一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2018年(Vol.67)大都市圏と大都市圏以外に住む成人における肥満の割合・・・

MMWR抄訳

rss

2018/06/15Vol. 67 / No. 23

MMWR67(23):653-658
Obesity Prevalence Among Adults Living in Metropolitan and Nonmetropolitan Counties — United States, 2016

大都市圏と大都市圏以外に住む成人における肥満の割合 ― アメリカ、2016年

アメリカでは、約4,600万人(14%)が大都市圏以外(以下、小都市)に居住しているが、大都市圏居住者と比較して、小都市の居住者では肥満に関連した慢性疾患(糖尿病、冠状動脈性心疾患、関節炎など)の有病率が高い。2005年~2008年のNational Health and Nutrition Examination Surveyでは、大都市圏以外の成人の肥満の割合(39.6%)は大都市圏の成人(33.4%)よりも有意に高かったが、この違いを州別に検討した調査はなされていない。そのため、CDCは2016年Behavioral Risk Factor Surveillance Systemデータを州レベルで調査した。2016年では、全体の肥満者(BMI≧30 kg/m2)の割合は29.6%であり、南部(32.0%)と中西部(31.4%)の地域および東南中央(35.3%)と西南中央(33.9%)地区で増加した。全般的に、肥満の割合は小都市居住者(34.2%)の方が大都市圏居住者(28.7%)よりも有意に高く、全国勢調査地域および地区でも同様であった。小都市居住者と大都市圏居住者における肥満割合の最大差は、国勢調査地域では南部(5.6%)と北東部(5.4%)で認め、地区では中部大西洋岸部(6.6%)で認めた。肥満の割合は、ヒスパニック系と高校教育を受けていない人を除くすべての社会人口学的カテゴリーにおいて、小都市の居住者で大都市圏居住者よりも有意に高かった。小都市に居住する成人における肥満の割合は20.8%(コロラド州)~39.1%(ルイジアナ州)であり、大都市圏居住者では22.5%(コロラド州)~36.9%(ウェストバージニア州)であった。 大都市圏と小都市の両方がある47州のうち24州(51%)では、肥満の割合は小都市の成人で大都市圏よりも有意に高く、22州(47%)では有意差はなかった。 ワイオミング州のみで、肥満の割合が大都市圏居住者(32.8%)で小都市居住者(25.4%)よりも有意に高かった。大都市圏および小都市の両方が、より健康的な食品や身体活動の利用機会を増やすためのさまざまな政策や環境戦略を通じて、肥満に取り組むことが必要である。

References

  • O’Connor A, Wellenius G. Rural-urban disparities in the prevalence of diabetes and coronary heart disease. Public Health 2012;126:813–20. <https://doi.org/10.1016/j.puhe.2012.05.029>
  • Boring MA, Hootman JM, Liu Y, et al. Prevalence of arthritis and arthritis-attributable activity limitation by urban-rural county classification—United States, 2015. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2017;66:527–32. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6620a2>
  • Befort CA, Nazir N, Perri MG. Prevalence of obesity among adults from rural and urban areas of the United States: findings from NHANES (2005–2008). J Rural Health 2012;28:392–7. <https://doi.org/10.1111/j.1748-0361.2012.00411.x>
  • Khan LK, Sobush K, Keener D, et al. Recommended community strategies and measurements to prevent obesity in the United States. MMWR Recomm Rep 2009;58(No. RR-7).
  • Matthews KA, Croft JB, Liu Y, et al. Health-related behaviors by urban-rural county classification—United States, 2013. MMWR Surveill Summ 2017;66(No. SS-5). <https://doi.org/10.15585/mmwr.ss6605a1>
  • Grimm KA, Moore LV, Scanlon KS. Access to healthier food retailers— United States, 2011. MMWR Suppl 2013;62:20–6.
  • Bhattacharya J, Currie J, Haider S. Poverty, food insecurity, and nutritional outcomes in children and adults. J Health Econ 2004;23:839–62. <https://doi.org/10.1016/j.jhealeco.2003.12.008>
  • Stommel M, Schoenborn CA. Accuracy and usefulness of BMI measures based on self-reported weight and height: findings from the NHANES & NHIS 2001–2006. BMC Public Health 2009;9:421. <https://doi.org/10.1186/1471-2458-9-421>
  • Calancie L, Leeman J, Jilcott Pitts SB, et al. Nutrition-related policy and environmental strategies to prevent obesity in rural communities: a systematic review of the literature, 2002–2013. Prev Chronic Dis 2015;12:140540. <https://doi.org/10.5888/pcd12.140540>
  • Umstattd Meyer MR, Perry CK, Sumrall JC, et al. Physical activity–related policy and environmental strategies to prevent obesity in rural communities: a systematic review of the literature, 2002–2013. Prev Chronic Dis 2016;13:150406. <https://doi.org/10.5888/pcd13.150406>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ