一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2018年(Vol.67)アメリカにおける局地的な血清型W髄膜炎菌疾患の発症・・・

MMWR抄訳

rss

2018/08/17Vol. 67 / No. 32

MMWR67(32):894-897
Emergence of Localized Serogroup W Meningococcal Disease in the United States — Georgia, 2006–2016

アメリカにおける局地的な血清型W髄膜炎菌疾患の発症 ― ジョージア州、2006年~2016年

ヨーロッパおよびオーストラリアの数カ国にて血清型W髄膜炎菌(NmW)の発生が増加している。アメリカでは髄膜炎菌疾患の約5%がNmWによるものであり、この割合は数年間安定していたが、2008~2009年、フロリダ州にて局所的に増加した。ジョージア州では2006年~2013年、NmWは3%を占めるに過ぎなかったが、2014年1月~2016年12月には42%と報告されている。2006年~2016年、ジョージア州では髄膜炎疾患の症例が178例報告され、うち158例(89%)の血清型が分析された。NmWは21例(13%)、137例(87%)がnon-NmWであり、NmWの割合は2013年の0%から2016年は47%に増加、また、報告例の70%は州北部からであった。NmW 21例は男性が14例(68%)、年齢は34歳(9カ月~84歳)、18歳以上が19例(90%)、non-NmW 137例は男性が74例(54%)、年齢は26歳(13日~91歳)、18歳以上は83例(61%)であり、NmWにて有意に高齢であった。ICUに入院した症例はNmWが56%、non-NmWが54%と同等、死亡例はNmWが5例[致命率(CFR):24%]、non-NmWが21例(CFR:15%)であった。菌血症はNmWが50%、non-NmWが35%、髄膜炎はそれぞれ22%、38%に認められた。また、NmWの9例(41%)に下痢、嘔吐などの胃腸症状が認められた。NmW分離菌の86%(18例)はクローナルコンプレックス11(CC11)に属し、シーケンス型は11(ST-11)が17例、1例は新しいシーケンス型(ST-10826)であった。一対比較では、ST-11(17例)は他の州(カリフォルニア州、フロリダ州、オハイオ州、テキサス州)の分離菌よりも互いに類似しており、全体ではU.S. NmW CC11分離菌はアフリカで分離された株よりも南アメリカおよびヨーロッパで分離された株に類似していた。U.S. NmW株は世界的に循環する高病原性株として同一の祖先株から進化したと考えられ、最近の世界的な拡大に警戒する必要があると思われる。

References

  • Ladhani SN, Beebeejaun K, Lucidarme J, et al. Increase in endemic Neisseria meningitidis capsular group W sequence type 11 complex associated with severe invasive disease in England and Wales. Clin Infect Dis 2015;60:578–85. <https://doi.org/10.1093/cid/ciu881>
  • Hong E, Barret AS, Terrade A, et al. Clonal replacement and expansion among invasive meningococcal isolates of serogroup W in France. J Infect 2018;76:149–58. <https://doi.org/10.1016/j.jinf.2017.10.015>
  • Martin NV, Ong KS, Howden BP, et al.; Communicable Diseases Network Australia MenW Working Group. Rise in invasive serogroup W meningococcal disease in Australia 2013-2015. Commun Dis Intell Q Rep 2016;40:E454–9.
  • Carville KS, Stevens K, Sohail A, et al. Increase in meningococcal serogroup W disease, Victoria, Australia, 2013–2015. Emerg Infect Dis 2016;22:1785–7. <https://doi.org/10.3201/eid2210.151935>
  • Lucidarme J, Scott KJ, Ure R, et al. An international invasive meningococcal disease outbreak due to a novel and rapidly expanding serogroup W strain, Scotland and Sweden, July to August 2015. Euro Surveill 2016;21:30395. <https://doi.org/10.2807/1560-7917.ES.2016.21.45.30395>
  • Campbell H, Parikh SR, Borrow R, Kaczmarski E, Ramsay ME, Ladhani SN. Presentation with gastrointestinal symptoms and high case fatality associated with group W meningococcal disease (MenW) in teenagers, England, July 2015 to January 2016. Euro Surveill 2016;21:30175. <https://doi.org/10.2807/1560-7917.ES.2016.21.12.30175>
  • MacNeil JR, Blain AE, Wang X, Cohn AC. Current epidemiology and trends in meningococcal disease—United States, 1996–2015. Clin Infect Dis 2018;66:1276–81. <https://doi.org/10.1093/cid/cix993>
  • Doyle TJ, Mejia-Echeverry A, Fiorella P, et al. Cluster of serogroup W135 meningococci, southeastern Florida, 2008-2009. Emerg Infect Dis 2010;16:113–5. <https://doi.org/10.3201/eid1601.091026>
  • Schuchat A, Hilger T, Zell E, et al.; Active Bacterial Core Surveillance Team of the Emerging Infections Program Network. Active bacterial core surveillance of the emerging infections program network. Emerg Infect Dis 2001;7:92–9. <https://doi.org/10.3201/eid0701.010114>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ