一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2019年(Vol.68)13~24歳における暴力行為および犯罪の発生率 ―・・・

MMWR抄訳

rss

2019/04/19Vol. 68 / No. 15

MMWR68(15):350-355
Prevalence of Violence Victimization and Perpetration Among Persons Aged 13–24 Years — Four Sub-Saharan African Countries, 2013–2015

13~24歳における暴力行為および犯罪の発生率 ― サブサハラアフリカ4カ国、2013年~2015年

CDCは2013年~2015年、サブサハラアフリカ4カ国(マラウイ、ナイジェリア、ウガンダ、ザンビア)において、13~24歳の若者を対象に身体的および性的暴力行為の状況と小児期(18歳未満)に受けた暴力(身体的、情緒的、性的)との関連性について調査した。4カ国とも性的暴力行為に比べ身体的暴力行為が男女ともに多く、身体的暴力行為の発生率はウガンダ(2015年、3875名)にてもっとも高く(男性:6.2%、女性:26.8%)、マラウイ(2013年、1553名)では男性38.6%、女性が23.1%、ナイジェリア(2014年、2464名) では男性24.8%、女性19.0%、ザンビア(2014年、1170名)では男性23.7%、女性12.5%であった。また、4カ国とも身体的暴力は、近親者に対するよりもパートナー以外に対することが多かったが、対照的に、性的暴力では近親者に対するものが多かった。性的暴力行為の発生率はマラウイの男性にてもっとも高かった(男性26.6%、女性5.9%、ザンビア:同14.6%、3.5%、ウガンダ:同11.7%、2.1%、ナイジェリア:同8.5%、1.5%)。身体的、性的暴力行為をした人のうち、小児期に暴力(身体的、情緒的、性的)を受けていた人の割合はマラウイ45.5%、ナイジェリア31.4%、ウガンダ43.8%、ザンビア31.6%であり、小児期の暴力被害はその後の身体的および性的暴力行為の有意な独立予測因子であった。また、小児期における身体的暴力被害の経験は、その後のあらゆる形での暴力行為と有意に関連し、小児期に受けた性的または身体的暴力の経験は、その後、似た種類の暴力を行うことと有意に相関していた。ザンビアでは18歳になる前に身体的、情緒的、性的暴力を受けた人は、受けていない人に比べ約20倍多く、暴力行為をする傾向にあった。以上、小児期に受けた身体的、情緒的、性的な暴力とその後の暴力行為には強い関連性が示唆され、暴力被害を回避するには暴力の犠牲者および加害者に対する早期の包括的介入が必要であると思われる。

References

  • World Health Organization. Global status report on violence prevention 2014. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2014.
  • Fulu E, Jewkes R, Roselli T, Garcia-Moreno C; UN Multi-Country Cross-Sectional Study on Men and Violence Research Team. Prevalence of and factors associated with male perpetration of intimate partner violence: findings from the UN Multi-Country Cross-Sectional Study on Men and Violence in Asia and the Pacific. Lancet Glob Health 2013;1:e187–207. <https://doi.org/10.1016/S2214-109X(13)70074-3>
  • Jewkes R, Fulu E, Roselli T, Garcia-Moreno C; UN Multi-Country Cross- Sectional Study on Men and Violence Research Team. Prevalence of and factors associated with non-partner rape perpetration: findings from the UN Multi-Country Cross-Sectional Study on Men and Violence in Asia and the Pacific. Lancet Glob Health 2013;1:e208–18. <https://doi.org/10.1016/S2214-109X(13)70069-X>
  • Barker G, Contreras M, Heilman B, Singh AK, Verma R, Nascimento M. Evolving men: initial results from the International Men and Gender Equality Survey. Washington, DC: International Centre for Research on Women, 2011. <https://www.icrw.org/wp-content/uploads/2016/10/Evolving-Men-Initial-Results-from-the-International-Men-and-Gender-Equality-Survey-IMAGES-1.pdf>
  • Jewkes R, Sikweyiya Y, Morrell R, Dunkle K. Gender inequitable masculinity and sexual entitlement in rape perpetration South Africa: findings of a cross-sectional study. PLoS One 2011;6:e29590. <https://doi.org/10.1371/journal.pone.0029590>
  • Felitti VJ, Anda RF, Nordenberg D, et al. Relationship of childhood abuse and household dysfunction to many of the leading causes of death in adults. The Adverse Childhood Experiences (ACE) Study. Am J Prev Med 1998;14:245–58. <https://doi.org/10.1016/S0749-3797(98)00017-8>
  • Stockman JK, Lucea MB, Campbell JC. Forced sexual initiation, sexual intimate partner violence and HIV risk in women: a global review of the literature. AIDS Behav 2013;17:832–47. <https://doi.org/10.1007/s10461-012-0361-4>
  • Whitfield CL, Anda RF, Dube SR, Felitti VJ. Violent childhood experiences and the risk of intimate partner violence in adults: assessment in a large health maintenance organization. J Interpers Violence 2003;18:166–85. <https://doi.org/10.1177/0886260502238733>
  • Milaniak I, Widom CS. Does child abuse and neglect increase risk for perpetration of violence inside and outside the home? Psychol Violence 2015;5:246–55. <https://doi.org/10.1037/a0037956>
  • World Health Organization. INSPIRE: seven strategies for ending violence against children. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2016. <https://www.who.int/violence_injury_prevention/violence/inspire/en/>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ