一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2019年(Vol.68)一般的に食品を介して伝染する病原体による感染の予備・・・

MMWR抄訳

rss

2019/04/26Vol. 68 / No. 16

MMWR68(16):369-373
Preliminary Incidence and Trends of Infections with Pathogens Transmitted Commonly Through Food — Foodborne Diseases Active Surveillance Network, 10 U.S. Sites, 2015–2018

一般的に食品を介して伝染する病原体による感染の予備的な罹患率と傾向 ― Foodborne Diseases Active Surveillance Network、アメリカ10カ所、2015~2018年

食品媒介疾患はアメリカにおける健康上の問題の大部分を占めている。CDCのEmerging Infections ProgramのFoodborne Diseases Active Surveillance Network(FoodNet)は、アメリカの10カ所(カリフォルニア州、コロラド州、ニューヨーク州のそれぞれ選択された郡とコネチカット州、ジョージア州、メリーランド州、ミネソタ州、ニューメキシコ州、オレゴン州、テネシー州)で一般的に食品を介して感染する8つの病原体を原因とする、検査で診断された感染症の症例を監視している。今回、2018年の予備データと2015年からの変化についてまとめた。2018年の間、FoodNetは25,606例の感染症、5,893例の入院、120例の死亡を確認した。人口10万人あたりの感染症の罹患率は、Campylobacter(19.5人)とSalmonella(18.3人)で高く、次いで志賀毒素産生大腸菌(STEC、5.9人)、Shigella(4.9人)、Vibrio(1.1人)、Yersinia(0.9人)、Cyclospora(0.7人)、Listeria(0.3人)であった。2015~2017年と比較して、Cyclospora(399%)、Vibrio(109%)、Yersinia(58%)、STEC(26%)、Campylobacter(12%)、Salmonella(9%)の罹患率は有意に増加した。2018年では、reflex培養の有無にかかわらず、培養非依存的診断検査(CIDT)による細菌感染症の診断数は、2015年~2017年の平均年間診断数と比較して65%増加した。2018年では、DNAをベースとした感染症パネルにより診断された感染症の割合は、Yersinia(68%)、Cyclospora(67%)で最も多く、次いでSTEC(55%)、Vibrio(53%)、Shigella(48%)、Campylobacter(43%)、Salmonella(33%)で、Listeria(2%)が最も少なかった。2018年では、CIDT結果陽性検体の75%でreflex培養が実施され[64%(Campylobacter)~100%(Listeria)]、reflex培養により検査した検体の割合は2015年~2017年よりも14%増加した。reflex培養により検出された病原体はListeria(100%)、Salmonella(86%)が多く、次いでSTEC(64%)、Campylobacter(59%)、Shigella(56%)、Yersinia(50%)、Vibrio(37%)であった。CIDT使用の増加に伴い、分離株の入手とサブタイピング、予防努力を管理するために患者の問診と、食を安全にし、人間の疾患を減らすこと目的とした予防および対策の進展が重要となる。

References

  • Casillas SM, Bennett C, Straily A. Notes from the field: multiple cyclosporiasis outbreaks—United States, 2018. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2018;67:1101–2. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6739a6>
  • Interagency Food Safety Analytics Collaboration. Foodborne illness source attribution estimates for 2016 for Salmonella, Escherichia coli O157, Listeria monocytogenes, and Campylobacter using multi-year outbreak surveillance data, United States. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2018. <https://www.cdc.gov/foodsafety/ifsac/pdf/P19-2016-report-TriAgency-508.pdf>
  • US Department of Agriculture. Constituent update special alert. August 27, 2018. FSIS to implement enrichment method to detect Campylobacter in all raw poultry samples. Washington, DC: US Department of Agriculture; 2018. <https://www.fsis.usda.gov/wps/portal/ fsis/newsroom/meetings/newsletters/constituent-updates/archive/2018/ConstUpdate082718>. Accessed 19 February 2019.
  • Gu W, Vieira AR, Hoekstra RM, Griffin PM, Cole D. Use of random forest to estimate population attributable fractions from a case-control study of Salmonella enterica serotype Enteritidis infections. Epidemiol Infect 2015;143:2786–94. <https://doi.org/10.1017/S095026881500014X>
  • Ingram A, Ripley D. Multistate outbreak of Salmonella Enteritidis associated with shell eggs. Presented at the 2019 PulseNet/OutbreakNet East Coast Regional Meeting, Tampa, FL; January 15–17, 2019.
  • Dórea FC, Cole DJ, Hofacre C, et al. Effect of Salmonella vaccination of breeder chickens on contamination of broiler chicken carcasses in integrated poultry operations. Appl Environ Microbiol 2010;76:7820–5. <https://doi.org/10.1128/AEM.01320-10>
  • O’Brien SJ. The “decline and fall” of nontyphoidal Salmonella in the United Kingdom. Clin Infect Dis 2013;56:705–10. <https://doi.org/10.1093/cid/cis967>
  • CDC. Reports of E. coli outbreak investigations from 2018. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2018. <https://www.cdc.gov/ecoli/2018-outbreaks.html>
  • Food and Drug Administration. FDA sampling assignment update identifies Cyclospora in herbs. Silver Spring, MD; US Department of Health and Human Services, Food and Drug Administration; 2018. <https://www.fda.gov/Food/NewsEvents/ConstituentUpdates/ucm618781.htm>
  • Willett W, Rockström J, Loken B, et al. Food in the Anthropocene: the EAT-Lancet Commission on healthy diets from sustainable food systems. Lancet 2019;393:447–92. <https://doi.org/10.1016/S0140-6736(18)31788-4>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ