一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2019年(Vol.68)最近の生児を出産した女性における妊娠前、妊娠中、分・・・

MMWR抄訳

rss

2019/03/01Vol. 68 / No. 8

MMWR68(8):189-194
Use of Electronic Vapor Products Before, During, and After Pregnancy Among Women with a Recent Live Birth — Oklahoma and Texas, 2015

最近の生児を出産した女性における妊娠前、妊娠中、分娩後の電子ベイパー製品の使用 ― オクラホマ州およびテキサス州、2015年

電子ベイパー製品(EVP)には、電子たばこをはじめとするさまざまな装置が含まれ、EVPの使用者は、通常、ニコチン、香料、その他の添加物を含むエアロゾルを吸入する。ニコチンは妊娠や乳児の転帰に悪影響を及ぼす発達毒性物質であるため、オクラホマ州とテキサス州の2015年のPregnancy Risk Assessment Monitoring Systemのデータを分析し、最近の出産で生児を得た女性に集団ベースにおけるEVP使用を推定した。妊娠以前(妊娠から3カ月以上前)、妊娠前後(妊娠前3カ月間、妊娠の最終3カ月、出産後2~6カ月間)のEVPの使用、EVP使用の理由、EVPとたばこの重複使用について調査した。全体では、生児を出産した3,277人の女性のうち、2,533人(82.6%)がEVPを使用したことがなく、459人(10.4%、オクラホマ州で15.8%、テキサス州で9.7%)は、妊娠の3カ月以上前にはEVPを使用していたが、妊娠の前後には使用していなかった。妊娠前後のEVPの使用率は全体で7.0%(オクラホマ州10.3%、テキサス州6.5%)で、妊娠の最終3カ月間のEVP使用量は1.4%(オクラホマ州で3.2%、テキサス州で1.1%)であった。妊娠の最終3カ月間にEVPを使用した女性のうち、38.4%がニコチンを含有するEVPを使用し、35.2%がニコチンを含有しないEVPを使用していると報告し、26.4%は使用したEVPのニコチン含有量を知らなかった。過去2年間にたばこを吸ったことがあり、EVPを使用したことがある女性のうち、たばことEVPの両方の使用率は、妊娠前3カ月間で38.0%、妊娠期の最終3カ月間に7.7%、出産後2~6カ月で11.8%であった。EVP単独使用率は出産後2~6カ月の間に最も高く(3.8%)、たばこ喫煙もEVP使用もしない割合は、妊娠の最終3カ月間に最高(61.9%)を示した。妊娠の前後にEVPを使用した女性の中で、最も頻繁に報告された使用理由は好奇心(54.0%)、EVPが喫煙をやめるまたは減らすのに役立つかもしれないという認識(45.2%)、EVPはたばこよりも母体に有害ではないという認識(45.2%)、フレーバーのあるEVPの使用(42.3%)、ニコチンなしのEVPが入手可能(41.4%)であった。妊娠中のEVPの使用は安全ではないという明確なメッセージとともに、エビデンスに基づく禁煙戦略への幅広いバリアフリーな利用を可能にする必要がある。

References

  • US Department of Health and Human Services. E-cigarette use among youth and young adults: a report of the Surgeon General. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2016. <https://e-cigarettes.surgeongeneral.gov/documents/2016_sgr_full_report_non-508.pdf>
  • American College of Obstetricians and Gynecologists. Committee opinion no. 721: smoking cessation during pregnancy. Obstet Gynecol 2017;130:e200–4. <https://doi.org/10.1097/AOG.0000000000002353>
  • Kurti AN, Redner R, Lopez AA, et al. Tobacco and nicotine delivery product use in a national sample of pregnant women. Prev Med 2017;104:50–6. <https://doi.org/10.1016/j.ypmed.2017.07.030>
  • Wagner NJ, Camerota M, Propper C. Prevalence and perceptions of electronic cigarette use during pregnancy. Matern Child Health J 2017;21:1655–61. <https://doi.org/10.1007/s10995-016-2257-9>
  • Oncken C, Ricci KA, Kuo CL, Dornelas E, Kranzler HR, Sankey HZ. Correlates of electronic cigarettes use before and during pregnancy. Nicotine Tob Res 2017;19:585–90. <https://doi.org/10.1093/ntr/ntw225>
  • National Academies of Sciences, Engineering, and Medicine. Public health consequences of e-cigarettes. Washington, DC: The National Academies Press; 2018.
  • Marynak KL, Gammon DG, Rogers T, Coats EM, Singh T, King BA. Sales of nicotine-containing electronic cigarette products: United States, 2015. Am J Public Health 2017;107:702–5. <https://doi.org/10.2105/AJPH.2017.303660>
  • US Preventive Services Task Force. Tobacco smoking cessation in adults, including pregnant women: behavioral and pharmacotherapy interventions. Rockville, MD: US Preventive Services Task Force; 2015. <https://www.uspreventiveservicestaskforce.org/Page/Document/UpdateSummaryFinal/tobacco-use-in-adults-and-pregnant-women-counseling-and-interventions>
  • King BA, Gammon DG, Marynak KL, Rogers T. Electronic cigarettes sales in the United States, 2013–2017. JAMA 2018;320:1379–80. <https://doi.org/10.1001/jama.2018.10488>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ