一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2018年(Vol.67)8、10、12学年の学生での自殺念慮および自殺企図・・・

MMWR抄訳

rss

2018/04/20Vol. 67 / No. 15

MMWR67(15):451-454
Suicidal Ideation and Attempts Among Students in Grades 8, 10, and 12 — Utah, 2015

8、10、12学年の学生での自殺念慮および自殺企図 ― ユタ州、2015年

若者の自殺思考と行動は、青少年の自殺率が一貫して全国的な割合を上回り、約10年間にわたり増加しているユタ州の公衆衛生上の重要な懸案事項である。 2017年3月に、CDCはユタ州保健部門(UDOH)に、10~17歳の若者間の致死的および非致死的な自殺行動の疫学を特徴づけ、これらの行動に関連するリスクおよび保護因子を特定する調査の支援を要請された。 ユタ州の青少年の自殺念慮と企図の有病率を調査し、リスクと保護要因を評価するために、2015年のUtah Prevention Needs Assessment調査のデータを分析した。 8、10、12学年の27,329人の回答者のうち、過去12カ月間に自殺念慮があった回答したのは19.6%、自殺企図があったと回答したのは8.2%であった。自殺念慮および企図の割合は、女性、15~17歳、10学年、非白人、無宗教、世帯の学歴が高卒未満などの中で最も高かった。他の要因と人口統計学的特性を調整した後では、自殺念慮の可能性および自殺企図のリスクは、前年に学校内またはネット上でいじめられた学生、前の月に違法物質またはタバコを使用した学生、中等度または深刻な心理的苦痛を回答した学生で高かった。家族のサポートがある環境では、自殺念慮および自殺企図が予防された。自殺念慮と自殺企図の両方に重要でない保護要因には、向社会的行動、サポートのあるコミュニティ、学校、仲間の環境が含まれた。UDOH、地域の保健部門、その他の関係者は、これらの知見を用いて、自殺念慮と企図のための複数のリスクと保護要因に対応するのに適切な自殺予防戦略を開発している。 CDCの自殺予防として、方策/プログラム/実践のテクニカルパッケージなどの援助は、若者に適合した戦略をはじめとする自殺予防のための最良の利用可能なエビデンスを使用した戦略やアプローチを特定するのに役立つ。

References

  • CDC. CDC WONDER. About underlying cause of death, 1999–2016. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2017. <https://wonder.cdc.gov/ucd-icd10.html>
  • CDC. Preventing suicide: a technical package of policy, programs, and practices. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services; 2018. <https://www.cdc.gov/violenceprevention/pdf/suicidetechnicalpackage.pdf>
  • Utah Department of Human Services. Student health and risk prevention—2015 prevention needs assessment results. Salt Lake City, UT: Utah Department of Human Services; 2015. <https://dsamh.utah.gov/pdf/sharp/2015/2015%20State%20of%20Utah%20Profile%20Report.pdf>
  • Uphold H. The importance of positive social environments on adolescent depression and health behaviors [Dissertation]. Salt Lake City, UT: University of Utah; 2013.
  • Garcia-Williams A, O’Donnell J, Spies E, et al. Epi-Aid 2016–018: undetermined risk factors for suicide among youth, ages 10–24—Santa Clara County, CA, 2016. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2017. <https://www.sccgov.org/sites/phd/hi/hd/epi-aid/Documents/epi-aid-report.pdf>
  • Cash SJ, Bridge JA. Epidemiology of youth suicide and suicidal behavior. Curr Opin Pediatr 2009;21:613–9. <https://doi.org/10.1097/MOP.0b013e32833063e1>
  • Annor F, Wilkinson A, Zwald M. Epi-Aid 2017–019: undetermined risk factors for suicide among youth aged 10–17 years—Utah, 2017. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2017. <https://health.utah.gov/wp-content/uploads/Final-Report-UtahEpiAid.pdf>
  • Shain B; Committee on Adolescence. Suicide and suicide attempts in adolescents. Pediatrics 2016;138:e20161420. <https://doi.org/10.1542/peds.2016-1420>
  • Lowry R, Crosby AE, Brener ND, Kann L. Suicidal thoughts and attempts among U.S. high school students: trends and associated health-risk behaviors, 1991–2011. J Adolesc Health 2014;54:100–8. <https://doi.org/10.1016/j.jadohealth.2013.07.024>
  • Kann L, McManus T, Harris WA, et al. Youth risk behavior surveillance—United States, 2015. MMWR Surveill Summ 2016;65(No. SS-10).

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ