一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2018年(Vol.67)麻疹・風疹ワクチン追加接種活動の予備評価 ― イン・・・

MMWR抄訳

rss

2018/07/06Vol. 67 / No. 26

MMWR67(26):742-746
Measles-Rubella Supplementary Immunization Activity Readiness Assessment — India, 2017–2018

麻疹・風疹ワクチン追加接種活動の予備評価 ― インド、2017年~2018年

2013年、第66回WHO南東アジア地区(SEAR)の議会にて麻疹の根絶、風疹および先天性風疹症候群のコントロールが2020年までの目標として採択された。この目標に向け、インドでは全国的な麻疹・風疹ワクチンの追加接種活動(SIA)が2017年より生後9カ月齢~14歳の小児約4億1,000万人を対象に始められ、2019年第1四半期に終了予定である。このSIAの高い質を保証するため、計画および準備がWHOの世界的フィールドガイドに合わせた状況評価法を利用してモニターされ、アンドラ・プラデシュ州、ケララ州およびテランガーナ州の24地区における評価の結果がまとめられた。各地区にて1回目の評価はSIAの4~6週間前、2回目は1~2週間前に行われ、1回目の評価ではすべての州および地区にてSIAの準備は順調に進められておらず、2回目の評価では3州のうち2州(67%、ケララ州およびテランガーナ州)にて順調であり、アンドラ・プラデシュ州では準備が遅れ、開始までにさらに1週間が必要であった。また、19/24地区(79%)では情報、教育、コミュニケーション(ICE)の準備が順調に進み、4地区(17%)では修正措置が必要であり、1地区(4%)では準備が行われず開始が遅れた。SIAの期間、対象となった小児143,894名のうち9,912名(6.9%)には接種が行われなかった[アンドラ・プラデシュ州:7%(3,314名/44,906名)、ケララ州:10%(1,943名/19,408名)、テランガーナ州:6%(4,659名/79,580名)]。ワクチンが接種されなかった理由として、子供の体調不良(3,715名:37%)、キャンペーンを知らなかった(1,566名:16%)などが挙げられた。ケララ州では未接種小児の約1/4が接種を拒否していた。また、209名(2%)はSIA実施に関する不備(接種会場の機能不全、接種者不在、ワクチン不足、その他の運搬上の問題)によるものであった。SIA接種率は2州および17地区にて95%を超えたと報告されている。SEARでは2019年までにSIAを介して5億人超の小児に対し麻疹・風疹ワクチンを接種させることを目標としており、今回のインドにおけるSIAの準備に関する評価はSIAの質を改善するため参考となるものと思われる。

References

  • World Health Organization; Regional Committee for the South-East Asia Region. Resolution SEA/RC66/R5: measles elimination and rubella/congenital rubella syndrome control. New Delhi, India: World Health Organization; 2013. <http://www.searo.who.int/about/governing_bodies/regional_committee/rc66-r5.pdf?ua=1>
  • Dabbagh A, Patel MK, Dumolard L, et al. Progress toward regional measles elimination—worldwide, 2000–2016. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2017;66:1148–53. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6642a6>
  • World Health Organization Regional Office of South-East Asia. Strategic plan for measles elimination and rubella and congenital rubella syndrome control in the South-East Asia Region—2014–2020. New Delhi, India: World Health Organization, Regional Office for South East Asia; 2014. <http://apps.who.int/iris/handle/10665/205923>
  • World Health Organization. Planning and implementing high quality supplementary immunization activities for injectable vaccines using an example of measles and rubella vaccine: field guide. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2016. <http://www.who.int/immunization/diseases/measles/SIA-Field-Guide.pdf>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ