一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2018年(Vol.67)未処理のレクリエーション用水に関連するアウトブレイ・・・

MMWR抄訳

rss

2018/06/29Vol. 67 / No. 25

MMWR67(25):701-706
Outbreaks Associated with Untreated Recreational Water — United States, 2000–2014

未処理のレクリエーション用水に関連するアウトブレイク ― アメリカ、2000年~2014年

未処理のレクリエーション用水に関連するアウトブレイクは、淡水(例えば、湖、川)または海水(例えば、海洋)中の病原体、毒素、化学物質によって引き起こされる。2000年~2014年の間に、35州とグアムの公衆衛生当局は、未処理のレクリエーション用水に関連する感染症を自発的にCDCに報告し、これらのアウトブレイクは少なくとも4,958例の疾患および2例の死亡の原因となった。病因は103件(74%)のアウトブレイクで確認された。感染性病因の確認された95のアウトブレイクのうち、腸内病原菌は80件(84%)の原因となり、 21件(22%)はノロウイルス、19件(20%)はEscherichia coli、14件(15%)はShigella、12件(13%)はCryptosporidiumであった。 これらの95件の調査により3,125症例が特定され、このうち 2,704例(87%)が腸内病原菌に起因し、ノロウイルス1,459例(47%)、Shigella 362例(12%)、Cryptosporidium 314例(10%)、E. coli 155例(5%)が含まれた。鳥類の住血吸虫は、3,125例のうち345例(11%)で原因として同定された。 Naegleria fowleriが原因のアウトブレイク1件で2例の死亡者が発生した。また、8例(8%)のアウトブレイクは毒素または化学物質によって引き起こされ、少なくとも78症例が生じた。 これらのアウトブレイクのうち、7件(88%)は有害な藻類のブルームから藻類毒素が原因であった。公共の公園(50件、36%)とビーチ(45件、32%)は、140件のアウトブレイクに関連する主な状況であった。 全体的に、大半のアウトブレイクは6月から8月にかけて発生し(113件、81%)、 65件(58%)が7月に始まった。遊泳者、幼い遊泳者の両親は、海水浴場の閉鎖の掲示に注意し、変色、臭い、泡がある、汚れているような水の中で泳がない、下痢をしているときは泳がない、暖かい淡水で泳ぐ時に鼻に入る水を制限する、といったことにより未処理のレクリエーション用水での病原体、毒素、化学物質の曝露のリスクを最小限にするための措置を講じることができる。

References

  • CDC. Surveillance reports for recreational water-associated disease & outbreaks. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2017. <https://www.cdc.gov/healthywater/surveillance/rec-water-surveillance-reports.html>
  • Hlavsa MC, Cikesh BL, Roberts VA, et al. Outbreaks associated with treated recreational water—United States, 2000–2014. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2018;67:547–51. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6719a3>
  • Moore SK, Trainer VL, Mantua NJ, et al. Impacts of climate variability and future climate change on harmful algal blooms and human health. Environ Health 2008;7(Suppl 2):S4. <https://doi.org/10.1186/1476-069X-7-S2-S4>
  • Linam WM, Ahmed M, Cope JR, et al. Successful treatment of an adolescent with Naegleria fowleri primary amebic meningoencephalitis. Pediatrics 2015;135:e744–8. <https://doi.org/10.1542/peds.2014-2292>
  • Collier SA, Wade TJ, Sams EA, Hlavsa MC, Dufour AP, Beach MJ. Swimming in the USA: beachgoer characteristics and health outcomes at US marine and freshwater beaches. J Water Health 2015;13:531–43. <https://doi.org/10.2166/wh.2014.095>
  • Wade TJ, Calderon RL, Sams E, et al. Rapidly measured indicators of recreational water quality are predictive of swimming-associated gastrointestinal illness. Environ Health Perspect 2006;114:24–8. <https://doi.org/10.1289/ehp.8273>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ