一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2019年(Vol.68)HIVケアにおけるアメリカ先住民/アラスカ先住民の・・・

MMWR抄訳

rss

2019/01/04Vol. 67 / Nos. 51 & 52

MMWR67(51 & 52):1405-1409
Behavioral and Clinical Characteristics of American Indian/Alaska Native Adults in HIV Care — Medical Monitoring Project, United States, 2011–2015

HIVケアにおけるアメリカ先住民/アラスカ先住民の行動および臨床的特徴 ― Medical Monitoring Project、アメリカ、2011年~2015年

2016年のアメリカ先住民/アラスカ先住民(AI/AN)におけるヒト免疫不全ウイルス(HIV)感染症の診断率(人口10万人当たり10.2人)は、アメリカの7つの人種/民族群の中で4番目に高く、HIV感染症の診断数は2011年の143人から2016年の243人へ70%増加した。一方で、サンプルサイズが小さくAI/ANに特定した推定値が頻繁に分析されない、サーベイランスや他のデータソースにてAI/ANの人種/民族が過小評価されているなどの理由で、HIV感染症ケアにおけるAI/AN患者の社会人口統計学的、行動的、臨床的特徴については、ほとんど発表されていない。CDCは、HIV感染と診断された人の経験とニーズに関する情報を収集するサーベイランスシステムであるMedical Monitoring Project(MMP)のデータから、2011年から2015年に収集されたHIV医療ケアを受けているAI/AN成人の情報を分析した。MMP集団のAI/AN患者は3.6%を占めた(666人)。 HIVに感染しているAI/AN患者のうち65%は複数の人種群に含まれていることが確認され、29%がヒスパニック/ラテン系民族となっていた。 51%がアメリカの保健福祉省(HHS)の貧困ガイドライン以下の世帯収入で、過去12カ月間に12%がホームレスを経験し、6%が収監されていた。 78%の患者が内面にHIV関連のスティグマがあり、37%がHIV陽性の検査以降にヘルスケアでの差別を経験した。HIV感染症ケア中のAI/AN患者のうち、27%は過去2週間に大うつ病または他のうつ病と一致する症状、12%は社会的支援に不満があり、20%は大量飲酒をし、過去に12カ月に32%が注射以外の薬、5%は注射薬を使用し、46%が現喫煙者であった。HIV感染症のAI/AN患者の8%がHIV陰性または不明のパートナーと避妊具なしの性行為をしていたが、過去12カ月間に持続的ウイルス抑制がされていなかった。臨床的特徴に関しては、86%が抗ウイルス療法にアドヒアランスがあり、64%が持続性なウイルス抑制を達成し、過去12カ月間のウイルス量検査時に76%がウイルス抑制を達成した。AI/AN患者の17%がピアサポートグループのサービスを受けたが、11%の患者はサービスを必要としていたが受けていなかった。 AI/AN患者の約3分の1がメンタルヘルスサービスを受け、8%は必要としていたが受けなかった。以上、HIV感染症のAI / AN患者の健康を改善するためには、医療従事者、部族組織、州および地域の保健部門が、ウイルス抑制を達成したHIV感染症のAI/AN患者に対する社会人口統計学的と行動の障壁を考慮し、これらの障壁を取り除くケアプランを構築することが重要である。

References

  • CDC. Diagnoses of HIV infection in the United States and dependent areas, 2016. HIV surveillance report: vol. 28. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2017. <https://www.cdc.gov/hiv/pdf/library/reports/surveillance/cdc-hiv-surveillance-report-2016-vol-28.pdf>
  • CDC. Improving HIV surveillance among American Indians and Alaska Natives in the United States. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2013. <https://www.cdc.gov/hiv/pdf/policies_strategy_nhas_native_americans.pdf>
  • Bertolli J, Lee LM, Sullivan PS; AI/AN Race/Ethnicity Data Validation Workgroup. Racial misidentification of American Indians/Alaska Natives in the HIV/AIDS reporting systems of five states and one urban health jurisdiction, U.S., 1984–2002. Public Health Rep 2007;122:382–92. <https://doi.org/10.1177/003335490712200312>
  • CDC. Understanding the HIV care continuum. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2017. <https://www.cdc.gov/hiv/pdf/library/factsheets/cdc-hiv-care-continuum.pdf>
  • CDC. Behavioral and clinical characteristics of persons receiving medical care for HIV infection—Medical Monitoring Project, United States, 2013 cycle (June 2013–May 2014). HIV surveillance special report: no. 16. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2016. <https://www.cdc.gov/hiv/pdf/library/reports/surveillance/cdc-hiv-hssr-mmp-2013.pdf>
  • Do AN, Rosenberg ES, Sullivan PS, et al. Excess burden of depression among HIV-infected persons receiving medical care in the United States: data from the medical monitoring project and the behavioral risk factor surveillance system. PLoS One 2014;9:e92842. <https://doi.org/10.1371/journal.pone.0092842>
  • Baugher AR, Beer L, Fagan JL, et al.; Medical Monitoring Project. Prevalence of internalized HIV-related stigma among HIV-infected adults in care, United States, 2011–2013. AIDS Behav 2017;21:2600–8. <https://doi.org/10.1007/s10461-017-1712-y>
  • Pfeiffer PN, Heisler M, Piette JD, Rogers MA, Valenstein M. Efficacy of peer support interventions for depression: a meta-analysis. Gen Hosp Psychiatry 2011;33:29–36. <https://doi.org/10.1016/j.genhosppsych.2010.10.002>
  • Bradley H, Mattson CL, Beer L, Huang P, Shouse RL; Medical Monitoring Project. Increased antiretroviral therapy prescription and HIV viral suppression among persons receiving clinical care for HIV infection. AIDS 2016;30:2117–24. <https://doi.org/10.1097/QAD.0000000000001164>
  • Ramisetty-Mikler S, Ebama MS. Alcohol/drug exposure, HIV-related sexual risk among urban American Indian and Alaska Native Youth: evidence from a national survey. J Sch Health 2011;81:671–9. <https://doi.org/10.1111/j.1746-1561.2011.00643.x>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ