一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2018年(Vol.67)小児がんの発症率における地理的な差異 ― アメリカ・・・

MMWR抄訳

rss

2018/06/29Vol. 67 / No. 25

MMWR67(25):707-713
Geographic Variation in Pediatric Cancer Incidence — United States, 2003–2014

小児がんの発症率における地理的な差異 ― アメリカ、2003年~2014年

アメリカでは毎年、20歳未満の約15,000人が、がんと診断されている。公衆衛生計画と調査の指針とするための全国サーベイランスデータは新規症例の発生における地理的な差異に関する理解をもたらす可能性がある。 過去の小児がん発症率に関する調査では、アメリカの国勢調査地域別の差異について記載されているが、州単位での推定値はなかった。今回、アメリカにおける20歳未満の人のがん発症率の地理的な差を的確に記載するため、CDCは2003年~2014年のUnited States Cancer Statisticsのデータを分析した。2003年~2014年に、CDCは171,432例の小児がんの新規症例を同定した。 総発症率は、人口100万人あたり173.7例であった。発症率が最も高いがんの種類は、白血病(100万人あたり45.7例)、脳腫瘍(30.9例)、リンパ腫(26.2例)であった。 発症率は男性(181.5例)で女性(165.5例)よりも高く、0~4歳(228.9例)と15~19歳(213.3例)の年齢集団で、5~9歳(122.6例)と10~14歳(133.0例)の集団よりも高かった。 すべての人種/民族集団の中では非ヒスパニック系白人(以下白人、184.4例)で最も発症率が高く、非ヒスパニック系黒人(以下黒人、133.3例)で最も低かった。アメリカ国勢調査地域では、小児がんの100万人あたりの発症率は北東部(188.0例)で最も高く、南部(168.0例)で最も低かった。州別の100万人あたりの発症率は145.2~205.5例であり、ニューハンプシャー州(205.5例)、ワシントンDC(194.0例)、ニュージャージー州(192.3例)で最も高く、サウスカロライナ州(149.3例)とミシシッピ州(145.2例)で最も低かった。人種別の100万人あたりの発症率は、 白人で157.0例(モンタナ州)~255.2例(ハワイ州)、黒人で105.8例(ロードアイランド州)~161.3例(ネブラスカ州)、ヒスパニック系で75.0例(ハワイ州)~191.8例(フロリダ州)であった。発症率は全体的に0~4歳の小児で最も高かったが、一部の州(ニュージャージー州、ニューヨーク州、イリノイ州など)では、 15~19歳で最も高かった。小児がんの発症率は、白人と黒人では北東部で、ヒスパニック系では南部で最も高かった。 白血病の割合が最も高い地域は西部で、リンパ腫と脳腫瘍の割合が最も高い地域は北東部であった。これらの小児がんの発症率における地理的な差異に関する知見は、プロバイダーの意識向上、治療能力、生存者ケア、およびがんのサーベイランスを高めるために使用することができる。

References

  • US Cancer Statistics Working Group. United States cancer statistics: 1999–2014 incidence and mortality web-based report. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; National Cancer Institute; 2017. <https://www.cdc.gov/cancer/npcr/uscs/index.htm>
  • Holmes L, Vandenberg J, McClarin L, Dabney K. Epidemiologic, racial and healthographic mapping of Delaware pediatric cancer: 2004–2014. Int J Environ Res Public Health 2015;13(1),49. <http://www.mdpi.com/1660-4601/13/1/49>
  • Farazi PA, Watanabe-Galloway S, Westman L, et al. Temporal and geospatial trends of pediatric cancer incidence in Nebraska over a 24-year period. Cancer Epidemiol 2018;52:83–90. <https://doi.org/10.1016/j.canep.2017.12.006>
  • Li J, Thompson TD, Miller JW, Pollack LA, Stewart SL. Cancer incidence among children and adolescents in the United States, 2001–2003. Pediatrics 2008;121:e1470–7. <https://doi.org/10.1542/peds.2007-2964>
  • Ward E, DeSantis C, Robbins A, Kohler B, Jemal A. Childhood and adolescent cancer statistics, 2014. CA Cancer J Clin 2014;64:83–103. <https://doi.org/10.3322/caac.21219>
  • Musselman JR, Spector LG, Krailo MD, et al. The Children’s Oncology Group Childhood Cancer Research Network (CCRN): case catchment in the United States. Cancer 2014;120:3007–15. <https://doi.org/10.1002/cncr.28813>
  • Carpenter DO, Bushkin-Bedient S. Exposure to chemicals and radiation during childhood and risk for cancer later in life. J Adolesc Health 2013;52(Suppl):S21–9. <https://doi.org/10.1016/j.jadohealth.2013.01.027>
  • Siegel DA, Henley SJ, Li J, Pollack LA, Van Dyne EA, White A. Rates and trends of pediatric acute lymphoblastic leukemia—United States, 2001–2014. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2017;66:950–4. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6636a3>
  • Li N, Du XL, Reitzel LR, Xu L, Sturgis EM. Impact of enhanced detection on the increase in thyroid cancer incidence in the United States: review of incidence trends by socioeconomic status within the Surveillance, Epidemiology, and End Results Registry, 1980–2008. Thyroid 2013;23:103–10. <https://doi.org/10.1089/thy.2012.0392>
  • Zahnd WE, James AS, Jenkins WD, et al. Rural-urban differences in cancer incidence and trends in the United States. Cancer Epidemiol Biomarkers Prev 2017. <https://doi.org/10.1158/1055-9965.EPI-17-0430>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ