一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2019年(Vol.68)エンテロウイルスD68による急性呼吸器疾患 ― N・・・

MMWR抄訳

rss

2019/03/29Vol. 68 / No. 12

MMWR68(12):277-280
Enterovirus D68–Associated Acute Respiratory Illness — New Vaccine Surveillance Network, United States, July–October, 2017 and 2018

エンテロウイルスD68による急性呼吸器疾患 ― New Vaccine Surveillance Network、アメリカ、2017年および2018年の7月~10月

2014年以前は、エンテロウイルスD68(EV-D68)がCDCに報告されることは稀であったが、2014年の秋に、EV-D68による急性呼吸器疾患(ARI)のアウトブレイクがアメリカで発生した。アメリカでは、EV-D68検出の報告は通常、晩夏から初秋にピークに到達する。 EV-D68が臨床の場で検査されることはほとんどなく、CDCへの届け出義務もないため、その疫学は完全には理解されていない。 EV-D68の疫学をよりよく理解するために、CDCはNew Vaccine Surveillance Network(NVSN)を介して、アメリカの7つの医療センターにて小児患者を対象としたEV-D68に関する積極的前向きサーベイランスを確立した。今回、2017年の7月1日~10月31日と2018年の同期間に、すべてのNVSNサイトでARIによる救急外来(ED)または入院の18歳未満の患者のEV-D68検査および検出の予備的な特徴を詳述する。予備的データに基づくと、ARIを検査した患者のうち、2017年では2,433例中2例(0.08%)、2018年では2,579例中358例(13.9%)でEV-D68が検出された。2017年のEV-D68陽性であった1例はヒューストンで入院しており、もう1例はロチェスターのEDで検査された。 2018年では、7施設すべてでEV-D68陽性例が確認され、358例中242例(67.6%)が入院患者であった。 EV-D68は、ARIでEDを受診した患者の9.2%、ARIで入院した患者の18.3%で検出された。 2018年に検出されたEV-D68陽性例の約半数(169例、47.2%)が9月であった。EV-D68陽性患者の年齢中央値は3歳(生後1カ月~17歳)で、211例(58.9%)が男性であった。CDCで塩基配列を決定された2018年の42件のEV-D68陽性検体のうち、すべてが系統B3であった。アメリカにおけるEV-D68疫学をよりよく理解するためには、EV-D68によるARIの継続的な前向き積極的サーベイランスが必要である。

References

  • Biggs HM, McNeal M, Nix WA, et al. Enterovirus D68 infection among children with medically attended acute respiratory illness, Cincinnati, Ohio, July–October 2014. Clin Infect Dis 2017;65:315–23. <https://doi.org/10.1093/cid/cix314>
  • Midgley CM, Watson JT, Nix WA, et al.; EV-D68 Working Group. Severe respiratory illness associated with a nationwide outbreak of enterovirus D68 in the USA (2014): a descriptive epidemiological investigation. Lancet Respir Med 2015;3:879–87. <https://doi.org/10.1016/S2213-2600(15)00335-5>
  • Khetsuriani N, Lamonte-Fowlkes A, Oberst S, Pallansch MA. Enterovirus surveillance—United States, 1970–2005. MMWR Surveill Summ 2006;55(No. SS-8).
  • CDC. New Vaccine Surveillance Network (NVSN). Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2017. <https://www.cdc.gov/surveillance/nvsn/index.html>
  • The United Kingdom Acute Flaccid Paralysis Afp Task Force. An increase in reports of acute flaccid paralysis (AFP) in the United Kingdom, 1 January 2018–21 January 2019: early findings. Euro Surveill 2019;24:1900093.
  • Pellegrinelli L, Giardina F, Lunghi G, et al. Emergence of divergent enterovirus (EV) D68 sub-clade D1 strains, northern Italy, September to October 2018. Euro Surveill 2019;24:1900090. <https://doi.org/10.2807/1560-7917.ES.2018.24.7.1900090>
  • Sejvar JJ, Lopez AS, Cortese MM, et al. Acute flaccid myelitis in the United States, August–December 2014: results of nationwide surveillance. Clin Infect Dis 2016;63:737–45. <https://doi.org/10.1093/cid/ciw372>
  • CDC. Acute flaccid myelitis. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2019. <https://www.cdc.gov/acute-flaccid-myelitis/index.html>
  • Infectious Disease Committee, Council of State and Territorial Epidemiologists. Revision to the standardized surveillance and case definition for acute flaccid myelitis, position statement 17-ID-01. Atlanta, GA: Council of State and Territorial Epidemiologists; 2017. <https://c.ymcdn.com/sites/www.cste.org/resource/resmgr/2017PS/2017PSFinal/17-ID-01.pdf>
  • McKay SL, Lee AD, Lopez AS, et al. Increase in acute flaccid myelitis— United States, 2018. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2018;67:1273–5. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6745e1>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ