一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2019年(Vol.68)結核の世界的疫学と全世界での目標達成への進展 ― ・・・

MMWR抄訳

rss

2019/03/22Vol. 68 / No. 11

MMWR68(11):263-266
Global Epidemiology of Tuberculosis and Progress Toward Achieving Global Targets — 2017

結核の世界的疫学と全世界での目標達成への進展 ― 2017年

2017年、WHOに報告された結核(TB)症例数は1,000万人と推定され(人口10万人あたり133例)、2016年に比べ1.8%の減少であった。罹患率は2000年以降、年平均1.5%減少しており、TBによる死亡例は2016年の164万人から2017年には157万人と3.9%減少し、致死率は2017年にて15.7%(2016年から0.5%減少)であった。HIVに感染しているTB症例は2017年にて920,000例であり、全TB患者の9%であった。HIV感染症例におけるTBの推定罹患率は2000年が4.5%、2016年が2.6%、2017年が2.4%であり、死亡例は2017年にて30万人(致死率:32.6%)と推定された。2017年のリファンピシン耐性(RR)または多剤耐性(MDR)TB患者は推定558,000例で、全TB症例の5.6%、新規診断例の3.6%、治療歴のある症例の18%を占め、RR TBまたはMDR TBによる死亡は230,000例(致死率:41%)であった。WHOの地域別患者数は東南アジアおよびアフリカ地域にて全体の70%近くを占め、10万人あたりの症例数は東南アジア226例、アフリカ237例と同等であるが、HIV感染者におけるTB症例の割合はアフリカが東南アジアよりも高かった(27% vs. 3%)。また、WHOのヨーロッパ地区ではTB罹患率は低いが、RR TBまたはMDR TBの占める割合は40%と他の地域(3.6%~6.3%)に比べ高かった。TB予防治療(TPT)は現在、HIV感染者、細菌学的に肺TBと確定診断された症例および接触のあった家族全員に推奨されている。2017年、HIV感染者と5歳未満の幼児に対するTPT使用に関するデータを報告した国はそれぞれ67カ国、138カ国であり、これらの国々では約960,000のHIV感染者がTPTを受け(推定適用率:36%)、2014年に報告された数(930,000例)とほぼ同数であった。5歳未満の幼児は約292,000例(23%)がTPTを受けていた。The United Nations’ Sustainable Development GoalsおよびWHO’s End TB Strategyでは、2020年~2035年にTB死亡例の35%減少、2020年までにTB罹患率を2015年に比して20%減少することを目標としており、この目標達成に向けてTBの診断、治療、予防を改善する努力が必要である。

References

  • World Health Organization. Global tuberculosis report 2018. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2018. <https://www.who.int/tb/publications/global_report/en/>
  • Gupta RK, Lucas SB, Fielding KL, Lawn SD. Prevalence of tuberculosis in post-mortem studies of HIV-infected adults and children in resource-limited settings: a systematic review and meta-analysis. AIDS 2015;29:1987–2002. <https://doi.org/10.1097/QAD.0000000000000802>
  • United Nations. Sustainable development goals. New York, NY: United Nations; 2016. <https://sustainabledevelopment.un.org>
  • World Health Organization. The end TB strategy. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2015. <https://www.who.int/tb/strategy/end-tb/en/>
  • World Health Organization. Tuberculosis prevalence surveys: a handbook. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2011. <https://www.who.int/tb/advisory_bodies/impact_measurement_taskforce/resources_documents/thelimebook/en/>
  • World Health Organization. Assessing tuberculosis under-reporting through inventory studies. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2012. <https://www.who.int/tb/publications/inventory_studies/en/>
  • Badje A, Moh R, Gabillard D, et al.; Temprano ANRS 12136 Study Group. Effect of isoniazid preventive therapy on risk of death in west African, HIV-infected adults with high CD4 cell counts: long-term follow-up of the Temprano ANRS 12136 trial. Lancet Glob Health 2017;5:e1080–9. <https://doi.org/10.1016/S2214-109X(17)30372-8>
  • World Health Organization. Latent TB infection: updated and consolidated guidelines for programmatic management. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2018. <https://www.who.int/tb/publications/2018/latent-tuberculosis-infection/en/>
  • World Health Organization. Companion handbook to the WHO guidelines for the programmatic management of drug-resistant tuberculosis. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2014. <https://www.who.int/tb/publications/pmdt_companionhandbook/en/>
  • Houben RM, Dodd PJ. The global burden of latent tuberculosis infection: a re-estimation using mathematical modelling. PLoS Med 2016;13:e1002152. <https://doi.org/10.1371/journal.pmed.1002152>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ