一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2019年(Vol.68)学校に関係する若者の殺人の特徴 ― アメリカ、19・・・

MMWR抄訳

rss

2019/01/25Vol. 68 / No. 3

MMWR68(3):53-60
Characteristics of School-Associated Youth Homicides — United States, 1994–2018

学校に関係する若者の殺人の特徴 ― アメリカ、1994年~2018年

アメリカでは1994年7月~2016年6月の22年間に学校に関係する殺人事件が423件発生しており、うち393件は犠牲者が1人、30件は犠牲者が複数(90名)であった。さらに犠牲者が複数の殺人事件が2016年7月~2017年6月に3件、2017年7月~2018年6月に5件発生し、計38件(121名)となっている。今回、CDCのSchool-Associated Violent Death Surveillance Systemのデータから、学校に関係する若者の殺人についてその傾向と特徴を分析した。犠牲者が1人の殺人事件の被害者の多くは男子(304名:77.4%、女子89名:22.6%)および15~18歳(306名:77.9%、5~9歳12名:3.1%、10~14歳75名:19.1%)であった。一方、犠牲者が複数の殺人事件では、被害者は男子60名(49.6%)、女子61名(50.4%)とほぼ同数であり、年齢別では5~9歳28名(23.1%)、10~14歳28名(23.1%)、15~18歳65名(53.7%)であった。犠牲者が1人の殺人事件による死亡者は都市部(10万人あたり0.07)、公立校(0.037)、高校(0.091)にて多く、非ヒスパニック系黒人のレート比は白人の8.27倍であった。判明している殺人の動機は、ギャング関連(58.2%)、個人同士の争い(44%)が多く、犠牲者が複数の殺人の動機は報復(いじめ、グループ間の対立、教師による成績の低評価)が39.0%ともっとも多く、ギャング関連(34.1%)、個人間の争い(29.3%)の順であった。また、死因は銃による負傷がもっとも多かった[犠牲者が1人の殺人:247名(62.8%)、複数の殺人:115名(95%)]。犠牲者が1人の殺人事件の発生率は1994年7月~2016年6月にて生徒10万人あたり平均0.03であり、2000年7月まで減少した後、2007年6月まで有意に増加、全体では有意な変動は認めなかった。犠牲者が複数の殺人事件の発生率は1994年7月~2017年6月にて平均0.008であり、2009年6月まで減少した後、2018年6月まで増加、全体では有意な変動は認めなかった。

References

  • CDC. School-associated student homicides—United States, 1992–2006. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2008;57:33–6.
  • Institute of Education Sciences. Indicators of school crime and safety: 2017. Washington, DC: US Department of Education, National Center for Education Statistics; 2018. <https://nces.ed.gov/pubs2018/2018036.pdf>
  • CDC. CDC WONDER compressed mortality file 1999–2016. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2018. <https://wonder.cdc.gov/cmf-icd10.html>
  • Kegler SR. Applying the compound Poisson process model to the reporting of injury-related mortality rates. Epidemiol Perspect Innov 2007;4:1. <https://doi.org/10.1186/1742-5573-4-1>
  • David-Ferdon C, Dahlberg LL, Kegler S. Homicide rates among persons aged 10–24 years—United States, 1981–2010. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2013;62:545–8.
  • Federal Bureau of Investigation. Uniform crime reports: 2014 crime in the United States. Washington, DC: US Department of Justice, Federal Bureau of Investigation, Criminal Justice Information Services Division; 2015. <https://ucr.fbi.gov/crime-in-the-u.s/2014/crime-in-the-u.s.-2014>
  • Howell JC, Egley A Jr, Tita GE, Griffiths E. US gang problem trends and seriousness, 1996–2009. Washington, DC: US Department of Justice; 2011. <https://www.nationalgangcenter.gov/Content/Documents/Bulletin-6.pdf>
  • CDC. Source of firearms used by students in school-associated violent deaths—United States, 1992–1999. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2003;52:169–72.
  • David-Ferdon C, Vivolo-Kantor AM, Dahlberg LL, Marshall KJ, Rainford N, Hall JE. A comprehensive technical package for the prevention of youth violence and associated risk behaviors. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC, National Center for Injury Prevention and Control; 2016. <https://www.cdc.gov/violenceprevention/pdf/yv-technicalpackage.pdf>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ