一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2018年(Vol.67)性別および性的マイノリティ成人の慢性疾患を予防する・・・

MMWR抄訳

rss

2018/08/17Vol. 67 / No. 32

MMWR67(32):888-893
Prevalence of Five Health-Related Behaviors for Chronic Disease Prevention Among Sexual and Gender Minority Adults — 25 U.S. States and Guam, 2016

性別および性的マイノリティ成人の慢性疾患を予防する健康関連行動5種類の実施率 ― アメリカ25州とグアム、2016年

アメリカではここ数十年の間にレズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダー(LGBT)における健康格差が認識されるようになり、Healthy People 2020ではLGBTの健康の改善が目標に掲げられている。今回、CDCは2016年の25州およびグアムの Behavioral Risk Factor Surveillance Systemのデータから、LGBTにおける5つの健康関連行動[ 1) タバコを吸わない、2) 飲酒はしない/少量、3) 適正体重である、4) 余暇に身体的活動をする、5) 1日に平均7時間以上の睡眠をとる]の実施率について分析を行った。性的志向は男性86,185名にて異性愛者が92.7%、ゲイが2.2%、バイセクシュアルが1.5%、女性114,842名にて異性愛者が91.7%、レズビアンが1.3%、バイセクシュアルが2.3%であった。男性では、ゲイは異性愛者に比べタバコを吸わない、飲酒はしない/少量の割合が低く(それぞれ77.0% vs. 81.4%、51.8% vs. 60.8%)、余暇に身体的活動をする割合は高かった(82.0% vs. 77.9%)。また、適正体重の割合は40.3%であり、バイセクシュアル(29.8%)、異性愛者(25.0%)に比べ高かった。女性では、異性愛者のタバコを吸わない、飲酒はしない/少量、1日に平均7時間以上の睡眠をとる割合がそれぞれ86.0%、66.2%、65.9%であり、レズビアン(75.0、50.6、55.3%)およびバイセクシュアル(71.7%、47.1%、56.1%)に比べ高かった。余暇に身体的活動をする割合はレズビアン(80.6%)、バイセクシュアル(77.6%)にて異性愛者(73.8%)に比べ高く、適正体重の割合はレズビアンに比べ異性愛者にて高かった(30.4% vs. 37.0%)。これらの5つの健康関連行動が1つもない/1つのみの割合はレズビアン(10.0%)、バイセクシュアル(10.7%)に比べ異性愛者にて低く(4.9%)、5つすべて当てはまる人の割合はレズビアン(5.4%)、バイセクシュアル(6.9%)に比べ異性愛者にて高かった(10.6%)。性同一性に関する質問の回答者(200,874人)では98.3%がシスジェンダーであり、0.2%が男性から女性へのトランスジェンダー、0.1%が女性から男性へのトランスジェンダー、0.1%は性同一障害であった。余暇に身体的活動をする割合はシスジェンダーにて高く(75.5%)、男性から女性へのトランスジェンダーにて低かった(56.7%)。1日に平均7時間以上の睡眠をとる割合は男性から女性へのトランスジェンダーにて高く(77.4%)、シスジェンダー(65.0%)、女性から男性へのトランスジェンダー(58.9%)、性同一障害(52.9%)の順であった。また、男性から女性へのトランスジェンダーはこれら5つの健康関連行動のうち2つを実施する人の割合が低く(12.3%、シスジェンダー:18.6%)、5つのうち3つを行う人の割合は高かった(47.2%、シスジェンダー:35.3%、女性から男性へのトランスジェンダー:28.2%)。以上のことから、LGBTに対する健康増進を目標とした努力を継続する必要性が示された。

References

  • Mayer KH, Bradford JB, Makadon HJ, Stall R, Goldhammer H, Landers S. Sexual and gender minority health: what we know and what needs to be done. Am J Public Health 2008;98:989–95. <https://doi.org/10.2105/AJPH.2007.127811>
  • Wingard DL, Berkman LF, Brand RJ. A multivariate analysis of health-related practices: a nine-year mortality follow-up of the Alameda County Study. Am J Epidemiol 1982;116:765–75. <https://doi.org/10.1093/oxfordjournals.aje.a113466>
  • Gonzales G, Przedworski J, Henning-Smith C. Comparison of health and health risk factors between lesbian, gay, and bisexual adults and heterosexual adults in the United States: results from the National Health Interview Survey. JAMA Intern Med 2016;176:1344–51. <https://doi.org/10.1001/jamainternmed.2016.3432>
  • Lunn MR, Cui W, Zack MM, Thompson WW, Blank MB, Yehia BR. Sociodemographic characteristics and health outcomes among lesbian, gay, and bisexual U.S. adults using Healthy People 2020 leading health indicators. LGBT Health 2017;4:283–94. <https://doi.org/10.1089/lgbt.2016.0087>
  • Meyer IH, Brown TN, Herman JL, Reisner SL, Bockting WO. Demographic characteristics and health status of transgender adults in select US regions: Behavioral Risk Factor Surveillance System, 2014. Am J Public Health 2017;107:582–9. <https://doi.org/10.2105/AJPH.2016.303648>
  • Blosnich JR, Farmer GW, Lee JG, Silenzio VM, Bowen DJ. Health inequalities among sexual minority adults: evidence from ten U.S. states, 2010. Am J Prev Med 2014;46:337–49. <https://doi.org/10.1016/j.amepre.2013.11.010>
  • Seidenberg AB, Jo CL, Ribisl KM, et al. A national study of social media, television, radio, and Internet usage of adults by sexual orientation and smoking status: implications for campaign design. Int J Environ Res Public Health 2017;14:E450. <https://doi.org/10.3390/ijerph14040450>
  • Galinsky AM, Ward BW, Joestl SS, Dahlhamer JM. Sleep duration, sleep quality, and sexual orientation: findings from the 2013–2015 National Health Interview Survey. Sleep Health 2018;4:56–62. <https://doi.org/10.1016/j.sleh.2017.10.004>
  • Roberts SJ, Stuart-Shor EM, Oppenheimer RA. Lesbians’ attitudes and beliefs regarding overweight and weight reduction. J Clin Nurs 2010;19:1986–94. <https://doi.org/10.1111/j.1365-2702.2009.03182.x>
  • Rizer AM, Mauery DR, Haynes SG, Couser B, Gruman C. Challenges in intervention research for lesbian and bisexual women. LGBT Health 2015;2:105–12. <https://doi.org/10.1089/lgbt.2014.0122>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ