一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2018年(Vol.67)成人における身体障害の状態およびタイプによる障害の・・・

MMWR抄訳

rss

2018/08/17Vol. 67 / No. 32

MMWR67(32):882-887
Prevalence of Disabilities and Health Care Access by Disability Status and Type Among Adults — United States, 2016

成人における身体障害の状態およびタイプによる障害の保有率とケルスケアの利用 ― アメリカ、2016年

2016年のBehavioral Risk Factor Surveillance Systemのデータから、CDCは年齢、性別、人種/民族別の聴覚障害、視覚障害、認知機能障害、運動障害、セルフケア障害および自立生活障害の保有率について分析し、これら障害者のヘルスケアへの利用について評価した。アメリカでは成人の約1/4(25.7%、推定6億1,400万人)が何らかの障害を有しており、その数は運動障害(13.7%)、認知機能障害(10.8%)、自立生活障害(6.8%)、聴覚障害(5.9%)、視覚障害(4.6%)、セルフケア障害(3.7%)の順であった。年齢別の障害保有率は全体では18~44歳が16.6%、45~64歳が28.6%、65歳以上が41.7%と年齢に伴い増加したが、認知機能障害は45~64歳(11.9%)、18~44歳(10.6%)、65歳以上(9.5%)の順であり、その他は年齢に伴い増加していた。また、男女別保有率はいずれの年齢層においてもすべて男性に比べ女性にて高く、人種/民族別ではいずれの年齢層もアジア系がもっとも低く、アメリカインディアン/アラスカ先住民にてもっとも高かった。地域別では他の地域に比べ南部にて高かった。2016年、医療保険加入、かかりつけ医、12カ月以内の健康診断はいずれの障害タイプにて年齢に伴い増加し、費用を理由にヘルスケアニーズを受けない割合は視覚障害を除き年齢に伴い低下した。18~44歳、45~64歳の視覚障害者は医療保険加入率が低く(それぞれ74.9%、81.3%)、かかりつけ医がある人も少なく(64.0%、82.3%)、また、18~44歳の12カ月以内の健康診断率は58.0%であった。セルフケア障害者では医療保険加入率は18~44歳が83.1%、45~64歳が88.8%、かかりつけ医のある人はそれぞれ76.3%、89.0%と多く、また、18~44歳の運動障害者の健康診断率は69.1%であった。以上、障害のタイプによりヘルスケアの利用に格差があることが示唆され、これらの情報より障害者におけるこれらの格差の是正が急がれる。

References

  • Office of the Surgeon General. The Surgeon General’s call to action to improve the health and wellness of persons with disabilities. Rockville, MD; 2005.
  • Courtney-Long EA, Carroll DD, Zhang QC, et al. Prevalence of disability and disability type among adults—United States, 2013. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2015;64:777–83. <https://doi.org/10.15585/mmwr.MM6429a2>
  • Li C-M, Zhao G, Hoffman HJ, Town M, Themann CL. Hearing disability prevalence and risk factors in two recent national surveys. Am J Prev Med 2018. <https://doi.org/10.1016/j.amepre.2018.03.022>
  • Hoffman HJ, Dobie RA, Losonczy KG, Themann CL, Flamme GA. Declining prevalence of hearing loss in US adults aged 20 to 69 years. JAMA Otolaryngol Head Neck Surg 2017;143:274–85. <https://doi.org/10.1001/jamaoto.2016.3527>
  • Stevens AC, Carroll DD, Courtney-Long EA, et al. Adults with one or more functional disabilities—United States, 2011–2014. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2016;65:1021–5. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6538a1>
  • Singh GK, Daus GP, Allender M, et al. Social determinants of health in the United States: addressing major health inequality trends for the nation, 1935–2016. Int J MCH AIDS 2017;6:139–64. <https://doi.org/10.21106/ijma.236>
  • CDC. Prevalence and most common causes of disability among adults—United States, 2005. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2009;58:421–6.
  • Okoro CA, Zhao G, Fox JB, Eke PI, Greenlund KJ, Town M. Surveillance for health care access and health services use, adults aged 18–64 years—Behavioral Risk Factor Surveillance System, United States, 2014. MMWR Surveill Summ 2017;66:1–42. <https://doi.org/10.15585/mmwr.ss6607a1>
  • Pharr JR, Bungum T. Health disparities experienced by people with disabilities in the United States: a Behavioral Risk Factor Surveillance System study. Glob J Health Sci 2012;4:99–108. <https://doi.org/10.5539/gjhs.v4n6p99>
  • Smith JC, Medalia C; US Census Bureau. Health insurance coverage in the United States: 2014. In: Current Population Reports. Washington, DC: US Government Printing Office; 2015.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ