一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2019年(Vol.68)新生児禁断症候群サーベイランスシステム構築のための・・・

MMWR抄訳

rss

2019/02/22Vol. 68 / No. 7

MMWR68(7):177-180
Leveraging Existing Birth Defects Surveillance Infrastructure to Build Neonatal Abstinence Syndrome Surveillance Systems — Illinois, New Mexico, and Vermont, 2015–2016

新生児禁断症候群サーベイランスシステム構築のための既存の先天性欠損症サーベイランス基盤の活用 ― イリノイ州、ニューメキシコ州、バーモント州、2015年~2016年

新生児禁断症候群(NAS)は出生前のオピオイド曝露後に発現する可能性がある薬物離脱症候群であり、アメリカのNASサーベイランスは現在、主に退院時の診断コードに基づいて行われている。2004年~2014年に報告されたICD-9-CM診断コードに基づくNAS罹患率は病院で生まれた新生児1,000人あたり1.5から8.0に増加しているが、確定診断は行われておらず、診断コードも2015年10月1日にICD-10-CMに改訂されている。今回、先天性欠損症サーベイランスの基盤に基づいた2015年(イリノイ州、ニューメキシコ州、バーモント州)および2016年(イリノイ州)におけるNAS罹患率と、他のデータによる罹患率の評価が行われた。2015年における新生児1,000人あたりのNAS罹患率はイリノイ州が3.0、ニューメキシコ州が7.5、バーモント州が30.8であり、イリノイ州では退院データによるNAS罹患率は2.7、Adverse Pregnancy Outcomes Reporting Systemデータでは2.2、病院によるNASスコアでは0.4、バーモント州では医療費請求データでは62.3、退院データでは29.6、民間の保険請求データでは1.6であった。2016年のイリノイ州におけるNAS罹患率は3.0であり、退院データでは2.9、Adverse Pregnancy Outcomes Reporting Systemデータでは2.2、病院によるNASスコアでは0.1であった。診断コードの陽性適中率は新生児における薬物離脱症候群(ICD-9-CMコード779.5)および依存症の母親の乳児の薬物離脱症状(ICD-10-CMコードP96.1)にて高かった(それぞれ58.6%~80.2%、58.5%~80.2%)。以上、退院データにおける診断コードのみに基づくNAS発症率は過大評価傾向にあることが示唆された。

References

  • Hudak ML, Tan RC; The Committee on Drugs; The Committee on Fetus and Newborn; American Academy of Pediatrics. Neonatal drug withdrawal. Pediatrics 2012;129:e540–60. <https://doi.org/10.1542/peds.2011-3212>
  • Winkelman TNA, Villapiano N, Kozhimannil KB, Davis MM, Patrick SW. Incidence and costs of neonatal abstinence syndrome among infants with Medicaid: 2004–2014. Pediatrics 2018;141:e20173520. <https://doi.org/10.1542/peds.2017-3520>
  • Zimmermann-Baer U, Nötzli U, Rentsch K, Bucher HU. Finnegan neonatal abstinence scoring system: normal values for first 3 days and weeks 5–6 in non-addicted infants. Addiction 2010;105:524–8. <https://doi.org/10.1111/j.1360-0443.2009.02802.x>
  • Lind JN, Petersen EE, Lederer PA, et al. Infant and maternal characteristics in neonatal abstinence syndrome—selected hospitals in Florida, 2010–2011. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2015;64:213–6.
  • Patrick SW, Dudley J, Martin PR, et al. Prescription opioid epidemic and infant outcomes. Pediatrics 2015;135:842–50. <https://doi.org/10.1542/peds.2014-3299>
  • Maalouf FI, Cooper WO, Stratton SM, et al. Positive predictive value of administrative data for neonatal abstinence syndrome. Pediatrics 2019;143:e20174183. <https://doi.org/10.1542/peds.2017-4183>
  • Correa A, Cragan JD, Kucik JE, et al. Reporting birth defects surveillance data 1968–2003. Birth Defects Res A Clin Mol Teratol 2007;79:65–186.
  • Haight SC, Ko JY, Tong VT, Bohm MK, Callaghan WM. Opioid use disorder documented at delivery hospitalization—United States, 1999–2014. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2018;67:845–9. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6731a1>
  • Patrick SW, Davis MM, Lehmann CU, Cooper WO. Increasing incidence and geographic distribution of neonatal abstinence syndrome: United States 2009 to 2012. J Perinatol 2015;35:650–5. <https://doi.org/10.1038/jp.2015.36>
  • Ko JY, Patrick SW, Tong VT, Patel R, Lind JN, Barfield WD. Incidence of neonatal abstinence syndrome—28 states, 1999–2013. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2016;65:799–802. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6531a2>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ