一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2018年(Vol.67)最新情報:海外旅行時の曝露前予防および曝露後予防と・・・

MMWR抄訳

rss

2018/11/02Vol. 67 / No. 43

MMWR67(43):1216-1220
Update: Recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices for Use of Hepatitis A Vaccine for Postexposure Prophylaxis and for Preexposure Prophylaxis for International Travel

最新情報:海外旅行時の曝露前予防および曝露後予防としてのA型肝炎ワクチン使用に関するAdvisory Committee on Immunization Practicesの勧告

A型肝炎(HepA)ワクチンまたは免疫グロブリン(IG)による曝露後予防(PEP)は、曝露から2週間以内に投与された場合にA型肝炎ウイルス(HAV)感染を効果的に予防する。一方、HepAワクチンまたはIGの投与によるHAV感染に対する曝露前予防は、HAVの高度または中程度の地方的流行がある国へ旅行するか、勤務するワクチン未接種者を保護するために提供する。 Advisory Committee on Immunization Practices(ACIP)は、40歳を超える人に対するPEPのためのワクチン投与のシステマティックレビューを実施するとともに、海外旅行前の乳児のHepAワクチンの有効性と安全性およびHAVに対する予防効果の利益を評価した。HAV感染者と接触した2~40歳の1090例を対象としたHepAワクチンのランダム化二重盲検試験では、曝露後14日未満のHepAワクチンとIGの性能は近似していることが示唆された。40歳未満の健常成人におけるHepAワクチンとIGを比較した利用可能なデータが限られているが、高齢群でのHepAワクチンに対する反応は、若年成人と比べ低下した。生後12カ月未満の乳児の予防接種は、受動的に獲得された母体由来抗体の潜在的な干渉のために不十分な結果になる可能性もあるが、HepAワクチンは生後2カ月齢の乳児に安全で有効であることが証明されている。2018年2月21日、ACIP勧告は、PEPおよび海外旅行のためのHepAワクチンに関する以前のACIP勧告を更新した。 現在の勧告には、PEPのためには生後12カ月以上のすべての人へHepAワクチンを投与する必要があることが含まれている。HepAワクチンに加えて、IGは、医療提供者のリスクアセスメントに応じて、40歳を超えた人に投与することができる。 ACIPはまた、HAVに対する予防が推奨される場合には、HepAワクチンを、アメリカ国外を旅行する生後6~11カ月齢の乳児に投与することを推奨した。生後 6~11カ月の乳児の旅行関連の投与は、日常的な2回投与シリーズに加算すべきではない。 適用可能な場合は、IGの投与量が更新された(0.1mL / kg)。 PEPのためのHepAワクチンは、能動免疫の誘導、長期間の予防、投与の簡便性、優れた受容性および利便性といった点でIGより優れている。

References

  • Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP). Update: prevention of hepatitis A after exposure to hepatitis A virus and in international travelers. Updated recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP). MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2007;56:1080–4.
  • Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP). Fiore AE, Wasley A, Bell BP. Prevention of hepatitis A through active or passive immunization: recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP). MMWR Recomm Rep 2006;55(No. RR-7).
  • Nelson NP. Hepatitis A. In: CDC yellow book 2018: health information for international travel. New York, NY: Oxford University Press; 2017. <https://wwwnc.cdc.gov/travel/yellowbook/2018/infectious-diseases-related-to-travel/hepatitis-a>
  • Kroger AT, Duchin J, Vázquez M. General best practice guidelines for immunization: best practices guidance of the Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP). <https://www.cdc.gov/vaccines/hcp/acip-recs/general-recs/downloads/general-recs.pdf>
  • McLean HQ, Fiebelkorn AP, Temte JL, Wallace GS; CDC. Prevention of measles, rubella, congenital rubella syndrome, and mumps, 2013: summary recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP). MMWR Recomm Rep 2013;62(No. RR-4).
  • Nelson NP. Updated dosing instructions for immune globulin (human) GamaSTAN S/D for hepatitis A virus prophylaxis. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2017;66:959–60. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6636a5>
  • Letson GW, Shapiro CN, Kuehn D, et al. Effect of maternal antibody on immunogenicity of hepatitis A vaccine in infants. J Pediatr 2004;144:327–32. <https://doi.org/10.1016/j.jpeds.2003.11.030>
  • Dagan R, Amir J, Mijalovsky A, et al. Immunization against hepatitis A in the first year of life: priming despite the presence of maternal antibody. Pediatr Infect Dis J 2000;19:1045–52. <https://doi.org/10.1097/00006454-200011000-00004>
  • Bell BP, Negus S, Fiore AE, et al. Immunogenicity of an inactivated hepatitis A vaccine in infants and young children. Pediatr Infect Dis J 2007;26:116–22. <https://doi.org/10.1097/01.inf.0000253253.85640.cc>
  • Victor JC, Monto AS, Surdina TY, et al. Hepatitis A vaccine versus immune globulin for postexposure prophylaxis. N Engl J Med 2007;357:1685–94. <https://doi.org/10.1056/NEJMoa070546>
  • Link-Gelles R, Hofmeister MG, Nelson NP. Use of hepatitis A vaccine for post-exposure prophylaxis in individuals over 40 years of age: a systematic review of published studies and recommendations for vaccine use. Vaccine 2018;36:2745–50. <https://doi.org/10.1016/j.vaccine.2018.04.015>
  • Tejada-Strop A, Costafreda MI, Dimitrova Z, Kaplan GG, Teo CG. Evaluation of potencies of immune globulin products against hepatitis A. JAMA Intern Med 2017;177:430–2. <https://doi.org/10.1001/jamainternmed.2016.9057>
  • Usonis V, Meriste S, Bakasenas V, et al. Immunogenicity and safety of a combined hepatitis A and B vaccine administered concomitantly with either a measles-mumps-rubella or a diphtheria-tetanus-acellular pertussis-inactivated poliomyelitis vaccine mixed with a Haemophilus influenzae type b conjugate vaccine in infants aged 12–18 months. Vaccine 2005;23:2602–6. <https://doi.org/10.1016/j.vaccine.2004.11.062>
  • CDC. Hepatitis A vaccine: vaccine information statement. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2016. <https://www.cdc.gov/vaccines/hcp/vis/vis-statements/hep-a.pdf>
  • Keeffe EB, Iwarson S, McMahon BJ, et al. Safety and immunogenicity of hepatitis A vaccine in patients with chronic liver disease. Hepatology 1998;27:881–6. <https://doi.org/10.1002/hep.510270336>
  • Buxton JA, Kim JH. Hepatitis A and hepatitis B vaccination responses in persons with chronic hepatitis C infections: a review of the evidence and current recommendations. Can J Infect Dis Med Microbiol 2008;19:197–202. <https://doi.org/10.1155/2008/410362>
  • Lee SD, Chan CY, Yu MI, et al. Safety and immunogenicity of inactivated hepatitis A vaccine in patients with chronic liver disease. J Med Virol 1997;52:215–8. <https://doi.org/10.1002/(SICI)1096-9071(199706)52:2<215::AID-JMV16>3.0.CO;2-J>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ