一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2019年(Vol.68)B型肝炎の対策とB型肝炎ウイルスの母子感染の根絶へ・・・

MMWR抄訳

rss

2019/03/01Vol. 68 / No. 8

MMWR68(8):195-200
Progress Toward Hepatitis B Control and Elimination of Mother-to-Child Transmission of Hepatitis B Virus — Western Pacific Region, 2005–2017

B型肝炎の対策とB型肝炎ウイルスの母子感染の根絶へ向けた進展 ― 西太平洋地域、2005年~2017年

1982年以降に利用可能になったB型肝炎ワクチン(HepB)は、95%を超えるワクチン接種者において、B型肝炎ウイルス(HBV)感染および感染に関連して20~30%増加する肝硬変または肝細胞癌を発症する生涯リスクを生涯にわたって防御する。HepBが全国の小児予防接種スケジュールに導入される前は、世界保健機関(WHO)の西太平洋地域(WPR)における推定されたB型肝炎表面抗原(HBsAg)の保有率は、1990年で8%を超えていた。2005年に、WPRはWHOの地域としては初めてB型肝炎の制御目標を設定し、2012年までに5歳児のHBsAg保有率を2%未満に減少させることを最初の目標とした。2013年には、2017年までに達成するためにより厳格な目標を設定し、5歳児間のHBsAg保有率の1%未満への低下、および国内の接種率が適時のHepB出生時接種(HepB-BD、生後24時間以内の接種と定義)と3回目のHepB接種(HepB3)の両方で95%以上への増加が含まれた。すべてのWPRの国/地域は、2015年のRegional Action Plan for Viral Hepatitis in the Western Pacific Region 2016–2020、および2017年のRegional Framework for the Triple Elimination of Mother-to-Child Transmission of human immunodeficiency virus(HIV)、Hepatitis B and Syphilis in Asia and the Pacific 2018–2030(トリプル根絶の枠組み)を承認した。これらの地域的な目標と戦略は、5歳児のHBsAg保有率を2020年までに1%以下、2030年までに0.1%以下にすることを目指しているWHO Global Health Sector Strategy on Viral Hepatitis 2016–2021によって確立されたプログラム目標と一致している。今回、2005年から2017年の間にWPRにおけるB型肝炎制御の達成に向けた進展と、HBVの母子感染根絶のために取られた措置について述べる。2012年までに、36の国/地域のうち34カ所(94%)で一般的にHepB-BDが提供された。1987年以来、日本とニュージーランドは、HBsAg陽性またはHBsAgの状態が不明な母親から生まれた乳児に適時、HepB-BDの選択的接種を提供してきた。2005年から2017年の間に、地域のHepB-BD接種率は63%から85%に増加し、HepB3接種率は76%から93%に増加した。2017年には、36の国/地域のうち15カ所(42%)が適時HepB-BD接種率95%以上を達成し、国/地域の18カ所(50%)でHepB3の接種率95%以上を達成した。2017年12月までに、5歳児のHBsAg血清陽性率は、25の国/地域(69%)で1%未満に低下した。特に、この地域で最大の出生コホートを有する中国は、小児におけるHBV感染の有病率を0.5%未満まで減少させることに成功した。ラオス、パプアニューギニア、ベトナム、太平洋諸島諸国では、5歳児のHBsAg保有率は依然として2%を超えると推定されている。実証済みのワクチン接種戦略の継続的な実施は、WPRのB型肝炎の制御目標に向けてさらに進展するために必要と思われる。HepB-BDおよびHepB3の高接種率に加え、妊婦の定期的なHBsAg検査、曝露した新生児へのB型肝炎免疫グロブリンの適時投与、ウイルス量高値の母体の抗ウイルス治療をはじめとする、トリプル根絶枠組みによる補完的B型肝炎予防サービスの実施の強化は、2030年までに世界的なB型肝炎根絶目標を達成するために必要となる。

References

  • World Health Organization. Hepatitis B vaccines: WHO position paper—July 2017. Wkly Epidemiol Rec 2017;92:369–92.
  • Wiesen E, Diorditsa S, Li X. Progress towards hepatitis B prevention through vaccination in the Western Pacific, 1990–2014. Vaccine 2016;34:2855–62. <https://doi.org/10.1016/j.vaccine.2016.03.060>
  • World Health Organization, Regional Committee for the Western Pacific. Resolution WPR/RC64.R5: hepatitis B control through vaccination: setting the target. Manila, Philippines: World Health Organization, Regional Committee for the Western Pacific; 2013. <https://apps.who.int/iris/bitstream/handle/10665/137694/WPR_RC064_Res05_2013_en.pdf>
  • World Health Organization. Regional action plan for viral hepatitis in the Western Pacific Region 2016–2020. Manila, Philippines: World Health Organization; 2016. <https://iris.wpro.who.int/bitstream/handle/10665.1/13141/97892906177617_eng.pdf>
  • World Health Organization. Regional framework for the triple elimination of mother-to-child transmission of HIV, hepatitis B and syphilis in Asia and the Pacific 2018–2030. Manila, Philippines: World Health Organization; 2018. <https://iris.wpro.who.int/bitstream/handle/10665.1/14193/9789290618553-eng.pdf?ua=1>
  • World Health Organization. Global health sector strategy on viral hepatitis 2016–2021. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2016. <https://www.who.int/hepatitis/strategy2016-2021/ghss-hep/en/>
  • Allison RD, Patel MK, Tohme RA. Hepatitis B vaccine birth dose coverage correlates worldwide with rates of institutional deliveries and skilled attendance at birth. Vaccine 2017;35:4094–8. <https://doi.org/10.1016/j.vaccine.2017.06.051>
  • Breakwell L, Anga J, Dadari I, Sadr-Azodi N, Ogaoga D, Patel M. Evaluation of storing hepatitis B vaccine outside the cold chain in the Solomon Islands: identifying opportunities and barriers to implementation. Vaccine 2017;35:2770–4. <https://doi.org/10.1016/j.vaccine.2017.04.011>
  • World Health Organization. WHO recommendations on postnatal care of the mother and newborn. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2014. <https://www.who.int/maternal_child_adolescent/documents/postnatal-care-recommendations/en/>
  • Zhang L, Tao Y, Woodring J, et al. Integrated approach for triple elimination of mother-to-child transmission of HIV, hepatitis B and syphilis is highly effective and cost-effective: an economic evaluation. Int J Epidemiol. In press 2019.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ