White House Office of National AIDS Policy; 2015. <https://files.hiv.gov/s3fs-public/nhas-update.pdf>
  • Aral SO, Adimora AA, Fenton KA. Understanding and responding to disparities in HIV and other sexually transmitted infections in African Americans. Lancet 2008;372:337–40. <https://doi.org/10.1016/S0140-6736(08)61118-6>
  • Fleming DT, Wasserheit JN. From epidemiological synergy to public health policy and practice: the contribution of other sexually transmitted diseases to sexual transmission of HIV infection. Sex Transm Infect 1999;75:3–17. <https://doi.org/10.1136/sti.75.1.3>
  • Dailey AF, Hoots BE, Hall HI, et al. Vital signs: human immunodeficiency virus testing and diagnosis delays—United States. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2017;66:1300–6. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6647e1>
  • Crepaz N, Tang T, Marks G, Hall HI. Viral suppression patterns among persons in the United States with diagnosed HIV infection in 2014. Ann Intern Med 2017;167:446–7. <https://doi.org/10.7326/L17-0278>
  • Crepaz N, Dong X, Wang X, Hernandez AL, Hall HI. Racial and ethnic disparities in sustained viral suppression and transmission risk potential among persons receiving HIV care—United States, 2014. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2018;67:113–8. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6704a2>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ