一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2019年(Vol.68)18~44歳の妊婦におけるアルコール飲料の摂取と大・・・

MMWR抄訳

rss

2019/04/26Vol. 68 / No. 16

MMWR68(16):365-368
Consumption of Alcohol Beverages and Binge Drinking Among Pregnant Women Aged 18–44 Years — United States, 2015–2017

18~44歳の妊婦におけるアルコール飲料の摂取と大量飲酒 ― アメリカ、2015年~2017年

妊娠中の飲酒は、中枢神経系障害、行動障害、知的発達障害に関与する先天異常を含む胎児性アルコールスペクトラム障害(FASD)の原因となり、就学および就職の困難につながる可能性もある。アメリカの4つのコミュニティにおける最近の研究では、小学1年生のFASDの有病率は1.1%~5.0%であった。また、妊娠中の飲酒は、流産や死産をはじめとする有害な妊娠および出産時の転帰の危険因子となるかもしれない。CDCは2015年~2017年のBehavioral Risk Factor Surveillance Systemのデータを使用して、18~44歳の妊婦の自己申告による現在の飲酒率(過去30日間に1杯以上飲酒)および大量飲酒率(過去30日間に4杯以上の飲酒を1回以上)を推算した。妊婦における過去30日間の現在の飲酒と大量飲酒は、それぞれ11.5%および3.9%であった。未婚の妊婦では既婚の妊婦と比べ、現在の飲酒率がほぼ2倍(15.2% vs. 8.6%)、大量飲酒率はほぼ3倍(6.1% vs. 2.2%)であった。アメリカ先住民/アラスカ先住民、アジア/太平洋諸島住民、および多民族の回答者をはじめとする「その他の非ヒスパニック系」に分類される女性の現在の飲酒率(18.5%)は、最も飲酒率の低かったヒスパニック系(8.9%)よりも有意に高かった。過去30日間に大量飲酒をしていた妊婦では、大量飲酒の平均頻度は4.5エピソードであり、平均強度(大量飲酒者があらゆる機会で摂取したと報告したアルコールの平均最大杯数)は6.0杯であった。アルコール検査やプライマリケアおよび妊婦検診における簡単なカウンセリングのようなエビデンスに基づいたコミュニティごとやクリニックごとでの介入実施を増やすことにより、妊娠中の飲酒率を減少させ、最終的にFASDおよび他の有害な妊娠および出産時の転帰の割合が減るかもしれない。

References

  • May PA, Chambers CD, Kalberg WO, et al. Prevalence of fetal alcohol spectrum disorders in 4 US communities. JAMA 2018;319:474–82. <https://doi.org/10.1001/jama.2017.21896>
  • Bailey BA, Sokol RJ. Prenatal alcohol exposure and miscarriage, stillbirth, preterm delivery, and sudden infant death syndrome. Alcohol Res Health 2011;34:86–91.
  • Maier SE, West JR. Drinking patterns and alcohol-related birth defects. Alcohol Res Health 2001;25:168–74.
  • Naimi TS, Lipscomb LE, Brewer RD, Gilbert BC. Binge drinking in the preconception period and the risk of unintended pregnancy: implications for women and their children. Pediatrics 2003;111:1136–41.
  • Tan CH, Denny CH, Cheal NE, Sniezek JE, Kanny D. Alcohol use and binge drinking among women of childbearing age—United States, 2011–2013. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2015;64:1042–6. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6437a3>
  • Havens JR, Simmons LA, Shannon LM, Hansen WF. Factors associated with substance use during pregnancy: results from a national sample. Drug Alcohol Depend 2009;99:89–95. <https://doi.org/10.1016/j.drugalcdep.2008.07.010>
  • Nelson DE, Naimi TS, Brewer RD, Roeber J. US state alcohol sales compared to survey data, 1993–2006. Addiction 2010;105:1589–96. <https://doi.org/10.1111/j.1360-0443.2010.03007.x>
  • Branum AM, Ahrens KA. Trends in timing of pregnancy awareness among US women. Matern Child Health J 2017;21:715–26. <https://doi.org/10.1007/s10995-016-2155-1>
  • Ethen MK, Ramadhani TA, Scheuerle AE, et al.; National Birth Defects Prevention Study. Alcohol consumption by women before and during pregnancy. Matern Child Health J 2009;13:274–85. <https://doi.org/10.1007/s10995-008-0328-2>
  • Curry SJ, Krist AH, Owens DK, et al.; US Preventive Services Task Force. Screening and behavioral counseling interventions to reduce unhealthy alcohol use in adolescents and adults: US Preventive Services Task Force recommendation statement. JAMA 2018;320:1899–909. <https://doi.org/10.1001/jama.2018.16789>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ