一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2019年(Vol.68)全身性エリテマトーデスに関連した死亡率の人種的格差・・・

MMWR抄訳

rss

2019/05/10Vol. 68 / No. 18

MMWR68(18):419-422
Racial Disparities in Mortality Associated with Systemic Lupus Erythematosus — Fulton and DeKalb Counties, Georgia, 2002–2016

全身性エリテマトーデスに関連した死亡率の人種的格差 ― フルトン郡およびディカーブ郡、ジョージア州、2002年~2016年

全身性エリテマトーデス(SLE)は慢性の全身性自己免疫疾患で、診断の遅れにつながる非特異的な症状を頻繁に伴う。 この病気は、女性と少数民族に偏って影響を及ぼす。また、SLEを有する黒人は、より重篤な疾患を有し、より早い年齢でSLE発症する。 SLE治療の進歩により、5年生存率が1955年の50%から2000年代の約90%へと増加したにもかかわらず、SLE患者の早期死亡はいまだにあり、疾患の重症度、感染症、 循環器疾患の結果としてよく認められる。 死亡証明書データに基づく既存のSLE死亡率の推定値は少なく見積もられていることがわかっているため、人口ベースのGeorgia Lupus Registryの2002年~2004年のデータを使用してSLE死亡率を分析した。2002年から2004年の間に、合計336例のSLE罹患症例が確認された。 これらのSLE患者は、2002年のSLE有病患者1,353例と人口統計学的に類似していたが(女性87%~90%、黒人74%~76%、白人23%)、SLE診断時の平均年齢は(40.6歳)、SLE有病患者の平均年齢(34.6歳)よりも高かった。2016年のSLE有病患者および罹患患者のそれぞれ401例および97例が死亡した。2002年~2016年のデータを用いて標準化したSLE有病者の死亡率は、一般集団における予想死亡数に対して2.3~3.3倍高かった。SLE有病者の黒人女性では、一般集団の黒人女性よりも死亡率が3倍高い傾向にあった(標準化死亡比:3.38)。 累積死亡率は、SLE罹患者および有病者ともに黒人にて白人よりも有意に高く、黒人のSLE罹患例および有病例の死亡年齢(それぞれ平均51.8±17.5歳、平均52.3± 15.9 歳)は、白人(それぞれ平均64.4±18.9歳、平均65.0±16.3歳)よりも有意に若かった。診断直後の数年間では白人の死亡率は黒人と比べ顕著に低く、罹患症例ではSLE診断から5年後までの白人では死亡を認めなかったが、黒人の死亡率は診断時から高いままであった。 性別による有意差はなかった。現在のCDC支援による取り組みは、早期発見、診断、治療を奨励するとともに、人種的格差を緩和し、SLE患者の全般的な転帰を改善するための自己管理スキルの向上を増強している。

References

  • Lim SS, Bayakly AR, Helmick CG, Gordon C, Easley KA, Drenkard C. The incidence and prevalence of systemic lupus erythematosus, 2002–2004: The Georgia Lupus Registry. Arthritis Rheumatol 2014;66:357–68. <https://doi.org/10.1002/art.38239>
  • Chen SK, Costenbader KH. In: Wallace D, Hahn B, eds. Dubois’ lupus erythematosus and related syndromes. 9th ed. St. Louis, MO: Elsevier; 2019.
  • Falasinnu T, Rossides M, Chaichian Y, Simard JF. Do death certificates underestimate the burden of rare diseases? The example of systemic lupus erythematosus mortality, Sweden, 2001–2013. Public Health Rep 2018;133:481–8. <https://doi.org/10.1177/0033354918777253>
  • Hochberg MC. Updating the American College of Rheumatology revised criteria for the classification of systemic lupus erythematosus. Arthritis Rheum 1997;40:1725. <https://doi.org/10.1002/art.1780400928>
  • Tan EM, Cohen AS, Fries JF, et al. The 1982 revised criteria for the classification of systemic lupus erythematosus. Arthritis Rheum 1982;25:1271–7. <https://doi.org/10.1002/art.1780251101>
  • Tselios K, Gladman DD, Sheane BJ, Su J, Urowitz M. All-cause, cause-specific and age-specific standardised mortality ratios of patients with systemic lupus erythematosus in Ontario, Canada over 43 years (1971–2013). Ann Rheum Dis 2019;annrheumdis-2018-214802. <https://doi.org/10.1136/annrheumdis-2018-214802>
  • Sacks J, Helmick CG, Langmaid G, Sniezek JE; CDC. Trends in deaths from systemic lupus erythematosus—United States, 1979–1998. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2002;51:371–4.
  • Yen EY, Shaheen M, Woo JMP, et al. 46-year trends in systemic lupus erythematosus mortality in the United States, 1968 to 2013: a nationwide population-based study. Ann Intern Med 2017;167:777–85. <https://doi.org/10.7326/M17-0102>
  • Calvo-Alén J, Alarcón GS, Campbell R Jr, Fernández M, Reveille JD, Cooper GS. Lack of recording of systemic lupus erythematosus in the death certificates of lupus patients. Rheumatology (Oxford) 2005;44:1186–9. <https://doi.org/10.1093/rheumatology/keh717>
  • Lupus Foundation of America. National public health agenda for lupus. Washington, DC: Lupus Foundation of America; 2019. <https://www.lupus.org/national-lupus-public-health-agenda>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ