一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2018年(Vol.67)HIV感染リスクが高い異性愛者に対する医療提供者主・・・

MMWR抄訳

rss

2018/06/29Vol. 67 / No. 25

MMWR67(25):714-717
Prevalence and Predictors of Provider-Initiated HIV Test Offers Among Heterosexual Persons at Increased Risk for Acquiring HIV Infection — Virginia, 2016

HIV感染リスクが高い異性愛者に対する医療提供者主導によるHIV検査提案の普及率と予測因子 ― バージニア州、2016年

2006年以降、CDCはすべての医療施設において、13~64歳のすべての患者を対象に、定期的な医療提供者主導によるヒト免疫不全ウイルス(HIV)スクリーニング(すなわち、少なくとも生涯1回のHIVスクリーニング)を推奨している。HIV検査の頻度に関連するエビデンスが利用可能である一方で、医療提供者の患者へのHIV検査提案の普及率および予測因子については、あまり知られていない。HIVに感染するリスクの高い18~60歳の異性愛者の成人への医療提供者主導のHIV検査提案の普及率および予測因子について調査するために、バージニア州のNational HIV Behavioral Surveillance(NHBS)のデータを使用した。NHBSの対面調査を完遂した年齢18~60歳の548例から、高リスクに異性愛の定義に該当しない(74例)、HIV陽性状態の自己申告(6例)、過去12か月に医療施設を受診していない(81例)、過去にHIV検査を受け、最近の高リスク性行為または性感染症の診断の報告がない(49例)、HIV検査の提案があったかわからない例(5例)を除外し、333例を分析した。全体で、139例(42%)が医療提供者からHIV検査の提案を受けたと報告した。 HIV検査の提案を受けていないと報告した194例(58%)のうち、156例(80%)が高リスクの性行為を報告し、71例(37%)はこれまでにHIV検査を受けたことがなかった。インタビュー前の12カ月間にHIV検査を受けた割合は、HIV検査の提案を受けた人の中では71%であったのに対して、検査の提案を受けていない人の中では16%のみであった。多変量解析では、HIV検査提案の普及率は、男性で女性と比べ有意に低かった。医療提供者主導によるHIV検査提案は、異性愛者集団でのHIV検査を増加させる重要な戦略で、HIVに感染する可能性の高い異性愛者の成人、特に女性よりもHIVスクリーニングの提案をされる可能性が低い男性での必要性が高まっている。

References

  • Branson BM, Handsfield HH, Lampe MA, et al. Revised recommendations for HIV testing of adults, adolescents, and pregnant women in health-care settings. MMWR Recomm Rep 2006;55(No. RR-14).
  • Sionean C, Le BC, Hageman K, et al.; NHBS study group. HIV Risk, prevention, and testing behaviors among heterosexuals at increased risk for HIV infection—National HIV Behavioral Surveillance System, 21 U.S. cities, 2010. MMWR Surveill Summ 2014;63(No. SS-14).
  • Dinenno EA, Oster AM, Sionean C, Denning P, Lansky A. Piloting a system for behavioral surveillance among heterosexuals at increased risk of HIV in the United States. Open AIDS J 2012;6:169–76. <https://doi.org/10.2174/1874613601206010169>
  • Spiegelman D, Hertzmark E. Easy SAS calculations for risk or prevalence ratios and differences. Am J Epidemiol 2005;162:199–200. <https://doi.org/10.1093/aje/kwi188>
  • CDC. Vital signs: HIV testing and diagnosis among adults—United States, 2001–2009. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2010;59:1550–5.
  • CDC. HIV infection, risk, prevention, and testing behaviors among heterosexuals at increased risk of HIV infection—National HIV Behavioral Surveillance, 20 U.S. cities, 2013. HIV surveillance special report 13. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2015. <https://www.cdc.gov/hiv/library/reports/surveillance/#panel2>
  • Dailey AF, Hoots BE, Hall HI, et al. Vital signs: human immunodeficiency virus testing and diagnosis delays—United States. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2017;66:1300–6. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6647e1>
  • CDC. HIV risk and prevention. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2018. <https://www.cdc.gov/hiv/risk/index.html>
  • Ansa BE, White S, Chung Y, Smith SA. Trends in HIV testing among adults in Georgia: analysis of the 2011–2015 BRFSS data. Int J Environ Res Public Health 2016;13:E1126. <https://doi.org/10.3390/ijerph13111126>
  • Springer KW, Mouzon DM. “Macho men” and preventive health care: implications for older men in different social classes. J Health Soc Behav 2011;52:212–27. <https://doi.org/10.1177/0022146510393972>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ