一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2019年(Vol.68)子宮頸癌検査の実施率に関する基準値の確立 ― イン・・・

MMWR抄訳

rss

2019/01/11Vol. 68 / No. 1

MMWR68(1):14-19
Establishing Baseline Cervical Cancer Screening Coverage — India, 2015–2016

子宮頸癌検査の実施率に関する基準値の確立 ― インド、2015年~2016年

子宮頸癌はインド人女性の新規癌症例および癌による死亡第2位であり、年間の新規例は96,222例、死亡例は60,078例と推定されている。2016年、Ministry of Health and Family Welfare of IndiaはWHOガイドラインに従い、酢酸による視診を用いた子宮頸癌検査を30~65歳の女性に対し5年ごとに受けるよう推奨している。今回、2015年~2016年における子宮頸癌スクリーニング検査の実施率が、Fourth National Family Health Survey(NFHS-4)のデータを用いて分析された。分析対象は30~49歳の女性336,777名であり、29.8%の女性が検査を受けたことがあると回答した。学歴別では正規教育を受けていない女性に比べ、12学年以上の教育を受けた女性にて高く(24.7% vs. 37.1%)、また、パートナーが正規教育を受けていない女性に比べ、パートナーが12学年以上の教育を受けた女性にて高かった(26.3% vs. 36.9%)。婚姻状態別では未婚女性で6.2%と低く、既婚女性では30.5%、世帯収入別では最下層の女性にて17.1%、最高層の女性にて40.4%であった。宗教別ではヒンドゥー教(29.4%)やイスラム教(26.8%)がシーク教(50.2%)、仏教(48.2%)、キリスト教(39.1%)に比べて低く、また、指定部族(25.1%)、指定カースト(28.2%)では他の下層階級(30.8%)、一般階級(31.2%)に比べ低かった。地理的には都市部の女性(34.0%)に比べ地方の女性(27.5%)にて低く、西部(45.2%)、連邦直轄地(41.2%)、南部(38.1%)、北部(37.0%)にて高く、北東部(10.0%)、東部(15.7%)、中央(22.7%)にて低かった。州別では5.2%(西ベンガル州)~78.1%(ケララ州)であった。以上、インドでは30~49歳の女性における子宮頸癌スクリーニング検査率は低く(29.8%)、検査率には女性本人やパートナーの学歴、経済状態、婚姻状態および地理的要因による相違が認められた。

References

  • Ginsburg O, Bray F, Coleman MP, et al. The global burden of women’s cancers: a grand challenge in global health. Lancet 2017;389:847–60. <https://doi.org/10.1016/S0140-6736(16)31392-7>
  • World Health Organization. WHO guidelines for screening and treatment of precancerous lesions for cervical cancer prevention. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2013. <https://apps.who.int/iris/bitstream/10665/94830/1/9789241548694_eng.pdf>
  • Government of India Ministry of Health and Family Welfare. Operational framework: management of common cancers. New Delhi, India: Government of India Ministry of Health and Family Welfare; 2016. <http://cancerindia.org.in/wp-content/uploads/2017/11/Operational_Framework_Management_of_Common_Cancers.pdf>
  • World Health Organization. 25 indicators of noncommunicable diseases global monitoring framework. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2014. <https://www.who.int/nmh/global_monitoring_framework/2013-11-06-who-dc-c268-whp-gap-ncds-techdoc-def3.pdf?ua=1>
  • Shastri SS, Mittra I, Mishra GA, et al. Effect of VIA screening by primary health workers: randomized controlled study in Mumbai, India. J Natl Cancer Inst 2014;106:dju009. <https://doi.org/10.1093/jnci/dju009>
  • Sankaranarayanan R, Esmy PO, Rajkumar R, et al. Effect of visual screening on cervical cancer incidence and mortality in Tamil Nadu, India: a cluster-randomised trial. Lancet 2007;370:398–406. <https://doi.org/10.1016/S0140-6736(07)61195-7>
  • India State-Level Disease Burden Initiative Collaborators. Nations within a nation: variations in epidemiological transition across the states of India, 1990–2016 in the Global Burden of Disease Study. Lancet 2017;390:2437–60. <https://doi.org/10.1016/S0140-6736(17)32804-0>
  • Rauscher GH, Johnson TP, Cho YI, Walk JA. Accuracy of self-reported cancer-screening histories: a meta-analysis. Cancer Epidemiol Biomarkers Prev 2008;17:748–57. <https://doi.org/10.1158/1055-9965.EPI-07-2629>
  • Viens L, Perin D, Senkomago V, Neri A, Saraiya M. Questions about cervical and breast cancer screening knowledge, practice, and outcomes: a review of demographic and health surveys. J Womens Health (Larchmt) 2017;26:403–12. <https://doi.org/10.1089/jwh.2017.6441>
  • Gakidou E, Nordhagen S, Obermeyer Z. Coverage of cervical cancer screening in 57 countries: low average levels and large inequalities. PLoS Med 2008;5:e132. <https://doi.org/10.1371/journal.pmed.0050132>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ