一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2018年(Vol.67)合併症のない淋病の治療に関するCDC勧告の遵守性 ・・・

MMWR抄訳

rss

2018/04/27Vol. 67 / No. 16

MMWR67(16):473-476
Adherence to CDC Recommendations for the Treatment of Uncomplicated Gonorrhea — STD Surveillance Network, United States, 2016

合併症のない淋病の治療に関するCDC勧告の遵守性 ― STDサーベイランスネットワーク、アメリカ、2016年

淋病はNeisseria gonorrhoeaeによる性感染症(STD)であり、アメリカではクラミジア感染症に次ぐ疾患である。2016年の患者数は468,514名であり、2015年から18.5%増加している。N. gonorrhoeaeは感染症治療に使用される抗生物質のほとんどに耐性を示すため、CDCは合併症のない淋病の治療には治療効果の改善、耐性の発現および拡大遅延のため、2種類の抗生物質(セフトリアキソン250mgを筋注+アジスロマイシン1gを経口)の投与を推奨している。今回、CDCは推奨するこのレジメンの遵守性について、STD Surveillance Networkに参加する10地域のうちの7地域(メリーランド州ボルティモア、サンフランシスコを除くカリフォルニア州、フロリダ州、マサチューセッツ州、オレゴン州マルトノマ郡、ミネソタ州、ペンシルベニア州フィラデルフィア)より報告された淋病患者を対象に分析を行った。2016年、これら7地域にて91,719例が報告され、うち8,393例(9.2%)を無作為に抽出、うち3,213例が調査を完了(回答率:38%)、全体で93.3%の症例の治療について分析された。その結果、81.3%の症例がCDCの推奨する2剤併用治療を受け、この割合は地域により異なっていた(76.7~92.0%)。年齢および人種/民族による有意差は認めなかったが、女性(79.3%)は男性(82.5%)に比べ低い傾向を認め、男性間性交渉者(84.8%)は異性愛者(79.4%)に比べ高かった。家族計画/リプロダクティブ・ヘルスクリニックにて淋病と診断された患者は他の施設にて診断された症例に比べ推奨レジメンでの治療例が多かった(93.8% vs. 79.5%)。全体で他のレジメンでの治療例は18.7%(95%CI=16.6~20.8)であり、セフトリアキソン250mgのみ(5.9%)、セフトリアキソン+ドキシサイクリン(4.4%)、アジスロマイシンのみ(3.1%)などが多かった。

References

  • CDC. Sexually transmitted diseases surveillance, 2016. Atlanta: US Department of Health and Human Services, 2017. <https://www.cdc.gov/std/stats16/CDC_2016_STDS_Report-for508WebSep21_2017_1644.pdf>
  • Workowski KA, Bolan GA. Sexually transmitted diseases treatment guidelines, 2015. MMWR Recomm Rep 2015;64(No. RR-3).
  • Stenger MR, Pathela P, Anschuetz G, et al. Increases in the rate of Neisseria gonorrhoeae among gay, bisexual and other men who have sex with men—findings from the Sexually Transmitted Disease Surveillance Network 2010–2015. Sex Transm Dis 2017;44:393–7. <https://doi.org/10.1097/OLQ.0000000000000623>
  • CDC. Update to CDC’s sexually transmitted diseases treatment guidelines, 2010: oral cephalosporins no longer a recommended treatment for gonococcal infections. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2012;61:590–4.
  • Kerani RP, Stenger MR, Weinstock H, et al. Gonorrhea treatment practices in the STD Surveillance Network, 2010-2012. Sex Transm Dis 2015;42:6–12. <https://doi.org/10.1097/OLQ.0000000000000217>
  • Dowell D, Tian LH, Stover JA, et al. Changes in fluoroquinolone use for gonorrhea following publication of revised treatment guidelines. Am J Public Health 2012;102:148–55. <https://doi.org/10.2105/AJPH.2011.300283>
  • Lechtenberg RJ, Samuel MC, Bernstein KT, Lahiff M, Olson N, Bauer HM. Variation in adherence to the treatment guidelines for Neisseria gonorrhoeae by clinical practice setting, California, 2009 to 2011. Sex Transm Dis 2014;41:338–44. <https://doi.org/10.1097/OLQ.0000000000000113>
  • Swails J, Smock L, Hsu K. Provider characteristics associated with guideline-nonadherent gonorrhea treatment, Massachusetts, 2010. Sex Transm Dis 2014;41:133–6. <https://doi.org/10.1097/OLQ.0000000000000073>
  • Soge OO, Harger D, Schafer S, et al. Emergence of increased azithromycin resistance during unsuccessful treatment of Neisseria gonorrhoeae infection with azithromycin (Portland, OR, 2011). Sex Transm Dis 2012;39:877–9. <https://doi.org/10.1097/OLQ.0b013e3182685d2b>
  • Unemo M, Shafer WM. Antimicrobial resistance in Neisseria gonorrhoeae in the 21st century: past, evolution, and future. Clin Microbiol Rev 2014;27:587–613. <https://doi.org/10.1128/CMR.00010-14>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ