一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2018年(Vol.67)屋内の大気汚染物質に関する地域社会の認識と実践の調・・・

MMWR抄訳

rss

2018/04/20Vol. 67 / No. 15

MMWR67(15):447-450
Assessment of Community Awareness and Practices Concerning Indoor Air Pollutants — Madison County, Alabama, June 2017

屋内の大気汚染物質に関する地域社会の認識と実践の調査 ― マディソン郡、アラバマ州、2017年6月

アラバマ州の公衆衛生部門(ADPH)は、世帯の備えと地域の公衆衛生上の問題を評価するために、毎年の地域評価を行っている。2017年6月に、ADPHはアラバマ州マディソン郡の屋内大気汚染物質に焦点を当て、公衆衛生緊急時対応(Community Assessment for Public Health Emergency Response:CASPER)のための地域調査を実施した。ADPHのラドンプログラムによれば、マディソン郡の地下地質学ではラドンガスが蓄積し、地上の住宅や他の建物に容易に入ることを可能にし、ラドン濃度を上昇させるリスクが高い。CASPERのサンプリングフレームには、地域パートナーにより特定された1980年以前に建てられた住宅が大半を占める7つの地区が含まれた。地域の保健パートナーは、屋内の空気品質およびラドンのような環境リスクに関して懸念があるが、地域の認識度、予防、潜在的な曝露に関する軽減対策についての利用可能な情報は限られている。今回の調査では全体として、対象とする210世帯中の192世帯(91.4%)で調査を完遂し、回答率は47.2%、協力率は68.3%であった。各質問の応答に対して、重み付けして頻度を算出した。回答のあった78.4%の世帯では、古い家屋における鉛の曝露の可能性を認識していた。1978年以前に建てられた86棟の住宅のうち、12.6%の居住者で鉛試験が既に実施されたと報告した。全体として14名(6.7%)の回答者は、家庭内居住者が血中鉛濃度の上昇を以前に試験されていたことを報告し、このうち、2名で血中鉛濃度(5μg/dL以上)が上昇した。同様に、70.2%の回答者がラドンを認識していた。このうち、87.8%はラドンへの長時間の曝露が有害であるとの声明に同意したが、長期間のラドン曝露が肺がんを引き起こす可能性があることを認識していたのは23.9%、無料のラドン検査キットを保健局に要求することができることを認識していたのは17.1%のみであった。ラドンに対する意識調査を行った131名の回答者のうち、7.3%で自宅が既に検査されていると回答した。他の報告された屋内汚染物質の曝露の中では、過剰な塵が最も多く報告された(世帯の22.4%)。 回答者のうち、世帯の45.7%で家族が現在の喫煙しており、そのうち48.4%で喫煙が屋内で行われていると回答した(全世帯の22.1%)。回答者の中で最も頻繁に報告された呼吸器系の診断は、アレルギー(45.0%)と喘息(21.5%)で、診断された慢性閉塞性肺疾患(5.6%)、肺気腫(4.0%)、肺がん(2.6%)も報告されている。 これらの状態は、臨床的および病理学的重複にもかかわらず、他の呼吸調査で見られるように別々に報告された。CASPERの結果から、曝露予防と低減のギャップが地域の保健局と共有され、タイムリーな介入と政策ガイダンス(例えば、対象とする教育キャンペーンや禁煙プログラム)が提示された。 CASPERは、公衆衛生政策とタイムリーな介入の指針となる地域レベルのデータを収集する上で有用であることが実証された。

References

  • Alabama Department of Public Health. Alabama testing recommendations for karst areas. Montgomery, AL: Alabama Department of Public Health; 2017. <http://www.alabamapublichealth.gov/radon/testing-recommendations.html>
  • Alabama Department of Public Health. Radon in Alabama. Montgomery, AL: Alabama Department of Public Health; 2017. <http://www.alabamapublichealth.gov/radon/radon-in-alabama.html>
  • CDC. Community Assessment for Public Health Emergency Response (CASPER) Toolkit: Second edition. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2012. <https://www.cdc.gov/nceh/hsb/disaster/casper/docs/cleared_casper_toolkit.pdf>
  • Al-Zoughool M, Krewski D. Health effects of radon: a review of the literature. Int J Radiat Biol 2009;85:57–69. <https://doi.org/10.1080/09553000802635054>
  • Jacobs DE, Clickner RP, Zhou JY, et al. The prevalence of lead-based paint hazards in U.S. housing. Environ Health Perspect 2002;110:a599–606. <https://doi.org/10.1289/ehp.021100599>
  • Spanier AJ, Wilson S, Ho M, Hornung R, Lanphear BP. The contribution of housing renovation to children’s blood lead levels: a cohort study. Environ Health 2013;12:72. <https://doi.org/10.1186/1476-069X-12-72>
  • US Department of Health and Human Services. The health consequences of involuntary exposure to tobacco smoke: a report of the Surgeon General. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2006. <https://www.ncbi.nlm.nih.gov/books/NBK44324/>
  • King BA, Patel R, Babb SD. Prevalence of smokefree home rules—United States, 1992–1993 and 2010–2011. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2014;63:765–9.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ