一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2018年(Vol.67)45歳以上の成人における主観的な認知機能低下 ― ・・・

MMWR抄訳

rss

2018/07/13Vol. 67 / No. 27

MMWR67(27):753-757
Subjective Cognitive Decline Among Adults Aged ≥45 Years — United States, 2015–2016

45歳以上の成人における主観的な認知機能低下 ― アメリカ、2015~206年

主観的認知機能低下(SCD)は、過去12カ月以内に悪化またはより頻繁に起こる混乱または記憶障害で、致命的な認知症であるアルツハイマー病(すなわち、日常生活を妨げるほど重症の知能の低下)の顕著な初発症状の一つである。 記憶障害のすべてがアルツハイマー病に起因するわけではないが、アルツハイマー病は認知症の最も一般的な形態である。 SCDを調査するために、CDC2015年および2016年のBehavioral Risk Factor Surveillance Systemサーベイからのデータを分析した。「過去12カ月間に、より頻繁に起こる、または悪化する混乱や記憶障害を経験しましたか?」という質問に肯定した回答者は、SCDと分類された。日常的な活動(調理、清掃、服薬、運転、支払いなど)の断念や、労働、ボランティア、社会的活動に従事する能力の支障が(「めったにない」または「決してない」とは対照的に)「いつも」「通常」「時には」と回答した回答者は、SCD関連の機能的制約があると分類された。45歳以上の成人のうち11.2%がSCDを報告し、そのうち50.6%がSCD関連の機能障害を報告した。 SCDの罹患率は年齢とともに増加し、4554歳では10.4%であったが、75歳以上では14.3%、また、高校卒業未満者(18.2)よりも大学卒業者(7.0)で低かった。 SCD関連機能障害の割合は、大学卒業者(30.8)が高校卒業未満者(64.9)の半分であった。一人暮らしの13.8%がSCDを報告した、このうち55.7%がSCD関連機能障害を報告した。SCDの罹患率は州によって異なり、6.0(サウスダコタ州)16.3(ネバダ州)であった。SCD関連の機能的制約を報告した人が医療専門家に相談した割合(58.1)は、機能的制約がない人(30.4)のほぼ2倍であった。 機能障害のある人の81.1%がSCDのために世帯活動や家事を諦めたと回答し、73.3%でSCDが仕事、ボランティア、社会活動の能力の障害になったと報告した。成人は、認知機能低下を評価し、可能性のある治療法および慢性疾患管理、医療、介護に関連する問題に取り組むことができる医療専門家と、混乱または記憶障害について話し合う必要がある。

References

  • Alzheimer’s Association. 2018 Alzheimer’s disease facts and figures. Alzheimers Dement 2018;14:367–429. <https://doi.org/10.1016/j.jalz.2018.02.001>
  • Reid LM, Maclullich AM. Subjective memory complaints and cognitive impairment in older people. Dement Geriatr Cogn Disord 2006;22:471–85. <https://doi.org/10.1159/000096295>
  • National Institute on Aging. Do memory problems always mean Alzheimer’s disease? Bethesda, MD: National Institutes of Health, National Institute on Aging; 2018. <https://www.nia.nih.gov/health/do-memory-problems-always-mean-alzheimers-disease>
  • CDC. Self-reported increased confusion or memory loss and associated functional difficulties among adults aged ≥60 years—21 states, 2011. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2013;62:347–50.
  • Kaup AR, Nettiksimmons J, LeBlanc ES, Yaffe K. Memory complaints and risk of cognitive impairment after nearly 2 decades among older women. Neurology 2015;85:1852–8. <https://doi.org/10.1212/WNL.0000000000002153>
  • Reisberg B, Shulman MB, Torossian C, Leng L, Zhu W. Outcome over seven years of healthy adults with and without subjective cognitive impairment. Alzheimers Dement 2010;6:11–24. <https://doi.org/10.1016/j.jalz.2009.10.002>
  • National Institute on Aging. What is Alzheimer’s disease? Bethesda, MD: National Institutes of Health, National Institute on Aging; 2017. <https://www.nia.nih.gov/health/what-alzheimers-disease>
  • Sharp ES, Gatz M. Relationship between education and dementia: an updated systematic review. Alzheimer Dis Assoc Disord 2011;25:289–304. <https://doi.org/10.1097/WAD.0b013e318211c83c>
  • Executive Office of the President of the United States. The long-term decline in prime-age male labor force participation. Washington, DC: Executive Office of the President of the United States; 2016. <https://obamawhitehouse.archives.gov/sites/default/files/page/files/20160620_cea_primeage_male_lfp.pdf>
  • National Institute on Aging. Assessing cognitive impairment in older patients. Bethesda, MD: National Institutes of Health, National Institute on Aging; 2014. <https://www.nia.nih.gov/health/assessing-cognitive-impairment-older-patients>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ