一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2019年(Vol.68)輸入された毒素産生皮膚ジフテリア ― ミネソタ州、・・・

MMWR抄訳

rss

2019/03/29Vol. 68 / No. 12

MMWR68(12):281-284
Imported Toxin-Producing Cutaneous Diphtheria — Minnesota, Washington, and New Mexico, 2015–2018

輸入された毒素産生皮膚ジフテリア ― ミネソタ州、ワシントン州、ニューメキシコ州、2015年~2018年

2015年9月から2018年3月までに、CDCはミネソタ州(症例1:35歳女性および症例2:48歳男性)、ワシントン州(症例3:12歳女性)、ニューメキシコ州(症例4:42歳男性)にて毒素産生のCorynebacterium diphtheria(ジフテリア菌)を起因とする皮膚ジフテリア4症例を確認した。全例ともジフテリアが流行している国に渡航し、最近アメリカに帰国していた[ソマリア(症例1)、エチオピア(症例2)、フィリピン(症例3および4)]。症例1~4は、それぞれ痛みを伴う腹部創、感染した脚の創傷、下肢の虫さされ、滲出性下肢創傷を示し、いずれの症例も臨床的にジフテリア菌感染は疑われなかった。各治療機関にて、迅速検査のプラットフォームであるマトリックス支援レーザー脱離イオン化飛行時間型質量分析(MALDI-TOF)法により創傷由来のコリネバクテリアの分離株を分析し、細菌性病原体を検出した。州の公衆衛生研究所は、培養によってジフテリア菌を確認し、バイオタイピング、PCR試験、毒素産生試験をするために分離株をCDCの百日咳およびジフテリア研究室に送付した。全ての分離株は毒素産生性ジフテリア菌として同定された。症例のジフテリア毒素含有ワクチンの接種状況は、未接種(症例1)、不明(症例2、症例4)、更新(症例3)であった。症例はペニシリン(症例1、症例4)またはエリスロマイシン(症例3)により治療され、症例2では同定までに創傷が治癒していた。症例との密接な接触が確認されたのは、症例1、症例3、症例4でそれぞれ4例、16例、3例で、そのジフテリア毒素含有ワクチンの接種状況は、症例1は4例とも未接種、症例3では4例が未接種、12例が更新、症例4では3例が未接種であった。症例1とその密接接触者はワクチン接種を拒否し、症例2は、過去の接種歴を報告した。ワクチン未接種の症例4および症例3/症例4の密接接触者は、その後、ワクチン接種を実施した。皮膚ジフテリアに対する推奨される公衆衛生対応は、呼吸器系ジフテリアに対するものと類似しており、インデックス症例の抗生物質による治療、症例との密接な接触者の特定およびジフテリア発症の観察、密接な接触者に対する化学的予防の提供、症例および密接な接触者での鼻や咽頭のジフテリア菌の検査、症例や密接な接触者で免疫が不完全な人へのジフテリア毒素含有ワクチンの提供である。迅速な公衆衛生対応および疾患の伝播を防ぐために、流行国から帰国し感染性の創傷がある旅行者では皮膚毒素産生ジフテリアを考慮すべきである。

References

  • Belsey MA, Sinclair M, Roder MR, LeBlanc DR. Corynebacterium diphtheriae skin infections in Alabama and Louisiana. A factor in the epidemiology of diphtheria. N Engl J Med 1969;280:135–41. <https://doi.org/10.1056/NEJM196901162800304>
  • Koopman JS, Campbell J. The role of cutaneous diphtheria infections in a diphtheria epidemic. J Infect Dis 1975;131:239–44. <https://doi.org/10.1093/infdis/131.3.239>
  • Gubler J, Huber-Schneider C, Gruner E, Altwegg M. An outbreak of nontoxigenic Corynebacterium diphtheriae infection: single bacterial clone causing invasive infection among Swiss drug users. Clin Infect Dis 1998;27:1295–8. <https://doi.org/10.1086/514997>
  • CDC. Diphtheria, tetanus, and pertussis: recommendations for vaccine use and other preventive measures. Recommendations of the Immunization Practices Advisory committee (ACIP). MMWR Recomm Rep 1991;40(No. RR-10).
  • European Centre for Disease Control and Prevention. Cutaneous diphtheria among recently arrived refugees and asylum seekers in the EU. Solna, Sweden: European Centre for Disease Control and Prevention; 2015. <https://ecdc.europa.eu/sites/portal/files/media/en/publications/Publications/Diphtheria-cutaneous-EU-July-2015.pdf>
  • Lindhusen-Lindhé E, Dotevall L, Berglund M. Imported laryngeal and cutaneous diphtheria in tourists returning from western Africa to Sweden, March 2012. Euro Surveill 2012;17:20189.
  • Abdul Rahim NR, Koehler AP, Shaw DD, Graham CR. Toxigenic cutaneous diphtheria in a returned traveller. Commun Dis Intell Q Rep 2014;38:E298–300.
  • Hamour AA, Efstratiou A, Neill R, Dunbar EM. Epidemiology and molecular characterisation of toxigenic Corynebacterium diphtheriae var mitis from a case of cutaneous diphtheria in Manchester. J Infect 1995;31:153–7. <https://doi.org/10.1016/S0163-4453(95)92260-1>
  • Harnisch JP, Tronca E, Nolan CM, Turck M, Holmes KK. Diphtheria among alcoholic urban adults. A decade of experience in Seattle. Ann Intern Med 1989;111:71–82. <https://doi.org/10.7326/0003-4819-111-1-71>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ